Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/15)

レッドコルディス
栗東:高橋義忠厩舎

本日はDポリトラックコースで調整しました。
高橋忠調教師「両トモの皮膚炎については、お時間をいただけたので休養先の牧場でも十分ケアをしてもらえましたが、アカギレのような状態は残っていて、まだ完治したとは言えません。傷口から不凍液が入り込むとすぐに腫れる可能性があるので、脚元に影響が出にくい調教コースを選んだり、患部周辺を保護するシートを巻いたりしながら調整していきます。今のところ予定どおり、3月11日の阪神7R(500万/牝D1800)に向かう予定です」
助手「ダートやチップで乗ってクモズレが悪化しないようポリトラックコースで軽めの調整を行いました。馬場入り前に逍遙馬道でノソノソ歩いていたので、少しとぼけているのかなと感じていましたが、コースに出てからはやる気を出してグイグイ進んでいきました。ちょっと速くなりかけましたが、どうにか許容範囲というところでおさめられました。フレッシュで状態は良さそうですよ。成長して体がかなり大きくなって幅がでましたし、フットワークも大きくなって迫力もでてきました。以前のような華奢なイメージはまったくありません。お腹周りについた余分な肉は調教で負荷をかけることで絞っていければと考えています」


皮膚炎の直りがよくない感じですが予定どおり3/11のレースに向かうようです。3/11といえばアネモネSと同日ですが東サラ東西2頭出し…となればいいのですが。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
W 71.8-55.4-40.5-13.4 馬なり
内スターフィールド馬なりと5F併せ併入
助手「角馬場で体をほぐしてからウッドコースで追い切りました。息を整える程度であまりやらなくていいという指示だったので時計は控えめ。それでも終始かなりの手応えで、最後も少し手綱を許したらさらにグイグイ行きそうな感じでしたよ。仕掛け処の反応も速く、最後まで余力のある走りでした。稽古後、鞍を着けた状態で馬体重は468キロ。ここまでは順調に調整できています」
手塚調教師「今日は動ける範囲でサラッとやりましたが、稽古でもしっかり動ける馬らしく、良い走りをしてくれたと思います。まだ予定のレースまで時間があるので、早めに仕上がり過ぎないように気を付けて進めます」


その3/11に東に出る予定の馬、出られればいいのですがレグナントとか強敵もそろいそうです。

レイズアスピリット
上原厩舎
15日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「天栄での調整が順調に進められていて、次の中山に組まれている適鞍へ向かえそうということでした。やはり中山の2500m戦は良い競馬ができているので是非向かいたいと思っていたので、間に合って良かったです。競馬まで約1ヶ月を切るところですから、当初は今週の土曜日の検疫があたっていたのでそこで入れようと思っていたのですが、急遽空きが出たんです。それで前倒しして今日入れさせていただきました。入ってからはまず馴染ませる必要があるのでじっくりと動かしつつ、様子を見ながら徐々にピッチを上げていきます」(上原師)


前回同様早めに帰厩しました。イマイチ10Aは信用できないのでこれでいいと思います。あとはサンシャインS、出られるかどうか。

ルヴォワール
NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「現在は隔日でウォーキングマシンでの運動かトレッドミルでの常歩を取り入れています。しばらくは軽め運動を行いながら患部の状態が安定するのを待つしかありませんし、獣医師のチェックも取り入れながら進めていきます」(早来担当者)


弟フィエールマンも脚部不安が発覚、どうもこの母の子はそういう血統のようです。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、美浦トレセンで軽目の乗り運動を消化。引き続き心身のリラックスに重点を置いており、もう少しの間は同様のパターンで調整を行ないます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、2月24日(土)中山・アクアマリンS・混合・芝1200mに三浦騎手で予定しています。
・高柳調教師 「日に日に回復を遂げているものの、良化度合いは幾らかスロー。コンスタントに使って来ているだけに、今から速いところをビシビシ乗る必要は無いはずです。従って、現在は軽目に距離を乗るパターンで疲労を払拭。再び三浦騎手を鞍上に迎えます」


どうやらアクアマリンに行くようですね。ヤネがコーセイに戻るのは好都合でしょう。あとは出られるか。


| 現役馬近況 | 21:28 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/14)

今日は日本で一番チョコが売れる日…ということは悩める某お値打ち馬レントラーの誕生日と言うことですね。まあそんなことはどうでもよくって…
昨日勇退が公表された二ノ宮師ですがよく見ると公式にコメントが出ており「65になって外から競馬を見てみたい」という理由が載っておりました。結局のところ「真相は二ノ宮先生の中」のようです。

