Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

愛馬インフォメーション(6/12)

Trouble Everydayな毎日ですが一番大きいのはあれかな。
新幹線の車内で起きた殺人事件。

いろいろ記事読んでますが思うのは犯人の家が家庭崩壊してるという点、父は他人事、祖母(養母になるらしい)は甘やかしすぎ…と誰ひとりコイツと真剣に向き合ってないのですね、まあだからと言って人殺していいという道理はないですし、「そんな死にたいのなら一人で死ね」と言ってやりたいところです。止めに入って亡くなった方のご冥福をお祈りします。

それと鉄道の安全に詳しいとかいうア○さん、詳しいというならもっと現実的な解決策を提示しましょうよ。そんなセンサーを開発するのにどれくらいカネがかかるか? 開発できたとして全駅の改札に設置するのにどれくらいカネがかかるか? 考えたら不可能でしょうよ。
現実的には車掌なり警備員なりを1人でも増やして四六時中巡回させるんでしょうね。今はのぞみだと名古屋~東京間で1回しか車掌見ないですからね。

レントラー
NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週と同じくこの中間も坂路ではハロン18秒ペースで乗り込みを行っています。球節部分に反動が出るようなことはありませんし、痛みもだいぶなくなってきたようで歩様も良くなっていますよ。様子を見ながら緩めずに動かしていきたいですね」(NFしがらき担当者)


少し良くなったようですが阪神には間に合いそうもないですね。一応勝ち鞍のある中京かなあ。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、6月8日(金)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・当地スタッフ 「正式な帰厩の日程が決まった後は、健康管理に一層の注意を払った上で稽古を重ねていました。約1ヶ月の滞在中に概ねリクエスト通りの回復が叶い、即座にトレセンの追い切りへシフト可能なデキ。次の競馬でも改めて頑張ってくれると思います」


おっと、昨日戻ってきたようですね。しつこく1400をねらうなら2日目の香嵐渓特別でしょう。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。6月7日(木)測定の馬体重は482kg。
・当地スタッフ 「引き続き、両前脚の蹄に悪化の兆候が認められない点を受け、近日中に角馬場へ通うスケジュールを立てています。その際の感触等に応じて今後のメニューに手を加える方針。楽をさせている間に緩みが生じてしまった部分も十分に考慮しましょう」


こちらもよくはなってきているようで先に進みそうな感じです。とはいえ夏全休かなあ。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

サートゥルナーリア

母シーザリオですからシーリアの1個下、父はロードカナロアの牡馬ですからいわゆる3/4弟ですね。

デビューが遅かった姉に比べ2週目でデビューしてきました。F永は東京に行っているせいかヤネはミルコです。
わりとショボイメンバーなのかこの馬が1.1倍であつは10倍以上という地方競馬のようなオッズでした。
直線、一瞬あれあれ?と言う感じでしたがエンジンがかかってからは問題なし。アットーテキ人気の割には物足りない勝ち方でしたが、新馬・未勝利はとにかく勝てばいいのです。ヤネ ミルコが引っかかりますがリオンディーズのように王道路線でしょうか。

この血統、昨日グローブシアターがただもらいとはいえ連勝で4勝目と軌道に乗ってきました。後は眠り姫か。

| クラブ馬主・その他 | 12:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(6/8)

今日お題は3つくらいあったのですがやっぱりこれですかねえ

香港No.1騎手モレイラがJRA騎手免許試験受験へ

実際に来ればえらいことになるかもしれませんが…JRAは「日本語」を理由に1回は落とすんじゃないですかね。ミルコですらそうでしたから。しっかしこういう騎手が来てしまうと日本の若手はますます育たなくなりますな。世界広しとはいえ今年デビューしたばかりのアンチャンと世界のイチリュー騎手が「同じレースで乗るのなんて日本ぐらいのものではないでしょうか。

レッドウィズダム
吉澤ステーブルWEST

坂路2本。馬体重530キロ。
帰厩はまだ先なので今週もF20秒を切るくらいのペースにとどめています。目の周りが黒くなってくるなど暑さが苦手そうなタイプに映りますが、相変わらず元気いっぱいですし、毛ヅヤや馬体の張りも良好です。来週からF17秒まで上げる予定で、時計を出すのは再来週からになりそうです。


