Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

スグル 自決しろ!

昨日の制裁

浜中 俊騎手は、第2回小倉競馬第5日5Rで6番ペガッソに騎乗したところ、最後の直線コースで外側に逃避したため同馬の状態を確認した後、追う動作を緩め、再び追い出し2着となりました。
同騎手の騎乗ぶりは、騎手としての注意義務を怠ったものであることから、8月19日(土曜)から8月20日(日曜)まで騎乗停止としました。


急に変な動きした馬の状態を確認するために追うのをやめたのが「騎手としての注意義務を怠った」というのなら、「馬が急に進路を変えようが追え!」とでも言いたいのか…JRAもご無体な と思いつつパトロールを見てみました。

スグルの馬が直線先頭で突き放す→何かに驚いたのか馬が1-2頭分外に膨れる→4-5頭分外に膨れた幸の馬が迫ってくる→スグル追い出すも勢いの差で直線ハナ差負ける→馬券親父大暴動

善解すればこうですが横からの画像を見るともう1つの解釈もできます。

スグルの馬が直線先頭で突き放す→ビジョンで後ろを見て緩める→あきらめずに追った幸の馬が迫ってくる→スグル慌てて追い出すも勢いの差で直線ハナ差負ける→馬券親父大暴動

私はこっちだと思うんですがねえ。
まあ採決委員に呼ばれたスグルが「馬が外によれて」と言ったんでしょう。ただそれを是とすれば制裁はないはずですが2日間とはいえ制裁が来たのは裁決委員もその言い訳にdoubt!と思ったんでしょう。ただ30日課すには確たる証拠がない、だから結果責任のみの2日間…そんなところでしょう。
スグルの言ったことと制裁を課す理由を継ぎ合わせれば最初のへんてこな文になりますよね。

にしても…
黛は「手綱が滑った」という言い訳が認められず30日の制裁、それと比べると釈然としない感は残りますな。

「もういいでしょう!」もあるし、どうやら私の中ではふぢたの後継者が誕生したようです。

| 競馬全般 | 11:01 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【速報】不定期連載WP8 2017 91/1 第2週

金札5枚でDB様につづく大物をGetしました。

20170812A01C.jpg

諸事情により3歳で引退させないといけないようなので金札回収は無理でしょうが、繁殖成績で補って余りありますよね。
Sadler's Galもゲットしてエルコンを完全自家生産にする予定です。

| ゲーム理論 | 21:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(8/11)

クロネコヤメタ(仮称)からお荷物着いた、
何かと思ったら↓でした
20170810A01.jpg

結果的にはこの馬の引退レースとなった御室特別の時のゼッケンですね。いつもは勝ったレースの時にしか申し込まないのですが、この馬は特別と思って申し込んだら「抽選の結果当選と相成った」(キャロ文書による)模様です。
「大雪の奇跡」のオッキオ以来のゼッケン2度目の当選、こだわった血統の(おそらく)キャロ最後の出走の時のものですのでありがたく保管させていただきます。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター2400mを25-25秒。馬体重463キロ。
担当スタッフ「暑くなって来たせいもあるのか、先週末に両前の脚が浮腫みました。今週はケアしながらペースを落としたので、徐々に浮腫みは取れて来ています。背腰にはケアのためにショックウェーブをしました。飼葉は食べていて、毛艶は相変わらず良いですよ」


某掲示板でもさすがに「ええかげんにせい!」との声がでてきましたね。前走は多少見所があったとはいえオープンに上がってからいいレースしてるわけでもないですし、考えどころではないでしょうか。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
角馬場で運動。527キロ。
牧場スタッフ「今週から乗り出しを開始して角馬場で運動を始めています。ダクとハッキングまでで様子を見ていますが、乗っている分には気になりませんし、夏負けしているようなところもありませんね。骨瘤の痛みはないものの、まだ少し熱を持っているので、脚元の状態を見ながらペースは上げたいと思っています」