レッドラフェスタ
所属していた二ノ宮厩舎の解散に伴い、尾関厩舎に転厩することになりました。

一夜明けたモトアザブがようやっと報道陣にFaxがリリースされました。
一部ではS戸Y一先生が有力視されていましたが、尾関知人厩舎とのこと、レッドファルクスの厩舎ですね。無論レッドファルクスの実績を買われたのでしょうが、気難しい馬だけに環境の変化が心配なところです。

レッドウィズダム
栗東:角居勝彦厩舎

引き運動。
助手「体調も良くなっていましたし、馬も良く最後まで頑張ってくれました。無事にこちらに帰ってきましたが、疲れた様子もなく元気一杯の様子です。明日、一度放牧に出して、この後は福島の開幕週を目指していく予定です」


疲れていないと言いつつ福島まで休み、小倉最終週に早鞆特別があるのにね。上がったように見えて順位は上がってなかったようです。

レッドコルディス
宇治田原優駿ステーブル→高橋忠厩舎

本日の検疫で栗東トレセン・高橋忠厩舎に帰厩しました。


帰厩…ということで3月上旬の復帰戦でしょう。そろそろ500万下くらい勝たないと。

レッドイリーゼ
美浦:手塚貴久厩舎

角馬場運動後、Aコース1周。
助手「今日は角馬場でジックリ乗ってから、Aコースを1周のメニューで調整しています。元気が有り余っていますが、煩いというわけでもなくスムーズに運動できていました。この中間も飼葉の食いは良いですね。使って来ている馬なので、明日の追い切りはサラッとやる予定です」


一回放牧出したほうがいいと思うんですけどねえ。

レントラー
 松永昌厩舎
14日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、距離短縮でさすがに追走に手間取りましたが、その中でも終いはよく脚を使っていましたし、悪くない内容だったと思っています。レース後は目立った疲れは見せていないものの、多少歩様は硬くなっていますし、障害練習も含めて中間しっかりと乗り込んできた後なのでいったん放牧に出させていただきます」(松永昌師)
15日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


放牧のようです

| 現役馬近況 | 21:59 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛馬インフォメーション(2/13)

本日大本営より2月を以って引退される調教師12名が発表になりました。
数は多いですが、岩元師とかフトシ師とか10名の先生は定年退職、これはルールですから仕方ありません。一方で定年を待たずに退職する先生が2名、柴田光陽先生となんとエルコンドルパサーの二ノ宮敬宇先生、勇退される理由はまず経営不振か体調不良のどちらかですが、二ノ宮先生が経営不振とは思えませんので体調不良なのでしょう。以前からそういう噂が飛び交っていたようで年末頃には「ほぼ確定」という情報もありました。ただウチのラフェスタのコメントもほとんど二ノ宮先生が出していましたし「どうなのかな?」という思いでいました。二ノ宮先生のところに預託予定の2歳馬もいるくらいですしやめると決めたのはそう遠くない話だったと思われます。とりあえずやめるのを止めることはできませんが…今いる所属馬たちの送り出しには万全を尽くしてほしいところです。
というわけで、本日付でモトアザブからは何の発表もありませんがレッドラフェスタも転厩になるはずです。先般放牧でミホ分場に出たことから転厩先はミホ分場を使うレッドとは関係の深いあの先生ではないかと言われていますが果たして。

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調に来ることができていますね。強弱を付けながら調教を行っていて、しっかりやる時は速い時計を出して負荷を掛けています。このあとも体調管理をしっかりと行い、無事に美浦トレセンへ送り出せるようにしたいですね」(天栄担当者)


担当者が変わったのか気持ち悪いくらい前向きな表現が並んでます(笑)。サンシャインSから逆算すると来週くらいに帰厩でしょうが、このまま余計な事せずにいってほしいところ。

シーリア
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に周回コースと坂路で乗り込んでいます。先週よりも少しペースを上げた調教も取り入れており、今朝は坂路で15-14を行いました。このぐらいの内容なら楽な手応えのまま上がっていますし、この馬にとってはちょうどいい負荷だと思いますので、この後も適度に15-14程度の調教を取り入れながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)


レッドウィズダムが厩舎内順位を上げたため、この馬の順位は落ちたかもしれません(笑)。とにかく待ちです。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「この中間はコンスタントに18-18を消化しました。休み明けの2月12日(月)にスクミが出たものの、概ね計画通りに運んでいます。遠からずに栗東トレセンへ戻る予定。声が掛かった段階で即座に送り出せるように、しっかり準備を整えましょう」


