Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/14)

エルマンボ
NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン13~16秒のキャンター調整を取り入れています。
北海道開催も視野に入れて調整していましたが、どうも賞金的に厳しい状況とのことでした。そのため、本州の競馬を視野に入れつつ、早ければ今週末の美浦検疫での帰厩を予定しています。なかなかスムーズに競馬を使えず歯痒い面もありますが、こちらでは状態を見極める時間を持つことができましたし、何とかこの調整期間をプラスにして結果につなげていってほしいですね。馬体重は588キロです」(早来担当者)


社台のツアーに行った方の情報でもありましたが大沼Sも出れそうにないということで中京の2階級格上げになった名鉄杯らしいそうです。前から言うように私は暑いのがだめと思ってるわけではないですが、ホーリーはそう言ってたわけでその辺はどうなったのよ?と言いたくなりますがね。

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
前走の内容はたんに馬場や展開だけの問題ではないのではないかと思えたので、レース後に上原先生と話をさせてもらい、念のために腰回りの状態を確認していただけませんかとお願いをしていたんです。左腰に不安が出たこともあった馬なのでよく見てもらったのですが、とりあえず大きな問題はないとのことです。それで木曜日に帰ってきましたので数日楽をさせて、今はハッキングキャンターで軽く動かしていますよ。これからトモを中心に身のこなしをよく確認していこうと思っています」(天栄担当者)


まあいろいろやってみることは悪いことではないですが、私は馬場や展開だけの問題と思ってます(笑)。ともあれ何もなかったようですがね。

レン某
松永昌厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(51秒6-38秒4-25秒5-12秒9)。
「今朝も先週に引き続き、坂路で単走の追い切りを行いました。先週末にはポリトラックに入れて長めから息を造る感じで脚を伸ばしていますし、もう目一杯の追い切りはいらないと考えていましたが、単走で最後は手綱を押さえるぐらいの余裕がありながら、4ハロン51秒6という時計ですからやはり動きます。今回は去勢手術明けの競馬ですし、久々で精神的にもフレッシュな状態ですから、なにかきっかけがつかめるような内容を期待したいですね」(松永昌師)
18日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2000m)に小牧騎手で出走を予定しています。


こっちこそ「馬場や展開だけの問題」ではないのですが(笑)。今回条件はともかく「最後まで追ってくれる」という条件で小牧に頼んだそうですから、遅まきながらようやく問題解決への一歩を踏み出したと考えてよいのでしょうかね。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたりまでは軽めの調整に終始していましたが、いい意味で変わりないかなと思える状態でしたのでこの中間より坂路入りを開始しました。速くても14-14くらいなど、ハロン15秒前後のキャンターを取り入れています。まだ始めて間もないので何とも言えませんが、ベースをしっかりと造っていけるようにしたいですね」(天栄担当者)


ようやく運動開始、1勝馬のコルディスと違いこちらはこのままでもトライアルくらいは出れると思いますが夏に1戦しますかね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 61.8-44.8-29.4-14.8 馬なり
助手「僕が跨ったのは久しぶりでことしに入ってからは初めてのことだと思います。以前は体は立派なのに気持ちに余裕がなく、ただがむしゃらに突っ走っていましたが、いまは精神状態が安定しているので1つ1つの動きがしっかりかみ合っています。体の使い方はとてもよかったので、あとはもうちょっと見た目にメリハリがついてくれれば。1度使ってイメージどおりに良くなっているのでレースでも前走以上に動けるはずです」


500万下にいちゃいけない馬ですからね。次はなんとかしナイト。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、6月14日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.6-40.3-26.7-13.6 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。7月2日(日)中京・香嵐渓特別・混合・ダート1400mに藤岡佑介騎手で予定しています。
・笹田調教師 「6月14日(水)は全体54秒6。今朝も十分に余力を残した状態でコース頂上へ達しています。スクミも出ておらず、気に掛かる部分は無し。ここまでは順調と言えるでしょう。鞍上に変更こそ生じたものの、予定通り再来週へ向けて進める方針」
≪調教時計≫
17.06.14 助手  栗東坂良1回     54.6 40.3 26.7 13.6  馬なり余力 坂路コースで入念


鞍上、よくわかりませんがFu-幸に断られたようです。ジョーイから依頼してるということですからアッキー、荻野を極める人、リューセー、コマッキー、若様、ゾエとスルーされて25位でようやく止まったようです。個人的にはレイズで●騎乗を見せたFu-幸からセレリティで好騎乗を見せたユースケへの変更ですから異存はないのですが。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 04:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>