思い切って骨瘤が収まるまで休ませるのも手かと。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週も引き続き周回コースと坂路を併用して、普通キャンターで乗っています。トレッドミルでも動かしていますが、ここまで順調に進めることができていますので、来週から徐々にピッチを上げていこうかというところです。予定レースまでは時間もありますので、逆算してメニューを組んでいきますよ。ある程度のところまで乗り進めてから送り出すイメージです。得意の中山コースできっちり巻き返せるように、こちらでできることはやっていきたいと思っています」


個人的には10Aより山元のほうを信用してますからそれでいいと思います。

| 現役馬近況 | 21:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(8/10)

石原さとみさん、サントリーのモルツドリームマッチで4年連続始球式を務めてるそうですが
1年目:右腕をけがしてたためサウスポー
2年目:マサカリ
3年目:トルネード
と投げたそうです。4年目の今年はどうしたかというと
山田久志風サブマリン
だったそうです。このクラスの女優なら普通に投げるだけでも十分だと思いますが、あえて普通に投げない(しかも毎年変えてる)というのが「女優魂」でしょうかね。
もっとも来年はどうするんでしょうか(笑)。

レイズアスピリット
NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「徐々にピッチを上げていますが、問題なくこなしてくれています。早ければ8月中にも天栄へ移動させるプランもありますので、馬の体調を見つつ進めていければと思います」(空港担当者)


この調子だと9月も後半かもしれませんね。4週目くらいに長距離戦があったと思いますからそこなのかな。

シーリア
NF早来
軽めの調整を行っています。「先週ゲート試験をパスして戻って来たばかりですから、まずは軽めの運動で状態のチェックを行っています。現状では脚元を含めて異常は見られないものの、時間の経過とともに疲れが出てくる可能性もありますので、今後の状態の変化には気を付けていきたいですね」(早来担当者)


ゲート試験受かったら用はないとばかりに早々と早来へ、ここでどのくらいいるつもりでしょうか。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 54.6-39.6-25.9-12.8 馬なり
助手「ダートコースをダクで乗ってから坂路で追い切りました。すごくというかめちゃくちゃいい動きでした。追い切りに騎乗するのは初めてでしたが、乗っていて気持ちがいいし、いくらでも動けそうなのでもっと攻めたくなってしまいますが、いまはやるべき段階ではないので超えてはいけないラインのところで我慢しました。まだ1本目なので上がってすぐの息づかいは久々を感じさせるものでしたが、息の入りは問題なかったですよ。初入厩から2日くらい乗った記憶がありますが、あのときと比べて常歩はだいぶ柔らかくなっていますし、上手に歩けるようになっているところに成長を感じます。運動中の1日の大半は常歩の状態なのでそれができるようになったのはとても大きいことだと思います。週末は坂路を60秒くらいで乗ることになりそうです」


昨日は泣いてた陣営ですが今日は妙に吹いてます(笑)。結局どうする気なんでしょうか。

レッドジェノヴァ
(函館競馬場)
昨日、ウッドコースで追い切り
8/9(水) 函W 助手 67.4-52.0-38.1-12.4 強め
小島茂調教師「ハロー明けに追い切りました。かなり混んで直線はごちゃついたようですが、うまく馬群を縫って最後までスムーズに走れたようです。走りにもまとまりが出てきたようですし、前に目標がいるといい走りをするとのことなので安心しています」
※次走の鞍上は福永騎手を予定しています。


F永ねえ。コハラさん、イワタを架空ブッキングした責任を取ってF永を回しましたかねえ。

メロウハート
メロウハートは、8月10日(木)良の美浦・ウッドチップコースで4ハロン52.0-38.0-13.4 4分所を直線強目に追っています。併せ馬では一杯の相手の内を1秒1追走して0秒8先着。短評は「馬体は上々」でした。8月19日(土)新潟・3歳未勝利・牝馬限定・ダート1800mに吉田隼人騎手で予定しています。
・高柳調教師 「8月10日(木)は52秒6をマーク。幾らか重い状態・・・と伴騎手が話すとは言え、見た目には上々の走りだったでしょう。番組数が減って強い馬が集中し始めた芝よりも、今はダートの方がチャンスが高まりそう。パワータイプでこなせると思います」
≪調教時計≫
17.08.10  伴  美南W良          52.0 38.0 13.4(4)直強目追う 馬体は上々
         リュクスワンダー(3歳未勝利)一杯の内1秒1追走0秒8先着