先週ロードアルペジオが勝ちましたので「ササダ先生のところからロード馬が消える日」は遠ざかったようです(笑)。あとはこの馬がどれだけ頑張るか。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、滋賀・グリーンウッドトレーニング在厩。ウォーキングマシン90分、ポリトラックコース・キャンター2500m(1ハロン20~22秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター650m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「時折、18-18より速いペースで行く場合も。大きな反動は無さそうです。事前に聞いていたよりは大人しい感じ。更にピッチを上げた際も、現在の雰囲気を保てれば・・・でしょう。この1、2週ぐらいの間には移動の段取りが組まれる見込み」


2週くらい…意外と開けますねえ。

| 現役馬近況 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東サラ馬名決定

きまぐれ東サラ、昨年は3月に発表した馬名を今年はキャロよりも早く発表、会員数少ないし頭数も少ないし締め切りも早いんだからそれで当たり前のはず…ということはさておき私が出資決定した2頭は次の通りに

サセッティ16 → レッドクレオス (ギリシャ語)名声
この兄弟、最初はセインツ→プレイヤー→セシリアとお祈り系の名前が続いたのですが、カイザーで方針転換、以後はライジェルはともかくゼルク(天使)、ルチア(光)でお祈り系回帰かと思いましたがまたぶった切りました(笑)。もっともワタクシもお祈りとは関係ないトリオンフ(仏:凱旋、 Prix de l'Arc de Triompheの最後の単語です)で出してますが…やっぱりハーツ産駒は凱旋門賞でなくキングジョージで勝負しないと(爆)

ワイオラ16 →レッドモアナ (ハワイ語)大洋、母の名より
母ワイオラは日本語ではなく(笑)ハワイ語、「命の水」と言う意味まではつきとめて、なら父もカナロアだしハワイ語で…と探した結果私が出したのはラハイナ(ハワイの地名、ハワイ最古のワイオラ教会がある)でしたが、決選投票の末敗れ去ったようです(思想の自由を主張します)。ハワイ語と言う読みはよかったのですがねえ。

全体的に東サラは、キャロのように「ぎゅーーっとひねりなさい」とかSl社のように「責任者でてこーい!」という名前がなくそれなりのセンスを維持しているように思います。レッドと言う冠名がある分自由度が制約されてるというのが返っていいのかもしれません。ただどうも私のセンスとは合わずロンメル以外は落選です。今年のラハイナは自信あったんだけどなあ。 ところで…なぜレッドノールックが「アレな名前」になるんですかねえ。レッドでお約束と言えばロブスターとかシグナルかと。

| 育成馬報告 | 23:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今週の結果分析

本日の小倉は1Rを11:00に繰り下げたほか中止する障害レースがないため最終も16:20に繰り下げてナントカ12Rを消化しました。来年も建国記念日は3連休ですがもうやらないだろうな。(笑)

土日月出走馬のコメント

レッドウィズダム
2月10日レース後コメント(1着)

北村友騎手「一度使って状態は上がっていましたし、スタートも五分に出てくれて、道中も流れに乗ることができました。直線で内から来られた時はひやっとしましたが、手応えからも勝つ自信はありましたよ。やはり小回りの方が合っていますし、平坦コースの方がいいですね。結果を出すことができて良かったです。ありがとうございました」


最初後方でしたがスローと見たのかユーイチK君は向こう正面で押し上げていき3コーナーのあたりでは4-5番手に、直線で前をとらえに行きますが道中足を使ってますから「まーーーた最後甘くなって4着」かと(笑)、後ろからは大丈夫そうと思ったら今度は内の馬が粘ってる…今週は実家に帰ってましたが家には誰もいなかったテレビの前でキタムラ!の絶叫でした(笑)。
戦ってきた相手を思えば5歳で500万下にいるような馬ではないはずなのですが、世界の角居先生をしてどうやったら走るのかわからない馬のようで「4着7回」が示すように今2つくらい足りないレースが続いてました。どうやら平坦小回りということで今後ローカル専用機となるんでしょうね(笑)。まてよ、ホーリーではないので交流戦と言う手もあるか。
なおこの勝利でウィズダムが回収率100%に到達、回収率100%達成馬の最高募集価格記録を塗り替えました(パチパチ)。
この馬の募集価格は一口9万5千円ですが、これまでの記録はエルマンボの9万円でした。