はやばやと小倉復帰と決められてしまったから今はしようがありません。開幕週の薩摩Sだと思いますが安達太良Sとか考えてほしかったところです。

レッドコルディス
富田ステーブル

周回ハッキング。
今週もBTCの施設を使ってハッキング調整を行っています。先週いっぱいは新しい環境に戸惑った様子を見せていましたが、だいぶ慣れてきて落ち着いて走れるようになりました。動きも問題ありません。入場後しばらくの間はトモの肉が落ちて、腰角も尖っていましたが、少しずつ肉付きが良くなり丸み帯びてきています。来週も同じようなペースで調整することになりそうです。


無期限再建中のココロちゃん、あまり進展はありません。どうしてこうなっちゃったんだろうなあ。

レッドラフェスタ
ミホ分場

マシン運動30分。443キロ。
担当スタッフ「火曜日の朝は何ともなかったのですが、午後から左前の裏が少し腫れていたので、水曜日に削蹄をして蹄鉄を打ち替え、その日からマシンだけでゆっくり進めています。尾関先生も見に来られ、『熱もチクチクする痛みもないようだが、腫れは気になるので、早めにエコーで調べるように』との指示がありました。ただ、鉄を打ち替えて以後は症状も落ち着いているので、獣医師から『もう少し様子を見てから撮った方が良い』との指示を受けたので、1週間位様子を見させてもらいます。入場後は右トモ、右前の骨瘤などもあったので、歩様には見せなかったものの、それを庇って疲れが出て来たのかもしれません。今は無理せずゆっくり進めて行きます」


うーーーむ、足元にやさしい競馬ではないですから腫れは気になりますね。

レッドガラン
吉澤ステーブル湖南

マシン調整。馬体重500キロ。
到着直後は慣れない環境に戸惑ったのか、馬っ気を出すなど落ち着かない様子でしたが、徐々に冷静さを取り戻してのんびり過ごしています。レース中に両トモの球節や繋ぎあたりに軽い外傷を負い、腫れも見られますし、体重の戻りも遅いため、60分間のマシン調整で回復を待っているところです。次走までしばらく時間があるのでしっかりリフレッシュさせてから吉澤ステーブルWESTへ移動させる予定です。


適鞍がないということで夏全休が決まってるこの馬、ここは待ちですね。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(6/7)

レッドシルヴィ
美浦:鹿戸雄一厩舎

坂路下馬場で運動後、坂路1本。
助手「坂路下馬場で運動してから軽めに坂路1本。坂路ではそこまでトモの入りも甘い感じはしませんし、気も乗ってしっかり走れていましたよ。テンションも昨日より落ち着いているので今のところ問題ないと思います。明日も坂路に入れて同じペースで乗って、今週末から追い切る予定になっていますよ」


昨日出てましたが再収集の牝限戦…でもそのレースって手塚先生はメンバーがそろうと言って回避するんですよね。林てこのジャッジが吉と出ないか凶と出るか(お約束)

レッドジェノヴァ
美浦:小島茂之厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
南W 58.3―42.9―13.1 馬なり
内アーチザンバレット一杯に4F1.2秒先行1F併せ0.1秒先着
中ニシノゴウウン馬なりに4F1.2秒先行1F併せ併入

助手「下ろしがけからリラックスして走れていました。昨日の雨で馬場は悪かったので、トモのバランスは崩してはいたものの、気も乗って走る気になっていましたし、コーナーでもしっかり加速してくれました。終いは後ろで併せていた自厩舎の2歳馬達に抜かれるというシチュエーションでしたが、ジェノヴァは最後まで引っ張りっぱなしの手応えでしたし、やればまだまだ動けそうでした。息遣いも良化していますので、徐々に調子は上がっていると思います。今週の馬体重は510キロでした」
小島茂調教師「昨日の午後、獣医師に帯径の状態を確認してもらいましたが、経過も良いですし、鞍をずらして馬装すれば追い切りも大丈夫との事でしたので、ウッドコースで追い切りました。2歳馬の誘導も兼ねていたので、ペースはそこまで速くないですし、トモの入りもまだ本調子ではありませんが、全体を通しての動きはまとまっていたので、内容としては良かったと思います。函館開催で使おうと思っていますが、もう少しこちらで乗り込んだ具合を見て、使う番組を決めさせてもらいます」


昨日のオビずれ、そう大したことはなさそうです。このあと出走にむけて函館に運んでいくのでしょうが、いつ持って行きますかね。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。しっかりとした脚取りで歩けていましたし、テンションもそこまで高くならずに運動できていました。追い切った後の飼葉の食いも良く、馬体重は452キロあります。脚元も問題ないのでレースに向けて調子を上げていきます」


