Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

トップをねらえ(6月-2)

途中にロードツアーが入ったりしましたのでこれも遅れました。6月末の更新

シーリア
20170703B01.jpg

NF早来
現在はウォーキングマシンで運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。この中間から坂路の登坂日を増やすなど負荷を強めてトレーニングを行っていますが、気持ちが高ぶることなく安定した走りを見せています。馬体を見ても逞しさを増していることは間違いなく、力強さが備わってきたことで走りのバランスも良くなり、ノビノビとしたキャンターを披露していますので、今後もこの調子で乗り進めていきます。


やはり胴が詰まって前が勝ってみえますね。となると桜花賞が狙いになるのかな。

レッドイリーゼ
20170703B02.jpg

(ノーザンファーム早来)
右トモの血腫の治療を行いながら少しずつ運動量を増やしており、現在は毎日トレッドミルでの運動を行っています。騎乗調教を控えていますので馬体は少し緩んでいますが、体調は良好です。ペースを落としていることもあり、気性面は特にうるさくなっているということはありませんが、治療時などには頑固なところを見せるようになってきました。引き続き右トモの経過を見つつ、精神面にも注意しながら運動量を増やしていきます。馬体重は477キロです。


馬体だけならシーリアよりこちらの方が良く見えます。血腫がなくなるまでしばらく待ちですね。

レッドラフェスタ
20170703B3.jpg

(坂東牧場)
マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m、坂路調整。馬体重444キロ。
担当スタッフ「通常の乗り込みに加え、終いの3Fを15-15で駆け抜けるスピードトレーニングと、F16秒程度のスピードを保ったままトラックコースを2周するスタミナ調教も課しています。ペースを上げても脚取りは軽く、スッと加速できるのは筋力に恵まれているからでしょうね。毛色が近いというのもあるのでしょうが、走っている姿が現役時代の父のイメージと重なる部分もありますよ。まだ気性に関しては、ドンとこいとはいえないのがもどかしいところですが、何とか素材の良さを生かせるように心身ともに成長させていければと思います」


気になるのは期待通りの滑り出しを見せているカナロアに対しオル坊は今一つ期待に応えてないのですね。気性はまだまだですが集中はしてきてるようです。

レッドガラン
201703704B04.jpg
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重526キロ。
担当スタッフ「この中間も休みなく乗っていますが、左前膝裏に疲労感が出たので、速めは控えて馬なり1本の調整に切り替えました。もともと背腰に張りの出やすいタイプですし、芯がしっかりしないうちはどこかに負担が掛かってしまうのかもしれません。休むほどではありませんが、やれば動いてしまうタイプなので、気持ちを制御しながら無理せずケアを優先したメニューを進めます」


今度は左前かあ、少々体質が心配ですね。
スポンサーサイト

| 競馬全般 | 23:05 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017/07/04 10:00 | |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>