来週の新潟で使うようですがダート戦、これでダート適性がなかったら「チェックメイト」ですが果たして。

あと一等ブレイクは本日岩手に登録されたようです。この時期からなんですから当然年内2勝して戻ってこないと。

| 現役馬近況 | 23:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 91/1

超久々にWP8の話、前回の記事の後都合によりしばらく休止してたのですが、8/1頃に再開、毎日ちょろちょろやってやっと半年が終わりました。

ラインナップなんか忘れてるでしょうからおさらい

7/1時点の所有競走馬
(6歳)
★エルマンボ【スルーオダイナ】 ♂(クニオ君)
ブルーラグーン《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♂(コバミノ)

(5歳)
★オグリキャップ ♂(芦口)
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君)
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 

(4歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君)
エルカミーノレアル《トウショウボーイ×タニノシーバード》 ♂(武パパ)
マジックカーペット《ミスターシービー×ブロケード》 ♀(クニオ君)
チェネレントラ《トドロキヒホウ×サラトガピール》 ♀(坂口ダイ) 

(3歳)
★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】 ♂(芦口)
☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】 ♂(コバミノ)
☆ダイイチルビー ♀(武パパ)

★スカーレットローズ ♀(クニオ君)
リベルタンゴ《Mr.Prospector×Oceana》 ♀(坂口ダイ)
アクアブルー《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♀(武パパ)
シフォン《Bold Rucks×ブロケード》 ♀(クニオ君)

(2歳)
☆ツインターボ ♂(クニオ君)
アローンアゲイン《Lyphard×キクノペガサス》 ♂(コバミノ)
ブルーパラダイス《ミスターシービー×マリンエクスプレス》 ♂(武パパ) 
★スカーレットブーケ ♀(芦口)
☆ゴールデンサッシュ ♀(村幹)
ネイビーブルー《Mr.Prospector×マリンブルー》 ♀(武パパ)
ダマスク《トウショウボーイ×ブロケード》 ♀(クニオ君)
スマイルアゲイン《ミホシンザン×アイーダ》 ♀(坂口ダイ)

この布陣でとにかくすごいことになります
3歳G1はオレ様とホカテンとアクアブルーの3頭で完全制覇、オレ様は当然MCSを制し1年でG13つ、アクアブルーはエリ女も制して2年連続牝馬4冠馬が誕生、もう牝馬4冠は大したことではなくなってます(笑)。そしてアクアブルーは前年マジックカーペットが勝てなかった有馬も制します。
ちなみにその有馬のファン投票
20170809B01.jpg
なんとわが軍馬が6位までを独占してます。
来年はここに阪神Cでやっと重賞を制したダイイチルビーが加わるはずです。

古馬勢はオグリを筆頭にマジックカーペット、ミスタートウジンでG1勝ちまくります。ミスタートウジンは現実界ではネタ馬ですがこの世界では堂々のダート王です。

2歳勢も負けてません。正直大物級がおらず、ちょっと苦しいかと思ってたのですがスカブーが堂々と阪神JF制覇、ブロケードの2番仔ダマスクが牝馬ながらホープフルSを勝ちます。

というわけで実にG1 31勝、最優秀馬主は仏恥義理(古ッ!)のV5達成でしたが、最優秀生産者のほうは…
生産15頭のファンタストファームが生産357頭の社台ファームを抑えて1位奪取しました。
これでこの後ノーザンが凶暴化しても思い残すことはありません(笑)