特に問題なさそうです。まだ2週ありますけどね。

ルヴォワール
NF早来
軽めの調整を行っています。
「坂路で速い時はハロン13秒近くまで伸ばすだけでなく、日によっては2本登坂したり、または周回コースでのキャンターを追加したりするなど、しっかりと負荷をかけていました。このまま速めの本数を重ねていきたと考えていましたが、馬房で膝を擦ってしまったのか、少し腫れぼったく見せています。歩様は変わりないものの、以前のことがあるので、まずは慎重に状態をチェックしていきます。ご心配をおかけしてしまい申し訳ございません」(早来担当者)


ジェノヴァ同様こっちもやらかしてくれますなあ。思うに体がでかすぎて持て余してるのかも。

シーリア
NF早来
軽めの調整を行っています。「直ぐの競馬を目指している訳ではありませんし、ひとまずトレッドミルのキャンター程度で状態のチェックを行っています。現状では背腰からトモに少し負担が掛かりやすく、また今後の成長も必要になる馬ですから、焦らずジックリと動かしていきたいですね。馬体重は488キロです」(早来担当者)


どうも急ぐ気はなさそうです。全兄が4歳で本格化し始めてるだけに本格化はまだ先と見てるのかな。今年の3歳はそういう馬が多い感じですが。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 23:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

こうとしか生きようのない馬生がある

本日ヒガシギンザからの書面、レイズ君ですがオークションで売却されるそうです。ですのでほぼ地方競馬で走るのだろうと思われます。願わくばよい馬主にひきとられんことを。

で、今日はレイズ君の思い出話…長い間いた馬だから話も長くなります。ご承知おきを。

私が初めてレイズ君に会ったのは記録によると2012/9/8、ツアーの時でした。
20120909B03S91.jpg

この時の記事は以下の通り

さっきの馬の隣にいたのがこの馬、L氏ゆかりの馬ですね。
この前に周回展示がありまして「確かにこの母の産駒では一番よさそうだけど何しろ上が全く走ってないからなー」とパスを考えてたL氏の耳に飛び込んできたのが「母の子で初めての牡馬ですが最後の産駒」のフレーズ。
ん? レイザーってこの子が4番子のはずだからまだ若いだろ? FFみたいにドナドナされたんか?
実はこの馬については担当のお姉さんではなくずーっとこの子に張り付いてたキャロのスタッフに聞きました。

L「さっきレイザー最後の産駒って言ってましたけど売っちゃったんですか?」
キ「いえ、死んじゃったんですよ。」
L「あらら、まだ若いのにねー。確かに上と比べると一番よいとは思うんですがなにしろ上が全く走ってないですからね。カクテルなんか地方行ってから勝ちだして、もうちょっと早く勝ってほしかったなー。」
キ「ええ、だからこの値段なんです。それでも素通りされるのが悔しくてね。
L[具体的に上とはどこが違うんですか?」
キ「まず背中、上は疲れが出やすい背中してたんですが、この子は違います。」
L[ああそういえばカクテルも背中がどうのとか言われてましたね。」
キ「で、この成長ぶりです。カタログは6月下旬に撮ってるんでが、肩とかトモのあたりの発達がすごいんですよ。触ってみればわかりますが。」
L「血統もいいですよね、ここ(キングヘイローとミラクルレイザー)消してヨーロッパ持っていったら売れるんじゃないですか。ダンシングブレーヴにエルコンですからね。」
キ「名前隠して持ってったら売れますよ。どこまで活躍するかは言えませんがこれと(ヒミツ)は絶対損はさせませんよ。」


当時はツアーも2回目くらいでキャロのスタッフも全然しらなかったので「キャロスタッフ」と書いてますが、これが営業部長のN島氏だったというのは以前書いた通り。部長様がなみいるコーガクバではなく牡馬で1600万円と最低価格ともいえるこの馬に張り付いてたのですね。この時点ですぐ上の姉(ミラクルルージュ)はデビューしておらずさらに上の2頭の姉(ミラクルカクテル、プローディギウム)は未勝利…血統はよくても成績が伴わないこの馬はパスのつもりでしたが「損はさせない」という熱意に負けて出資しました。

