fc2ブログ

Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ロードゴラッソ5 ~春よ まだ見ぬ春 瞼閉じればそこに

大変遅くなりましたが先週のマーチSのレポ。

3連勝で一気にオープン入りしたロードゴラッソ、わが軍悲願の重賞チャレンジに参戦してきました。

20190330B (1)
昇級戦ですが3連勝(特に前走)の内容がよいということでそれなりに印がついてます。

20190330B (2)
ガンバレ馬券、G3バージョン

20190330B (3)
20190330B (4)
20190330B (5)
中山名物一気に出ない出馬表(苦笑)、ゴラッソは+2です。

20190330B (6)
今のところラターシュを抑えて2番人気、さすがにこれは人気し過ぎか。

20190330B (7)
ロードゴラッソ登場

20190330B (8)
そしてグレンツェント

20190330B (9) 20190330B (10)
藤岡先生が「トモの張りが別馬のようになった」と言ってましたがホントにはち切れんばかりになってます。馬体もハーツらしい感じになってきましたね。

20190330B (11)
ただハーツはダート馬ではないですから「ハーツらしい体」というのはダート馬のそれではないことになります。470キロという馬体ですし本質的にはダート馬ではないのかもしれませんね。

20190330B (12) 20190330B (13)
グレンツェント、一昨年の東海S以来別馬になってしまいました。「まだはもうなり」という言葉がありますが、ノンコとの使い分けを意識するあまり「まだ」大きなレースには早いと言って休ませた間にピークアウトしてしまった気がします。個人的にはこの先生に会ってないと思いますので転厩したほうがいいと思うのですがね。

20190330B (14)
とまーれーで藤岡先生登場

20190330B (15)
一見誰も来てないようですが出遅れただけで加トちゃん先生も来てました。

20190330B (16)
ミナリクとユースケのツーショット

20190330B (17) 20190330B (18)
技術的にはいろいろなジョッキーが折り紙をつけるくらいの人ですが性格が優しすぎるようでなかなかブレイクしきれません。

20190330B (19) 20190330B (20)
一方こちらはミナリク、ジンガイさんはすぐゴーグルかけますね。

20190330B (21)
本馬場入場、ゴラッソ

20190330B (22) 20190330B (25)
すぐ返し馬に。

20190330B (23)
こちらはグレンツェント

20190330B (24) 20190330B (26)
こちらもすぐに返し馬です。

20190330B (27)
レース、ゴラッソのスタートは今一つですがこれは想定の範囲内

20190330B (28) 20190330B (29)
ただここから押して好位を取りにいくのかと思ったら何もしません。

20190330B (30)
グレンツェントより後ろというのは想定外。

20190330B (31)
スタンドで総帥が「後ろすぎるだろ」とつぶやいたシーン

20190330B (32)
位置取りが後ろならまくっていくのかと思ってましたがそれもせず。

20190330B (33)
どうやらイン狙いのようです。

20190330B (34)
内、割ってこれるか?

20190330B (35) 20190330B (36)
ユースケェー

20190330B (37)
外のサトノの伸び脚がいい。となれば2着争い。

20190330B (38)
大激戦の2着争い、結局6着に。

ロードゴラッソは、3月24日(日)中山11R・マーチS(GⅢ)・国際・ダート1800mに藤岡佑介騎手55kgで出走。16頭立て3番人気で2枠4番から平均ペースの道中を9、9、10、8番手と進み、直線では内を通って0秒3差の6着でした。馬場は良。タイム1分52秒6、上がり37秒2。馬体重は2kg増加の474kgでした。
・藤岡騎手 「内枠で道中にずっと囲まれる位置で苦しい形ながら、周りを気にする素振りを全く見せずに我慢が利いていたと思います。3コーナーぐらいから追っ付け通しで手応えがどうしても悪くなるタイプ。揉まれ込んだ分がどうかと思ったものの、直線では空いているところを伸びてくれました。ダート馬としては小柄なだけに、中山のタフなバテ合う肉弾戦よりは京都や阪神の方が向く印象。初めての重賞挑戦で内容のある6着だったと思います」
・藤岡調教師 「内枠で窮屈なポジションだったのがキツかった感じ。もう少しバラけてくれれば良かったです。でも、最後はしっかりと来ましたからね。このメンバーを相手にいきなり通用した部分を考えると、重賞で戦って行ける力は十分。先々が更に楽しみになったと思います。今後については未定。レースの反動をまずは確かめましょう」
≪2019年3月24日 中山11R マーチS(GⅢ)(国際) ダ1800m 良 16頭≫
1着サトノティターン  55石橋脩 1.52.3    (12・12・13・12)36.6 572kg 0kg
2着ロンドンタウン   57.5吉田隼1.52.5 1.1/4(6・5・4・4)37.6 532kg+18kg
3着リーゼントロック  56松 岡 1.52.5 首  (3・3・3・2)37.7 518kg-6kg
6着ロードゴラッソ   55藤岡佑 1.52.6    (9・9・10・8)37.2 474kg+2kg


6着とはいえ流れ次第では2着もあったレース、先生が言うようにそう悲観する内容ではなさそうですが、ただやはり純粋なダート馬ではないようですね。ともかくこれがファーストチャレンジ、この世代降級はないですからこの後ずっとオープンです。いつかは重賞を!ですね。
この馬は昨年12月に2勝今年1月に1勝ですから11月まで大きな賞金加算があります。これが切れる前に賞金を積み上げておききたいところです。今の賞金では来年の今頃出たいレースに出られなくなりそうですからね。

| クラブ馬主・レース出走 | 13:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>