そしてわが軍の働きによりトウショウボーイがノーザンテーストを抑えてリーディングサイアーになった他、マリンエクスプレスが属するアストニシメント系が名牝系に昇格するなどまさにわが世の春でございました。

し・か・し! 祭りはいつか終わるもの。年末オグリ、エルマンボ、マジックカーペットが引退、現実界も90年はそういう年でしたがわが軍も節目を迎えることになります。ヤネもそろそろシバマサさんの引退が近づいてきましたから次世代を育てていかなければなりません。

91/1の布陣
(6歳)
シグルズ《トウショウボーイ×ブロケード》 ♂(クニオ君)
☆リーチコンセンサス【サマンサトウショウ】 ♀(武パパ) 

(5歳)
★ミスタートウジン ♂(クニオ君)
エルカミーノレアル《トウショウボーイ×タニノシーバード》 ♂(武パパ)

(4歳)
★オレニホレルナヨ【ダイタクヘリオス】 ♂(芦口)
☆ホーカーテンペスト【ヤマニングローバル】 ♂(コバミノ)
☆ダイイチルビー ♀(武パパ)

★スカーレットローズ ♀(クニオ君)
リベルタンゴ《Mr.Prospector×Oceana》 ♀(坂口ダイ)
アクアブルー《トウショウボーイ×マリンエクスプレス》 ♀(武パパ)
シフォン《Bold Rucks×ブロケード》 ♀(クニオ君)

(3歳)
☆ツインターボ ♂(クニオ君)
アローンアゲイン《Lyphard×キクノペガサス》 ♂(コバミノ)
ブルーパラダイス《ミスターシービー×マリンエクスプレス》 ♂(武パパ) 
★スカーレットブーケ ♀(芦口)
☆ゴールデンサッシュ ♀(村幹)
ネイビーブルー《Mr.Prospector×マリンブルー》 ♀(武パパ)
ダマスク《トウショウボーイ×ブロケード》 ♀(クニオ君)
スマイルアゲイン《ミホシンザン×アイーダ》 ♀(坂口ダイ)

(2歳)
☆ミホノブルボン ♂(クニオ君) ◎
☆セキテイリュウオー ♂(芦口) ▲

クロスロード《Mr.Prospector×キクノペガサス》 ♂(コバミノ) ◎
※某宇宙人が気を送った馬
スカーレットナイト《ミスターシービー×スカーレットインク》 ♂(芦口) 〇
レイジングハート《ダンシングブレーヴ×ミラクルレイザー》 ♂(坂口ダイ) 〇
エクレール《トウショウボーイ×ルアンジュ》 ♀(武パパ) 〇
※シュンライイベントの馬、某アイドルはアオチューとつけろと言ってきましたが拒否。
クリアブルー《ダンシングブレーヴ×マリンエクスプレス》 ♀(クニオ君) ▲
ディープブルー《ダンシングブレーヴ×マリンブルー》 ♀(村幹) 〇
ハートブレイカー《ミスターシービー×アイーダ》 ♀(坂口ダイ) ▲

全体的に評価レベルが高くこの世代は期待できるかも

(おつかれさん)
エルマンボ 種牡馬
ブルーラグーン 種牡馬
オグリキャップ 種牡馬
マジックカーペット 繁殖
チェネレントラ 繁殖

| ゲーム理論 | 00:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(8/9)

長寿記録がかかってたノルーですが、18時ころまで生きるだろうというキショーチョーの予想に最後まで反発、朝3時ころに消息を絶ったようです。確認されたのが7/21 9時でしたから18.75日、歴代3位の記録になるそうです。

台風と入れ替わるようにコーシエンが開幕、今日去年の優勝校作新学院が1回戦で負けたそうです。まあ去年も(自粛)。でもみんなで優勝旗を返しにこれただけよかったじゃない。

レントラー
松永昌厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。前々でスムーズに運びたかったのですが、結果的には先行馬には苦しい流れになり、直線で脚を使えませんでした。前走がいいリズムだっただけに、今回の敗因ははっきりしていると言っていいでしょうから、この後はひと息入れて改めて巻き返したいと考えています」(松永昌師)10日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