ちなみに文中にある血統ですがこのとおり
20180607A01.jpg
血統表のなかにダンシングブレーヴ、Kingmambo、SS様が出てくる、こんな血統そうそういません。父母のブッバイヘイローも活躍馬ですしね。

さて時は流れてデビュー戦、レイズアスピリットと言う名前になった同馬は「晩成」と言う予想を覆し2歳夏の新潟でデビューしました。
このレース、レイズ君は5着でしたが、わが軍団史上初の事態が発生します。
(氏名停止)騎手(44)が新潟5Rでレイズアスピリット(5着)に騎乗した際、最後の直線で急に外側に斜行して、ツクバアスリートの進路が狭くなった。このことについて7日から15日まで9日間(開催日4日間)の騎乗停止となった。
ハイ、騎乗停止処分でございます。もっとも馬もやはりまだまだのようでした。

年が明けて3戦目、元気を背に出走したレイズ君は意表を突く逃げの手に、気分良く走らせたのがよかったのかそのまま逃げ切って待望の勝ち上がりを決めました。今なら中京に行ってたと思うのですが当時は東京にいましたから行ってないどころか当時の記事によれば「歯医者に行っててレースも見ていない」だそうです(笑)。

次のレースは3月の大寒桜賞、前走と同じ条件でカトゥーラ氏は2番せんじをねらって逃げましたが大敗、このレース以降レイズ君が逃げることはありませんでした。
この後2400m前後の距離で差しの競馬に徹して成績を上げてきたレイズ君、2勝目は秋の福島でした。勝った時の鞍上元気を迎えて2600m戦、3コーナーまくりから押し切っての完勝、ここからしばらく元気騎乗となります。ちなみにこのレースで獲得賞金は1600万円を越え、「損はさせない」と言ったN島氏の公約を達成することができました。

続くレースは有馬記念の日のごきげんようH(仮名)、有馬の混雑具合に恐れをなした総帥はTV観戦でしたがここで勝って3歳にして準オープン入りを果たします。

躍進が期待された4歳でしたがこの年は5戦して4→6→6→4→4とそれなりには走ってはいるのですがイマイチ勝ちきれません。

明けてて5歳初戦、誰の指示かはわかりませんが元気が降ろされて、Fake ベリー(何か違います?)騎乗で迎えた1000万下戦、これが史上に残るレースに。

20160122B (18)
大して速いペースでないのにご覧のような展開、レイズ君は上り2番目の脚で差してきますが雨とは1.8秒差、どんだけ後ろにいたんだ? と小一時間…

この後再び掲示板近辺の着順が続き迎えた九十九里浜特別

20160926B (24)
この日この馬の口取りは外れてたのですが中山競馬場へ、直線外から強襲、私のいたところからは負けたように見えたんですがちょっとだけ出たところがゴールでした。これで再度の準オープン入り。

この次が有馬の2日前に行われたグレイスフルS、カフジの2着と力のあるところをみせオープン入りも夢ではないと思ったのですが…

ここから後の惨状はご承知の通り。
10Aの仕上げミスとか10Aの仕上げミスとか10Aの仕上げミスとかありまして得意の中山どころか春競馬をスルー、粘度初出走はなんと6月になってました。
ここを8着としたあと、6か月も休んだんだから続けと使うかと思いきやきっちり夏休み、にもかかわらず「仕上がらず…」でまたも中山はパスして京都へ、ですがここも見せ場なく大敗します。休んでたんだから続戦しろーとの声も届かずまた休養、次のレースが12月のグレイスフルS…つまりこの年3走しかしていないわけです(呆)(それもグレイスフルSでさえ仕上がらずにパスしかかってたんですからね)。で、そのグレイスフルS、このところの競馬の内容が悪いところから進退がかると思ってた1戦でしたが結果6着、でも「らしさは見せてくれましたよね。この舞台でも何もできないようだとそろそろマズいかと思いましたが、これならばという気持ちです。」(byウエハラ師)ということでついに7歳突入します。

結果3戦するも見所なく大敗しついにJRA競走登録抹消となってしまいました。

2歳でデビューして7歳まで足掛け6年間の在籍、私の所有馬のなかでは2歳デビューで8歳まで走ったヴィーヴォに次ぐ長さとなりました。その間1600万円で募集された馬がその4倍近い賞金を稼ぎオープンまであと一歩と言うところまで来たのですからよくやったというべきでしょう。
惜しむらくは…もうちょっと10Aがなんとかしてくれてれば、上原先生が型にはまらない考え方をしてくれていれば…もっと上に行けてたのかもと思うところと、ついにこの馬で口取りがかなわなかった…というところ、人気のある馬でしたからねえ。

