Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(5/26)

レッドソックスが1試合最多20奪三振 誤審で達成

どういうことかと言いますと16奪三振で迎えた9回、普通なら3者連続三振でも記録達成は不可能だったのですが、1人誤審で振り逃げと判定されたため(記録上振り逃げは三振とカウント)、1イニング4奪三振となり記録に並んだようです。なんだかなあ。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、ダクとハッキング15分。馬体重469キロ。
担当スタッフ「先週末に移動して来ました。獣医にチェックしてもらったところ、右半身に張りがあって、歩様にも硬さがあるので、今は痛み止めを飲ませながら軽く乗っています。今週いっぱいは様子を見ながら進めて行きます」


続けて使いたくても結局そうなるんですよねえ。もうそろそろ考えてもいい頃かも。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「東京で続けて使った後はかなり疲れがあったようでしたが、その頃を考えればすっかり硬さも取れましたし、ここにきて問題なく乗り込めるようになりましたね。乗り出し開始後も引き続き順調に進めることができています。馬体重は464キロ。このペースでピッチを上げていければ来月末あたりの入厩も視野に入ってきますし、そこまでは無理をせずにじっくり進めていきたいと思います。函館の最後に牝馬限定の芝2000mが組まれているので、当面はそのあたりを目標に進めていくことになりそうです」


ちょっと待って! Play Back! Play Back!

2016.06.18
6月18日レース後コメント(10着)
四位騎手「すいません、読み間違えました。もっと前でやり合って速くなるかと思ったのですが、先頭だけで後は落ち着いてしまいましたね。徐々にに上がっていくイメージだったのですが…ただ、あれで最後全然脚を使えないことを考えると、こういう馬場よりもっと軽い馬場のほうがいいかもしれません。少し噛みそうな感じはありましたが、我慢してくれていたので、もっと脚を使えるはずですからね。とはいえ、うまく力を引き出してやれず、すみません」
鹿戸師「後ろすぎたのはそうですが、あれで最後に脚を使えないあたり洋芝は合わないのかもしれません。血統的にはこなせると思ったのですが、まだ力を付けている途中ですからね。来週放牧に出して、次は新潟あたりを考えたいと思います」


鹿先生、去年遊楽部特別の後こういってますよね? なのになぜまた函館? 
ただいま格付け審査委員会への回付が決まりました。

レッドコルディス
(三重ホーストレーニングセンター)
マシン調整。
牧場スタッフ「到着後はおとなしいしカイバも残さず食べてくれています。とても扱いやすい馬ですね。高橋忠調教師からまずは疲れを取って体をふくらませてほしいとオーダーがあったので、今週いっぱいは60分のマシン運動にとどめて馬体の回復を優先することにしました。乗り出すのは早くて来週月曜日からになりそうです」


某掲示板では「秋華賞はどうでもいいから体を戻せ」という意見がありましたが、秋華賞はどうでもいいと思ってるかは別としてやはり体が減りすぎと思ってたようですね。とはいえ500万下ではトライアルでるのもままならないでしょうからふどこかで1つ勝たないといけないのも事実。

レッドジェノヴァ
(山元トレセン)
担当スタッフ「引き続き、トレッドミルでの運動と周回コースと坂路を併用のメニューで順調に乗り進めています。昨日は坂路で終い13秒台後半まで伸ばしてみましたが、いい動きを見せていましたし、このまま問題なく進めていけそうです。休ませた分、トモに緩さが見られましたが、この1本で変わってくるのではないかと考えています。この後は函館で使うことになりそうですが、気性面の成長も考えると後半の開催での出走となりそうですね」


今一つ方向性が見えなかったこの馬ですが函館に行くようです。田辺君は福島だろうから乗り替わりですかねえ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>