とりあえず次どうなるかですね。かなり厳しい競馬をしましたから走るのやめちゃう症候群が再発してなければいいのですが。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はDポリトラックコースにてキャンター調整でした。
助手「早朝と午後にスタッフが出勤し人の気配がするとすぐに発汗。それに厩舎周りで運動しているときはいいけど、馬場に向かおうとするとまた発汗するなどまだ精神状態が安定していません。また、馬房にいるときは不安が大きくなるにつれてふなゆすりのスピードもぐんぐん上がってしまいますが、洗い場に張っておくと落ち着くので毎朝、装鞍前に洗い場に連れ出し消耗を防ぐようにしています。追い切りはあすの予定。まだどこでどんな内容にするかは決めていません」
高橋忠調教師「調教は休んでいませんが、いまの状態で小倉に早めに連れていくには正直なところ不安もあります。隣の馬房に馬がいればいいですが、いない場合だってありますからね。あす追い切りますが、そのあとの状態次第では予定を変更するかもしれません」


どうも落ち着かないようですね。レース使うには小倉にもっていかなければいけないわけだし8/20は難しいかもしれません。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、8月9日(水)稍重の栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。ゲートから13.4-13.4-14.7-15.3 馬なりに乗っています。結果は合格でした。まだ全体的に良化途上の面を窺わせており、今後は8月11日(金)に千葉・ケイアイファームへ移動して秋以降のレース出走へ向けて心身の立て直しを図ります。
・藤岡調教師 「8月9日(水)にゲート合格。今朝は全く問題なかったですね。素質を感じる一方、まだ脚元も固まり切らぬ現状。ここは無理を強いず大事に行きましょう。11日(金)に千葉の育成場へ。移動後の様子に応じて再入厩のタイミングを考えます」
≪調教時計≫
17.08.09 助手  栗東E稍       13.4 13.4 14.7 15.3  ゲートなり


ゲート試験は合格しましたがシーリア同様デビューはまだ先のようですね。どれが一番やりになるか読めなくなってきました。

| 現役馬近況 | 20:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬リポート(8/8)

キショーチョーの予報を裏切り続けるノルー、昨日も「曲がる」という予報を裏切って私の予想通り直進し日本海に抜けました。
昨日にゃごやはずっと危険半円に入ってたわけですが雨はさほどでもなかったのですが風が強かったですね(今も強いですが)。
さて誕生から18日目を迎えたノルー、明日21時まで台風であり続ければ長寿記録1位になるそうです。いまのところ気キショーチョーは18時まで台風であろうと予想しています。気象庁の予報は6時間ごとですあと1回頑張れば(何を?)記録更新になりますがはたいて?

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわっと動かしていますがまずまずの状況ですね。今週も3ハロン40~41秒くらいの時計で負荷をかけるように動かしていますし、その後の様子を見ても悪くはありません。紫苑Sは春以来の競馬になり間が空いています。手塚調教師と相談をしましたが、少し早めに入れてトレセンで進めたいということでしたので、早ければ来週、もしくはその後くらいに美浦へ入厩することになりそうですよ」(天栄担当者)


歓迎、10Aに置いといてもいいことないですからね。で、落馬で足を骨折したユッキー、意外と復帰に時間がかかるようで紫苑sも間に合わないっぽいです。骨盤骨折の田辺君がWAJSに出るらしいのでそっちのほうが早い復帰ですなあ。
ん? ってことはジェノヴァ、27日のレースにして田辺君に乗ってもらえば…

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング1500m。8月3日(木)測定の馬体重は495kg。
・当地スタッフ 「8月4日(金)に跨り始めました。今は角馬場でハッキングまでですが、依然としてアクシデントの後遺症は一切認められません。必要以上に緩まないように注意を払いつつ、制裁措置が解かれた後のゲート再審査へ向けて進めて行こうと思います」


