Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/21、22)

先週の金曜日からの更新が抜けておりました。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、常歩600m、ダク1800m、キャンター4200mを25-25秒。馬体重469キロ。
担当スタッフ「背骨は良くなって来ています。トモは疲れやすく、甘さのある馬ですが、こちらもじっくり乗ってきたことで感じは良くなって来ています。体調は良さそうなので、あとは背腰をしっかりケアしながら進めていきます」


エル爺引退で最長老となったヴィー老、とはいえこちらもcandle flickering in the windなわけですが…。そろそろもどさないと新潟もないですよ。記憶力ゼロのS先生、この馬3000は長いのを忘れてないでしょうね?

レッドウィズダム
(吉澤ステーブル)
マシン運動。512キロ。
牧場スタッフ「今週もマシン運動とパドック放牧で調整しています。引き続き歩様チェックなどで気になるところはないですし、飼葉もしっかり食べています。ただ、まだレースでの疲れがあるようですし、骨瘤も痛がるところはありますね。それでも先週よりは固まって来ているので、引き続きレーザー治療と水冷でケアしながら良化を図ります。同じく立ち上げは馬の状態を見ながら決めさせてもらいます」


レントーはするよりもしないほうがいいと思うの♪

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重495キロ。
牧場スタッフ「毎日坂路をF18秒ほどのペースで乗っていますし、週に2本は17-15-15を消化するなど調整は順調です。動きもカイバ食いも、それに見た目もだいぶよくなっていますが、体重は先週と同じでなかなか増えてきません。この調教パターンに慣れてもらって目標の510キロになったところで帰厩させたいとは思っているのですが。あすも追い切る予定です」


なかなか増えませんが…そもそも510ってどうやって決めたんですかね。

レッドジェノヴァ
(社台ファーム)
この中間は運動調整で様子を見ていますが、大きなトラブルはありません。短期のリフレッシュということですので、こちらでガシガシ乗るのではなく馬任せに乗って気持ちの面でサポートしてあげられればという気持ちです。近々の移動も考えられるのでもうひと回り体をふっくらさせておきたいですね。


確か岩田神で札幌でしたよね。
そういえばコジシゲ先生、東サラ史上最安募集馬を任されることになったけどどうなんでしょう?(義忠先生もこれ安すぎね?という馬でしたね)

シーリア
函館競馬場
21日に函館競馬場・角居勝彦厩舎へ入厩しました。「馬体を見るとまだ成長の余地を残している面はありますが、乗り進める毎に身体の使い方が上達するなど、良化の一途を辿っており、現状においても良い動きを見せてくれていると言えるでしょう。脚元や体調も良好なことから角居調教師と相談し、函館競馬場へ入厩させることになりました。兄達に負けない素質を感じさせますので、今後も順調に行ってくれればと思います」(早来担当者)


そうそうこれを忘れてはいけません。ここはゲート試験だけのようですがね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:08 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/07/26 09:41 | |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>