Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

レッドコルディス3 優駿牝馬~たとえ今は小さく弱い太陽だとしても

私がはじめて出資したのは1997年生まれのゴッドブレスシチーという馬、この3歳世代は2014年の生まれですから数えて18世代目、この18世代目にしてようやっと「クラシック」にたどり着きました。
とはいえ現3歳世代だけでもここへ来るまでは山あり谷あり…ルヴォワールの自爆事故とコルディスのフローラS5着で1度はあきらめたもののルヴォワールがオークスまで回避したことにより(思想の自由を主張します)余った1枚のチケット、これをめぐる6倍の争奪戦に勝利するという劇的な展開で滑り込みで出走を果たしました。
当日口取りは外れたものの愛馬の一世一代の晴れ舞台、1度はキャンセルした東京のホテルを取り直し朝から参戦しました。

20170522A (1)
オークス記念入場券、来年ここにプリントされるのはどの馬ですかね。

20170522A (2)
本日のスペシャルカクテル「レッドコルディス」、アセロラとクランベリーが入ってますので赤いのですね。え? オークスリリーって書いてあったって? シーーーーッ! 言わなきゃ来なかった人にはわからないんだから(笑)

20170522A (3)
オークスのトロフィー及びレイ、ここに飾ってあるということは人形もくれるのかな(笑)

20170522A (4)
前日から東京入りですから今日のニッカンではなく今日のユーマ。ちなみになぜユーマにしたかというと

20170522A (5)
こうだからです。各紙1人は11番を◎にしてる痴れ者勇者がいたなあ。

20170522A (6)
ガンバレ馬券重賞バージョン

20170522A (7)
馬体重ドン -6ですね。前走も東京でしたからそれからさらに減ってるのはあまり歓迎しませんねえ。

20170522A (8) 20170522A (9)
9番、キャロットのディーパワンサ登場、私はマイラーだと思うんですがねえ。

20170522A (10) 20170522A (11)
そして11番、レッドコルディス登場

20170522A (12)
ディーパワンサは半周くらい遅れての登場でしたのですぐショートカットに入ります。

20170522A (13)
10番の馬もそれに続いたのですがコルディスの陣営は我関せずと(笑)。

20170522A (14) 20170522A (15)
ディーパワンサ、所有のお知り合い様によれば「よい」とのこと。

20170522A (16)
引き綱がピンクで見つけやすかったですね。

20170522A (17) 20170522A (18)
コルディス、私のジャッジは「よい」です。「今一つ」とか「発汗がひどい」とかいう意見もあったようですがね。

20170522A (20)
ただ「これで454しかないの?」という感じ、もう少し肉がついてもいいのかもしれません。「パパそっくり」のルヴォワールに比べるとこちらはあまりパパに似てないようです。

20170522A (21)
とまーれーがかかりまして吉田豊と義忠先生が綿密に打ち合わせしながら登場。

20170522A (22)
ジョッキーが騎乗してもしつこく指示をすることのある先生ですが今日は早々に解放(笑)。

20170522A (23)
誘導馬のすぐ後ろはなぜか4番の四位にーちゃん。

20170522A (24)
1番のモズカッチャンが後入れなので2番のルメールが来ます。

20170522A (25)
田辺負傷で急遽駆り出されたユーイチS

20170522A (26) 20170522A (27)
ディーパワンサとウチパク

20170522A (28)
ヒロシ。もともと「コルディスがフローラでもスイートピーでもヒロシ」だったはずですが、フローラに回ったためスイートピーでこの馬が回ってきたのですね。それで勝っちゃったからこうなります。

20170522A (29) 20170522A (30)
コルディス、陣営はリラックスモードだねえ。

20170522A (31)
ユタちゃん登場。

20170522A (32)
最後にミルコ

20170522A (33) 20170522A (34)
返し馬、コルディスはすぐ行きます。

20170522A (35) 20170522A (36)
吉田豊騎手によれば返し馬で立ち上がるとしてた…と。後で見るとどうにも首が高いですねえ。

20170522A (37)
ディーパワンサはここまで引っ張って。

20170522A (38) 20170522A (39)
ゆーーーっくりと返し馬。かかるのが心配なんですかね。

20170522A (40)
スタート、ライブでは遠目でわからなかったのですが、しっかり11番の馬が立ち上がってます。当然出遅れ(>_<)

20170522A (42)
フローレスマジックが逃げるようです。

20170522A (43)
そこに私はいません♪

20170522A (44)
やっと来た、最後方ですね。

20170522A (45)
ただペースが遅かったせいか難なくリカバーします。

20170522A (46)
4コーナー、コルディスの手は動いてますがこれはいつものこと。

20170522A (47)
ここでは一瞬行けると思ったんですがねえ、

このあと写真失敗してるのでありませんが、結局コルディスは15番人気の15着でした。

20170522A (48) 20170522A (49)
戻ってきた2頭、異常はないようです。

公式HP
5月21日レース後コメント(15着)
吉田豊騎手「周りの声に反応し、ゲート内で立ち上がったところでスタートが切られたので、大きく出遅れることに。すぐに追い上げて離されずに追走できましたが、後ろから行った馬にはかなり厳しい展開だったこともあり、直線に向いたところですでに余力がなく、最後はフォームもバラバラになっていました。まだ力不足といった印象ですが、返し馬でも立ち上がろうとしていたように精神面も幼いので、これからの馬だと思います。必ず良くなってきますよ」

高橋義忠調教師「自己条件という選択肢があった中でのGI挑戦だっただけに、この結果は申し訳なく思っています。パドックでの様子やリプレイを見ても、他の出走馬と比べるとトモの力が弱いし、全体的に緩く感じました。まだ力がつききっていないということでしょう。今日の収穫は強いメンバーにモマれたこと。コルディスにとってはいい経験になったはずですが、僕らもこの経験を今後に生かしていかないといけません。ジョッキーの話にもあったとおりこれからの馬ですから、秋には挽回してみせたいです。今のところ次の水曜日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出す予定で、夏をどう過ごすかは回復状況を確認して判断します」


義忠先生のいいところは大事なところではちゃんと自分が出てきて必要な説明をしてくれるところ。
結果的には時期尚早だったということになるんでしょうが先生の言う通り「強い相手と戦うことで成長する」ものですからね。馬がダメになってしまう可能性もないわけではないですがそれはそれでそこまでの馬だったとあきらめます。ともかくお疲れ様でした。そしてオークスに連れて行ってくれてありがとうございました。

20170522A (50)
最後に今日の戦利品です。Tシャツまで買ったのは初めてです。
スポンサーサイト

| レース出走 | 05:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>