もともとどこか悪くて放牧したわけではないですからね。あと3週間がまんです。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。8月3日(木)測定の馬体重は516kg。
・当地スタッフ 「計画通りに推移。8月2日(水)には半マイル55秒9、終い13秒8を記録しました。上々の行きっぷりを示しており、幾らか楽をさせていた割には素軽いフットワークを披露。今後も右前脚球節の浮腫みに注意しながら帰厩を目指そうと思います」


問題はこの馬の適鞍がないんですね、左回り1600の長岡S、それを逃すと9/30の秋風Sを待たなければなりません。説明は丁寧だがレース選び疑問の高柳先生、どうしますかね。

| 現役馬近況 | 21:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

先週の言い訳 etc.

記録的な長寿台風となったノルーは紀伊半島に上陸、今頃我が家の上空を通過してるものと思いますが雨風は大したことありません(BSも映ってるし)。まあ「台風の目は快晴」なんですがね。

今日から始まったTTC社の一般募集、やっとDI産駒に満口が出ました。そして狙ってたラピーダシャリナ16には「残口わずか」の表示、やはり昆先生って人気あるんですかね。東サラではあまり結果を出してないのですが。
ちなみに私は希望通り取れてますので東サラは打ち止めです(何気に2頭で1リュラ(ギューカイヨーゴ)かかってるしぃ)

さて、土曜日のいいわけがまだでしたね。

松永昌厩舎
5日の新潟競馬ではスタート後に押していくが他馬の動向を見て3~4番手からの競馬をする。直線へ向かいながら仕掛けていくが、最後は踏ん張ることができず10着。
「前回のような形からの競馬をイメージしていましたので、できれば前目から運びたいと考えていました。新潟外回りのコーナーふたつのコースで、時にゆったりとした流れになることもありますから、行ければハナへ立つつもりでいたんです。それで少し気合いをつけるように押していったのですが、同型の馬が複数いて簡単ではなかったです。頭ひとつでも前に出られればまた違うのでしょうが、他の馬のほうが速かったこともあり、好位からの競馬に切り替えたんです。ひと息つかせてから徐々に押し上げていくようにしたかったのですが、結果的に淀みのない、先行していた馬たちにとってタフな流れになりましたね…。何とか気持ちを途切れさせないように頑張らせたかったのですが、今日は流れが苦しくなって踏ん張れませんでした。この形でなければいけないというわけではないのでしょうが、前回に続いて良い競馬をさせたいと思っていただけに申し訳ありません」(熊沢騎手)
前回は最後までしっかりとした脚、粘りを見せてくれ見事500万下クラスを突破してくれました。その勢いを持って昇級初戦へ挑んだわけですが、同じように先行してしぶとさを活かしたい馬たちが複数おり、息つぎさせてはいたものの結果的には先行した馬には辛い展開になり、最後は一杯いっぱいになってしまいました。上位馬が強いことは確かなのでしょうが、今日は流れが厳しくなったための敗戦であり、次走以降見直すことは可能なはずです。レース後の状態をまずよく確認してからになりますが、厳しい競馬をしたあとですので、楽をさせることも踏まえつつこの後をどうしていくか判断していきます。


ジョッキーの人はレース前にメンバー表を眺めるとかしないものなんですかねえ。下馬評ではここは「先行馬そろい」だったんですが。
結果的には先行馬ががりがり遣り合いすぎてレース史上最速レベルの時計になってます。前走逃げて勝ってますが逃げなきゃならないという馬ではなし、一応はベテランジョッキーなんですから臨機応変な対応ができなかったものですかねえ。
せっかくいい流れになったのにこのレースでまた走るのやめちゃう症候群が再発しないのを祈るばかりです。

P.S.ノルーは20時ころ伊賀市を通過したのちなぜか名古屋行を拒否して急に北に進路を変え、米原に向かってしまいました。キショーチョーはあくまで東へ向かうと言い張ってますが結果や如何に

| レース出走 | 21:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>