この後どこで走るのかわかりませんが、母ミラクルレイザーの忘れ形見、長い間お疲れ様でした。

20180607A02.jpg
最後に撮ったレイズ君の写真です。

| レイズアスピリット | 22:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

3回阪神2日目3R

この日わが軍団の出番は8Rからでしたから午後から行っても間に合います。なぜ午前中に行ったかと言えば

20180606B (1)
このレースに間に合わせるためでした。
ココロノアイ馬でもあるシンハラージャ、前走ダート代わりで2着しコンドコソの1戦

20180606B (2)
出てきました。

20180606B (5) 20180606B (3)
アダムスピークやシンハライトをちゃんと見たわけではないのですがあまり似てないように思います。

20180606B (4)
余り集中してないように見えたのですがね。

20180606B (6)
とまーれーですが誰も来ません。

20180606B (7)
本馬場入場と同時にGo!

20180606B (8)
申し遅れましたがダート戦です。どうも芝では詰めが甘いということでダートに使ったようです。
オル坊の子はこのところはキレキレの馬が出てますがそれまではどちらかと言うと切れない馬が多かったかと。G1勝ったラッキーライラックやエポカドーロも切れるという馬ではないですしね。

20180606B (9)
某TM危険な人気馬指名でしたが1番人気

20180606B (10)
スタート、あまりよくありません。

20180606B (11)
中団での競馬

20180606B (12)
3コーナー、このあたりでは5,6番手

20180606B (13)
このあたり詰まりそうに見えたのですが。

20180606B (14)
外へ持ち出せたようです。

20180606B (15)
このあたり先頭に立ち、「これはモロタ!」と言うところだったんですが。

20180606B (16)
外からタマモが強襲、やばいよやばいよー(笑)。

20180606B (17)
1/2馬身ほどしのいで勝利! よーやく勝ち上がりました。

20180606B (18)
代打(?)コーヘー、責任を果たしてほっとしたよう。

20180606B (19)
口取りに向かうところ、なんだセイちゃんいるじゃないの。

20180606B (20)
シンハラージャ登場

20180606B (21)
記念撮影

20180606B (22)
ですが落ち着きません。

20180606B (23)
暴れるシンハラージャに恐れおののくコーヘー(笑)

20180606B (24)
会員様が入っての記念撮影、この一瞬だけじっとしてました。

この世代のキャロでも有数のコーガクバ、ダービーも終わったこの時期ですがとにかく勝ち上がりました。本質的には芝馬だと思いますがダートでもなんでもとにかく勝たなければ次がないですからね。私の周りにたくさんいたシンハリストもほっとしたような感じでした。

| レースレポ | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(6/6)

今日行われた東京ダービー、悲願のダービー制覇に挑む的場騎手は37回回目の騎乗でまたも2着、これが10回目の2着だそうです。人気馬に乗っても人気のない馬に乗っても2着、的場騎手はホントーにダービー勝てないですねえ。「もう少し騎手をやりたまえ!」とう神の見えざる手なんですかねえ。

レッドシルヴィ
美浦:鹿戸雄一厩舎

ダートコースを1周。
鹿戸調教師「昨日帰厩させました。今日は運動初日なのでダートコースを軽めに1周乗っています。まだトモの入りに甘さはありますが、牧場でしっかり疲れを取ってもらったので、元気良く走れていましたよ。少しテンションは高めでしたが、覇気がないより良いと思いますよ。6月24日の東京8R(牝/芝1600m)を目標に乗り進めていきます」


休養馬の多かった東サラ勢ですがぼちぼち戻ってきました。最終日のマイル戦…さすがに函館とか言わなかったなあ。

レッドジェノヴァ
美浦:小島茂之厩舎

北の角馬場で運動。
6/3(日)南W 56.2-41.1-13.2 馬なり

小島茂調教師「日曜日の追い切り後の馬体チェックで、腹帯を通す帯径(おびみち)に腫れが見られました。軽い帯ズレということで大事には至りませんが、鞍の位置を下げて馬装し、患部には当たらないようにして乗っています。そういう状況なので速い時計は出さず、今日も大事を取って北の角馬場で軽めのメニューに抑えています。馬は至って元気ですし、脚運び等も問題ありませんが、今後については患部の治り具合を見ながら慎重に対処していければと思います」


