Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/13)

今年のセレクトセールで話題をまいたのは里見氏ではなく突然登場してきたDMM、高額馬を買いあさり馬主業界参入かと思いきや、クラブ馬主を始めるのだそう。
それは自由ですが…なんだか代表者が言ってることとやってることにシロート感満載なんですよねえ。

①クラブ法人の認可が下りるのか
 クラブ法人は長い間総量規制がかかってました。ワラウカドがようやく岩盤規制に穴をあけたのですが、自分たちがそれに続けるという勝算はあるのかな? まあゴ…とかブ…とかを買い取ればいいのですがね。

②10000口募集なんて可能なの?
 これが一番の問題。
 かってはY社が1000口なんて募集してましたが、今のクラブの募集口数は最大500、これは金融庁の指導でそうなってると聞きます。どうやって10000口募集を認めさせる気だろう?

③1/10000出資者はどれだけ実入りがある?
 仮に10000口募集が認められたとして1/10000馬主の世界ってどうなるかというと…

1口1万なら募集価格100000000円です。これを500口のロード募集しようとするとなんと21万6千円(税込)
1頭当たりの維持費はロードで概算1200円ですからD社だとなんと60円!
無論いいことばかりではありません。
D社の愛馬が1000万下の大山崎特別で勝利! ロードなら約2万円の収入でしたが、D社だとなんと約1200円、3億円のJCを勝ってやっと2万4千弱の収入です。
つまり支出もほとんどないが収入もほとんどない…これじゃPOGと変わらないのじゃないですかねえ。

とはいえ買っちゃった以上ナントカするしかありません。どうなるかお手並み拝見ですな。

エルマンボ
 堀厩舎
12日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒3-54秒4-39秒4ー13秒0)。13日は軽めの調整を行いました。
「追い切りを重ねてきてコンディションが悪くならなければという懸念はしていたものの、気になっているトモの状態は平行線を保てている状況です。本格的な夏の気候になりつつありその影響も心配しているのですが、こちらのほうも今のところ何とか保てています。今週の日曜日の競馬へ向かうわけですが、当該週の追い切りは木曜日ではなく水曜日に行いました。暑さと輸送への配慮で、水曜日の朝早い時間帯に終いを伸ばしています。動きは悪くなく、無事に態勢を整えられたと思います。先週のマリーンSで除外権を獲り今週は除外の心配もなく、あとは無事に送り出すことですね。気の悪さを見せることがある馬なのでそのあたりもしっかりと対応してレースへ臨みます」(堀師)
16日の中京競馬(名鉄杯・ダ1800m)に酒井騎手で出走いたします。


除外権が物言ってようやっとの出走、とはいえここは別定戦ですからマスクゾロ以下強い馬がどっさり。今回、「早来から帰厩してG3の平安S除外後、別定戦の大沼S出走のつもりで函館に運ぶも出れそうもないということで投票もせずに戻ってきて、ハンデ戦のマリーンSで除外権を取って別定戦の名鉄杯出走」と言う流れ。オープンに上がってから好走してないのですから自身軽ハンデが見込め(実際マリーンSは53キロでした)、強い相手が回避しやすいハンデ戦を狙うべきだ思うし、それなら「早来から帰厩してG3の平安S除外後、別定戦の大沼S出走のつもりで函館に運び投票するも除外されて除外権を得、そのまま函館に滞在してハンデ戦のマリーンSに出走」だと思うのですが、イミフです。ましてや暑いのが苦手と言うのにゲキアツの名古屋ですしね。まあホントは出したくないんだけどどこも故障してないのに7月になってもまだ本年未出走ということで相当にガイアツが掛かったか。

レッドシルヴィ
(函館競馬場)
昨日、ウッドコースにて追い切り
7/12(水) 函W 蛯名 69.9-55.0-40.2-14.0 馬なり
助手「今週は蛯名騎手に乗ってもらい単走で追いました。蛯名騎手は上がってきて「大丈夫」と話していましたし、息の入りもひと追いごとに良くなってきていますね。滞在効果で気性の方も落ち着いています。特に大きな問題もなく、引き続き順調に調整を進めることが出来ています」
※次走は7/22(土)の函館9R(牝馬限定・芝2000m)を蛯名騎手で予定しています。


函館も疑問なうえにE、これで11番でもひいたら完璧ですな(苦笑)

レッドジェノヴァ
(函館競馬場→社台ファーム)
小島調教師「ハナに行っても斤量差で押し切れると思いましたが、結果的に番手の競馬をさせた方が良かったかもしれません。レース後も変わりなく、今日社台ファームへ移動させました。2週間ほどでまた函館競馬場へ戻して、次走は8/20(日)の札幌8R(牝馬限定・芝2000m)に岩田騎手で向かう予定です」


ということは逃げろと指示したのはコジシゲ先生だったのか…でも人気の馬で逃げたら当然マークはきつくなりますわな。後ろから来た時に先に行かせる臨機応変さがほしかったのですが「今年デビューしたジョッキーでもしっかり乗れる」ということをアピールできなかったようです。というわけで岩田登場…これは望むところですが。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>