Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/21)

14歳の藤井聡四段が今日勝って連勝のタイ記録にならんだそうです。たいていの棋戦はトーナメント戦ですから勝てば強い相手が出てくるわけでそのなかで連勝というのはいくら最下層レベルの棋士が相手とはいえすごいことです。勝ち続けることでプレッシャーも半端でないでしょうからね。
来る人があれば去る人がいます。元祖「神武以来の天才」ひふみちゃんですが3月の時点で順位戦C2リーグから「陥落」、引退カウントダウンが始まっていたのですが(筆者注:70を超えてから順位戦リーグを陥落するとその時点で予定されている対局がすべて終了した時点で引退させられる)、先日最後に残ってた対局に敗れ強制引退となりました。ひふみちゃんがプロになったのは以前書いたように14歳、今77歳ですから何と63年間現役を続けてたことになります。確か最多敗戦記録の保持者だったはずです(筆者注:本当に弱い棋士は最多敗戦記録を作る前に引退させられます。最多敗戦記録はたくさん将棋を指せるだけの強い棋士でないと達成できません)。変わり者の多い棋士の中でも最も変人といわれたひふみちゃん、長い間お疲れ様でした。

レントラー(仮)
松永昌厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はジョッキーがビッシリと追って前目から進めてくれ、最後までよく踏ん張っていてくれました。休養前と比べてもあまり変わった様子はなかったのですが、結果を見ると去勢の効果もあったということなのでしょうね。レース後は今のところ疲れた様子も見せていませんし、このまま中2週で競馬に向かうつもりです。一度使って息遣いなども変わってくるでしょうから、今度は前走以上の走りを期待したいと思います」(松永昌師)
7月8日の中京競馬(3歳上500万下・芝2200m)もしくは同日の中京競馬(茶臼山高原特別・芝2000m)を目標にしています。


優先権が取れてるわけですから体重減は気になりますがやはり続戦、番組見てこのへんかなあと思ったところでした。ただいつも書いてるように直線が短い方がいいと思いますから中京は微妙なところではあります。多分謹慎明けのコマッキーだと思いますが2回同じことができるかですね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW ルメールJ 87.8-71.4-56.1-41.4-12.1 強め
中シャケトラ馬なりを6Fで0.5秒追走、0.6秒遅れ
外タニノアーバンシー強めを6Fで1.2秒追走、0.6秒遅れ
助手「脚元の腫れは落ち着きましたが、傷口があった部分に小さな骨瘤ができてしまいました。獣医師に触ってもらっても痛がる様子はなく、このまま進めて問題ないということなので週末から乗り出しています。けさは次走騎乗するルメール騎手が乗っての追い切り。1番後ろから追いかけましたが、前の2頭に並ぶことなくゴールを迎えてしまいました。追い切り後にルメール騎手は『バランスよく走っていたし、3コーナーすぎので手応えもよかったけど速い脚がないので追いつけなかった。ウィズダムも頑張っていたけど前の2頭は速すぎだった』と話していました。脚元の治療で先週1日だけ調教を休みましたが、1度使っている馬なので来週追い切れば態勢は整うでしょう。23日(金)に函館競馬場に向けて出発する予定です」
※次走は7月1日(土)函館9R(D1700m)に変更になる見込みです。鞍上はC.ルメール騎手の予定です。


なんと追いきりでルメールが騎乗、相手もさすが角居先生というほどの豪華版ですが並ぶところまで行かないのではね(苦笑)。ただなぜか2頭を追いかける形の併せ馬ですからこの馬の方が調教走ると思ってたのかな。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、6月21日(水)不良の栗東・坂路コースで1本目に53.2-39.1-26.0-13.2 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月2日(日)中京・香嵐渓特別・混合・ダート1400mに藤岡佑介騎手で予定しています。
・笹田調教師 「6月21日(水)はビシッと気合いを付ける形。レースの1週前ですからね。ただ、今朝は降雨で渋ったコース状態。最後は幾らかタイムを要しています。それでも全体では約53秒。及第点を与えられるでしょう。次週には丁度良く仕上がりそう
≪調教時計≫
17.06.21 助手  栗東坂不1回     53.2 39.1 26.0 13.2  一杯に追う 坂路コースで入念


ジーサンズの中で唯一働いてるのがこの馬、来週使ってくるようです。仕上がりはよさそうですが天気が心配なところ。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン71.2-54.5-38.6-13.6 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を2秒7先行して1秒0遅れ。短評は「遅れも余裕残し」でした。7月8日(土)中京・豊明S・混合・芝1400mに幸騎手で予定しています。
・高柳調教師 「6月21日(水)は後輩2頭を誘導する役目。半マイル55秒を切るぐらいのタイムを残しています。少しでも促せば普通に併入できていたはずながら、事前の打ち合わせに沿って余裕を持って回って来る格好。順を追って段々と負荷を高める方針です」
≪調教時計≫
17.06.21 助手  美南W良       71.2 54.5 38.6 13.6(8)馬なり余力 遅れも余裕残し
         メロウハート(3歳未勝利)一杯の外2秒7先行1秒0遅れ


同厩同馬主同出資者のメロウハートと併せたようですが…未勝利馬相手に2.7秒先行して1.0秒遅れって大丈夫か?

メロウハート
メロウハートは、6月24日(土)東京・3歳未勝利・混合・芝2400mに津村騎手54kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では優先順位11番目、同順位3頭で出走可能です。6月21日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.5-51.5-36.7-12.6 6分所を一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を2秒7追走して1秒0先着。短評は「力強い伸び脚」でした。
・高柳調教師 「相手は余裕綽々だったとは言え、6月21日(水)は仕掛けて突き抜けました。稽古の走りからは使った上積みが感じられる状態。大型馬だから・・・と言うよりも経験を重ねた分かも知れません。デビュー時との比較で微減ながら外見は締まっていますよ」
≪調教時計≫
17.06.21  伴  美南W良       67.5 51.5 36.7 12.6(6)一杯に追う 力強い伸び脚
         ロードセレリティ(古馬1600万)馬なりの内2秒7追走1秒0先着


メロウハートから見れば格上馬より3.7秒速いタイムで走ったことになります。鵜呑みにはできないですが悪い動きではないでしょう。あとは津村君次第。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>