Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ロードヴォルケーノ14 ~10回目のプロポーズ

私の現役馬の中でこれまで2勝以上していて私が口取りを達成したことない馬が次の3頭。
ロードヴォルケーノ
レイズアスピリット
アプリコットベリー

アプリコットベリーは勝鞍が小倉と福島ですかららいかんともしがたく、レイズアスピリットの場合はグッドラックH・九十九里特別と当選倍率の壁に阻まれており、後は中京で勝った時は東京にいて福島で勝った時は名古屋にいるという間の悪さに泣いてます。

ヴォルケーノの場合は、初勝利の時はエルマンボ+レイズと重なったためパス、2勝目は中京でしたから口取りせず、3勝目は菊花賞の日で躊躇…とロードの規則と選択が裏目に出ている次第。
この三頭勝ててあと一つと思ってますから次を逃したらもうチャンスはないでしょう…ということでこのところヴォルケーノにはもれなく申し込んで今回が10回目の挑戦。

20170515A (1)
今日のニッカン、3歳時に3勝したころの勢いはもうなく勝つためには展開の助けが必要かと。なので△ポツポツと…こんなもんでしょうね。

20170515A (2)
ガンバレ馬券。下? 日本の畜産振興のための寄付証書です(笑)

20170515A (3)
馬体重、もうちょっと増えてもよいよなんですがどうも減ってしまいます。

20170515A (4) 20170515A (5)
でてきました。いつもの厩務員さんです。

20170515A (6) 20170515A (7)
馬体はこのところゼッコーチョーではないにせよ悪くない状態だと思います。年齢的には上がり目はないのかもしれませんが。

20170515A (8)
今日は舌を出すしぐさもありません。あれって遊んでるらしいですね。(by WP8 2017辞典)

20170515A (9)
だけども人気はありません。前走着も内容も悪いですからしかたありませんが、あれはス○ルが…(以下自粛)

20170515A (10)
とまーれーがかかりまして。

20170515A (11)
いつもの怖い人(失礼)が出てきません。東京行きましたかね。

20170515A (12)
11Rに騎乗してた松若君、ここも出てきました。若者はまじめだねえ(笑)。

20170515A (13)
ジョッキーベイビーズに騎乗する小学生ではありません、念のため(笑)。

20170515A (14)
ヴォルケーノの背と比べればわかりますが何しろ小さい。たしか150くらいだったかと。

20170515A (15) 20170515A (16)
とはいえ前走この馬に乗ってたヤツよりはるかに頼りになります。
  松若 10戦 2-0-2-0-1-5
  ヤツ 13戦 0-2-1-1-1-8

いつものことですがロードは服装チェックがありますので返し馬の写真はありません。

20170515A (17) 20170515A (18)
スタート、一瞬また出遅れたと思いましたがそれはヤツが乗ってた隣の馬、ヴォルケーノは好スタート(この馬比)を決めます。

20170515A (19)
ダートに入るところでこの位置。

20170515A (20)
3コーナー、もうちょっと前にいると勘違いしてましたが一番左の見切れてる青の帽子がヴォルケーノ、前走はこの時点で最後方のあたりですからね。

20170515A (21)
ただ欲を言えばこのあたりでサンデーの馬がいる位置あたりのポジションがほしいところ。

20170515A (22)
このあたりで一瞬伸びてきまして「フーマ行ける!」と叫んだのですが(これも前走と大違い)

20170515A (23)
そこから止まってしまいました。着は8着と悪いですがこの写真の一番左が勝った馬ですからそう差はありません。

20170515A (24) 20170515A (25)
戻ってきたところ。ス○ル、こうやって乗るんだよと言いたいところです。

公式HP
2017.05.13
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。8着でした。
・松若騎手 「好位から中団ぐらいで・・・との指示。スタートも決まりポジションを取りに行きました。ただ、軽く促しながらの道中。乗り易くて直線でのゴーサインにもグッと反応してくれたものの、もう少し時計を要す馬場の方がベターなのかも知れません

2017.05.15
ロードヴォルケーノは、5月13日(土)京都12R・4歳上1000万下・ダート1400mに松若騎手57kgで出走。16頭立て12番人気で4枠8番から平均ペースの道中を9、9、9番手と進み、直線では外を通って0秒3差の8着でした。馬場は不良。タイム1分23秒5、上がり35秒8。馬体重は4kg減少の484kgでした。
・笹田調教師 「今回はゲートも五分に出て、相応の位置でレースを進められました。最後もジワジワ差を詰めたものの、もう一伸び・・・と言ったところ。勝った馬こそ後方から来たとは言え、それ以外は前残りの競馬ですからね。今度は恐らく間隔が必要。育成場で待機するのが妥当でしょう」
≪2017年5月13日 京都12R 4歳上1000万下 ダ1400m 不良 16頭≫
1着メイショウノボサン 57福 永 1.23.2    (  13・12・12)35.2 472kg 0kg
2着ミッキーグッドネス 55武 豊 1.23.2 鼻  (  2・2・2)36.1 416kg 0kg
3着アドマイヤムテキ  57川 須 1.23.3 3/4  (  1・1・1)36.4 498kg+4kg
8着ロードヴォルケーノ 57松 若 1.23.5    (  9・9・9)35.8 484kg-4kg


SSD先生ついに動いたようでフーマ君に前で競馬するよう」指示したようです。相手がイチリューでもそうやってちゃんと指示出してほしいですね。
今回疑問視してた不良馬場でこの競馬ですから悪くはないと思いますが、最後止まったように見えましたので使える脚に限界があるタイプかなーと。ならばもう少し前目に位置したいですよね。さりとて前半せかすと良くないタイプですから楽に先手とるためにもう少し距離を伸ばしてみるのもアリじゃないかなーと。SSD先生はD1400使い続ける気のようですが。
スポンサーサイト

| レース出走 | 19:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>