レントラー
松永昌厩舎
11日の京都競馬ではまずまずのスタートから促しつつ後方を追走。4コーナーで内から寄られ外に進路を取るとそこからはジリジリ伸びて9着。
「距離短縮で前半かなり押していかなくてはならず、何度も手前を替えたりフォームが安定しませんでした。4コーナーではちょっと外に振られる不利もあったのですが、直線はよく伸びてくれましたし、前半もう少し流れに乗れれば違うはずです。調教でもかなり動く馬ですし、慣れれば短めの距離はいいのかもしれません」(北村友騎手)
「もう少し前目のポジションで運べれば良かったのですが、この距離ですし、馬場が荒れていたことも考慮すれば仕方ないでしょう。終いはしっかり脚を使っていましたし、初めての1400mとしては悪くない内容だったと思います。この後はいったん放牧に出してリフレッシュさせてから今後のプランを考えていきたいと思います」(松永昌師)
慣れない距離で追走に手間取ったようですが、直線はよく脚を使っていましたし、悲観する内容ではなかったと思います。中間は障害練習にも取り組んできましたし、ここでひと息入れて今後のプランを検討していきます。


予想通り前半はついていけず最後方から。問題は最後どうなるか? でしたが直線入口でテレビにちらっと映った時はまだ最後方…こりゃ惨敗と思ってたらメンバー中最速の上がり35.4秒の脚をくりだして9着まで浮上。
まだ前には1秒近くありますが最後までヤメなかったことは好材料です。この距離のペースに慣れさせて道中いいポジションにつけて一発狙うか…ですね。

ロードブレイク
ロードブレイクは、2月12日(月)東京7R・4歳上500万下・混合・ダート1400mに吉田隼人騎手57kgで出走。16頭立て9番人気で6枠12番からハイペースの道中を4、4、4番手と進み、直線では外を通って0秒5差の4着でした。馬場は良。タイム1分26秒2、上がり38秒4。馬体重は8kg増加の490kgでした。
・吉田騎手 「ブリンカーの効果が強く出てしまい、とても煩い状態。でも、走ってしまえば結構冷静でした。芝よりはダート向きの走り。また、距離については、東京だと1400m、1600mで丁度良いと思います。ただ、1200mでは置かれそうなイメージを持つだけに、中山の場合は1800mの方が合うはずです」
・岩戸調教師 「レースでは問題無かった一方、馬場に出るまでノーコントロール。ブリンカーが効き過ぎていただけに、次はチークピーシズに変更するかも知れません。具合が上向いていた部分と条件替わりがプラスに。一瞬は勝ち負けできそうな勢いだったように、この先の目処が十分に立つ内容でした。優先的に出走可能な4節以内に中山か中京で続戦の方向。まずはレース後の状態をしっかりと把握しましょう」
≪2018年2月12日 東京7R 4歳上500万下(混) ダ1400m 良 16頭≫
1着ラーナアズーラ   55三 浦 1.25.7    (  10・7・8)37.5 494kg+10kg
2着エレクトロポップ  57ルメール1.25.7 頭  (  4・4・4)37.9 518kg+10kg
3着スズカゴーディー  57内田博 1.25.8 3/4  (  12・13・12)37.2 490kg+4kg
4着ロードブレイク   57吉田隼 1.26.2 2.1/2(  4・4・4)38.4 490kg+8kg


まーーーったく期待せずに実家のテレビてみてたこのレース。
距離短縮のレースでしたがブレイクは好位追走、手ごたえ今一つのように見えたので直線沈むのかと思ってたのですが、そこからジワルジワリと…今度は人がいたのでテレビに向かって小さく「ヨシダァ~」と(笑)。結果後ろから来た馬の末脚に差されますが前にいた馬は全部交わして4着、JRAのレースでは初めて見所のある競馬をしてくれました。
にしても…
「芝よりダート向きの走り」(byハヤト)、一体SSD先生も岩戸先生も何を見てたんでしょうかねえ。

| レース出走 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東京7R

ロードブレイクは4着、最後もしぶとく伸びてたしこれは頑張った4着でしょう。
これでダメなら戦力外通告というところでしたが、やはりこの条件がいいようです。

| レース出走 | 13:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

小倉中止

積雪により小倉中止のようです。あす代替ということで4日間競馬になりました。

よくよく考えると雪の影響を受けやすいこの時期にわざわざ3日間競馬をすることもなかったのかなあと。

今後の反省点でしょう。

| レース出走 | 08:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都9R

レントラーは9着でした。
予想通りスピード負けして道中は最後方から、直線「後方尽」かと思ってたら「後方伸」で9着まできました。スピードに慣れればもうちょっと前につけられるだろうし、障害前にもう一戦見てもいいかな。

| レース出走 | 15:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>