どうも順調にいかない馬ですねえ。北海道へ行くのも遅れそうです。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
6/3(日)坂路 54.9-41.0-27.4-14.0 馬なり
6/6(水)南W 83.5-67.5-53.3-39.1-12.8 馬なり
内アンブロークン強めに6F0.4秒先行1F併せ併入

助手「下ろしがけから力む事もなかったですし、道中の折り合いもしっかり付けられました。日曜日に坂路で追い切った時は、1本目という事もあってあまり動けない感じでしたが、今日は終いまでスッと反応してくれましたし、稽古駆けする相手に最後まで食らいついていましたよ。息に重い感じもないですし、今日の動きなら追い切るごとにもっと上積みがあると思います」
手塚調教師「日曜日の坂路ではそこまで良い動きではなかったのですが、1本乗ったことで今日は素軽さが出ていました。これから稽古を重ねていけば更に動けるようになると思います。ただ、来週使うのはまだ早いと思うので、予定を1週延ばそうと思います。当初はマイル戦を予定していたので、スライドしてもマイル戦を考えましたが、牝馬限定戦の分、降級した牝馬が狙って来る番組でもありますし、メンバー的にも手強くなりそうです土曜(23日)の12Rの方が混合戦で距離は短縮にはなりますが、相手関係は楽になると思うので、この番組を石川騎手で使う事にしました」


どこを使うか誰を使うか注目されてましたが牝限のマイルを蹴って1400の混合戦にいくようです。もともとマチャミはもって1800までと言ってましたからあまり長い距離は向かないのかもしれませんが…春菜賞見た感じでは1400は短い気もするのですがね。あるいはマイル戦に出るというシルヴィに忖度したか(笑)。そしてヤネはマチャミではなくユッキー、ということは同父のルヴォワールと馬主以外同じ組み合わせになりました。まあ距離適性が違いそうですので被ることはなさそうですが。

プロスペリティ
手塚厩舎
6日にゲート試験を受けて無事合格しました。
「練習を重ねてきて、速くはないものの徐々に出られるようにはなっていました。まだ少し早いかなと思いつつも、小笠厩舎の馬が試験を受けるということだったので、実戦形式で一緒に試験を受けることにしました。1回目、2回目ともに出て少しだけ左にモタれ気味になっていましたが大きくヨレているわけではなく、ダッシュもついていたので無事に合格をもらうことができました。緩さがあり、まだパンとしていない状態なだけに、早くに合格できたのは良かったです。今後についてはこれから検討していくことになりますが、基本的には乗り込み期間を設けてさらなる成長を促したうえでデビュー戦を考えていくことになるでしょう」(手塚師)


早々とゲート試験に合格、デビューが見えてきました…が手塚先生は急がない方針のよう。一回放牧に出して秋競馬ですかね。


| クラブ馬主・現役馬近況 | 21:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(6/5)

逮捕=犯罪者? 愛知県警作製、痴漢撲滅ポスターを撤去

これ、愛知県警が作った痴漢のポスターが問題になったとか。
にゃごやにいながら私は見たことがないのですがなんでも「あの人逮捕されたらしいよ→性犯罪者じゃん→会社も首になるよね」とこんな流れのもの。これに対し女性の弁護士が声を上げたそうです。
刑法の世界には、裁判が確定するまで無罪として扱うという推定無罪の原則があるのにこのポスターでは「逮捕=有罪」としてる と。
確かにその通りですね。逮捕は身柄拘束のために行うものであってイコール有罪ではないのですが、マスコミの報道がそのように思わせてるところがあるのですよね。まあマスコミが誤認するのはともかくプロである警察官が誤認してはいけませんよね。警察の位s気が見えるような話ですね。

