Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(4/26)

「大地震が起こったのが福島でよかった」…この発言の責任を取って復興相の今村氏が辞任したそうな(事実上更迭らしいですが)。このところアベール内閣は失言が相次いでますが、「こういう発言をしたら周りはどうとるか」…発言する前にそういう想像はしないものなんですかねえ。農水大臣然り、法務大臣然り、そういう想像力のない人であるなら要職についてはいけませんね。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
ウッドコース
4/26(水) 南W 助手 53.8-40.1-13.5 馬なり
助手「先週末に入厩しました。今日はウッドコースで単走でしたが、いい意味でガツガツしているところもなく、力まず走ることが出来ていました。短期放牧明けですが、状態は前回と変わらないですね。息遣いもそれほど悪くなかったです」


入厩してきました。この時期なら5月の新潟使う気なんでしょう。まだ走らせる気ならとにかくいいところを見せてほしい…それだけです。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
高橋忠調教師「レース後はひき運動で疲れを取っています。両トモの繋ぎにちょっとした傷はありますが、トレセンに帰ってきてからも馬房でフラフラとふなゆすりするいつも通りの姿を見せていますし、カイバは必要な量はしっかり食べています。馬体重は468キロと日に日に体重も増えてきていて特に変わった様子は見られません。秋を目標にするにしても自己条件は早いうちに突破させておきたいですし、経験を積ませたいという思いもあるので、回復状況などを確認して問題ない場合は続戦するつもりです


いつもは助手でもこういうところではきちんと出てくるのが義忠先生が評価できるところですね。MM博せんせいなんかまかせっきりで出てきませんから。で、内容には全く同意、秋を狙うにしても500万下では話になりませんからね。問題なければメルボルンTとかその翌週の2000の平場戦あたりを考えてほしいところです。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・笹田調教師 「残念。ジョッキーも振り返っていたように、今回は力を出し切れなかった感じです。大きな問題は無さそう。ただ、どのぐらいの間隔が次走までに必要か・・・。なかなか見通しは立て辛いものの、厩舎で調整を続けつつ出走機会を探りましょう」


SSD先生、そろそろ条件の変更を考えてもいいんじゃないですかね? 弟のロードヴァンドールや同父のレッドウィズダムから考えればこの馬がD1400専用機とは考えにくいのですよね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>