本日のニュース

レイズアスピリット
引退
「マイナス体重での出走でしたが、関西圏への輸送を何とかこなしてくれましたし、悪くない状態で臨めたと思います。以前京都へ遠征したときは道悪馬場に泣かされましたが、今回は良馬場で走らせてあげられたので良いところを見せてほしいと願って送り出しました。しかし、前半はいいリズムで走れていたものの途中で上がっていく馬の影響を受け、そこから力みが出てしまいましたね…。チグハグになってしまったことで最後は余力がありませんでした。夏の暑さがあまり得意とは言えず、また、準オープンで長距離の舞台へ向かいたいと考えると先週は狙うべき番組だったのですが、思うような結果を残すことができなくて非常に残念でなりません。ただし、今回に限らずここ最近のレースでいい成績を出せていないのも事実です。まだまだ元気な馬なのですが、このまま夏のレースを使わず休ませることが難しい立場なのも理解できます。会員の皆様には長らく応援いただいていてとても嬉しく思っていたのですが、その分、期待に応えることができなくて本当に申し訳ございません」(上原師)
得意とする中山の舞台を1回パスすることになったことは痛恨でしたが、陣営の手厚いケアのもとその後は至って順調に調整でき、年齢を重ねて以前より安定感が増したということもあってか今回は3戦連続出走できました。しかし、思うように力を発揮できず、ここ3戦とも勝ち馬から1秒以上離される結果でした。夏には思うような適鞍が組まれていないため通常ならこのまま夏休みを挟むことになりますが、近走の結果や今後時間をかけたとしても大きな上積みを求めにくい状況を踏まえて上原博之調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。


このところの妙に詰めた使い方、日曜日のコメント…やっぱりねーと言う感じです。まあこのところ「少頭数に乗じて入着」みたいな競馬が続いてましたから「通常ならこのまま夏休みを挟むことになりますが、近走の結果や今後時間をかけたとしても大きな上積みを求めにくい状況」というのはまったくその通りだと思います。
以前から書いてますが、ちょっと前のレイズ君であれば多少展開が向いてなくても後方から伸びて来てたのですが最近はそれもみられませんし、ここに至るまでの過程はともかくこの判断だけをとれば正しいと思います。
詳しいことは後日書きますが、2歳から7歳まで6年間、大きなけがなく走ってくれました。ともかくお疲れさまでした。

レントラー
NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
「ウォーキングマシンを中心とした調整で様子を見てきましたが、球節部分の状態も安定していましたので、この中間から軽く騎乗調教を開始しました。馬は脚元を気にしているのか歩様はまだ少しぎこちないのですが、曲げても以前ほど痛がる素振りを見せなくなっていますし、ケアも行いながら少しずつ負荷を高めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


球節、思ったより重傷のようですね。阪神、中京飛ばして小倉くらいの復帰かなあ(まさか新潟とはいわないよね?)

レッドガラン
吉澤ステーブル湖南

安田隆調教師「きょう吉澤ステーブル湖南へ移動しました。今後について厩舎スタッフらといろいろと考えていますが、夏の新潟は自ブロック制度があるので狙って出走できませんし、小倉の1800mも現状器用さがないので対応できるか微妙なところです。それに馬っ気のほかにも、十分すぎる量のカイバを食べているのに思ったほど実になってこなかったり、みんなから緩いと言われたりするなど心身ともにまだまだ。完成すればもっともっと上のクラスで活躍できる馬だとみているので、夏は牧場で過ごして成長をうながし、復帰は秋まで待つかもしれません」


火曜日、東サラの更新はないはずなんですが突然臨時更新…だからNEWマークつけろってーの。ブツクサ。
この後放牧、適鞍もないので夏は休みにしちゃうそうです。それでいいと思う反面、まだ2戦ですし使って経験をとも思う次第、まあ「完成すればもっと上を狙える」というのを信じることにします。あの馬も「将来は厩舎のヤタイボネを支える」って言われてたんだけどね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「スケジュールに沿って普通キャンターを行なっており、心身にネガティブな変化は起こっていません。仮に今すぐに指示を受けた場合には送り出せる一方、牧場レベルでの上積みも見込める状態。この先も厩舎側と話し合いながら取り組みたいです」


同い年のレイズ君が消えましてこの馬が単独最高齢になりました。少頭数に乗じて入着がやっとのレイズ君に対し、こちらは展開が向けば掲示板に載れるくたいですからまだまだやれると思ってます。ササダロードの灯はまだ消せません(笑)

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「両前脚の蹄は落ち着いたまま。箇所が箇所だけに慎重に取り組まざるを得ないものの、望むべき方向へ進んでいるのは確かでしょう。装蹄師のアドバイスに従ってウォーキングマシンに止め、異変が生じないようであれば来週から跨り始める予定です」


両前の蹄は一進一退、まだ乗り運動までは行けてないですね。とはいえ蹄は怖いからなあ。

| クラブ馬主・現役馬近況 | 22:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>