Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

トップをねらえ(4月-1)

そろそろ入厩する馬も出てきているようですがうちの子たちはどうなんでしょうかね。

シーリア
NF早来
馬体重:470kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週5回は屋内周回コースでキャンター2400m、週1回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。元気いっぱいで時にやんちゃな一面を覗かせることもありますが、ひとたびキャンターに行けばしっかりと集中して真面目に走っています。実際に走りの中に見られた力みは徐々に緩和されてきており、以前より全身を使った伸びのあるフットワークが繰り出せるようになってきました。


注目馬なんでいろいろな意見が飛び交ってますが、体型や動きなんでまだこれからかわるものだし、コメントで悪いことが書いてなければよしでいいでしょう。体重もこんなものでしょう。あまり増えると脚元が心配になる血統ですからねえ。

レッドイリーゼ
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいますが、速いペースをコンスタントに乗り込んでいることもあって、ややカリカリしたところを見せるようになってきました。そのため、この中間に1週間程ウォーキングマシンやトレッドミルでの運動のみのリフレッシュ期間を設けています。軽めの運動ですので本馬自身は元気一杯で馬体もふっくらと見せており、精神的にも余裕が出てきました。12日からは騎乗調教を再開し、現在は屋内周回コース2400mをキャンターで乗り込んでいます。もともと気持ちの入りやすいところがありますので、引き続き心身の状態を見ながら進めていきます。馬体重は439キロです。


少しカリカリしだしてきたようですがハーツとスタイルの子ですからねえ(苦笑)。こちらはもうちょっと増えてほしいなあ。

レッドラフェスタ
(坂東牧場)
マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m、週3回坂路。馬体重432キロ。
担当スタッフ「変わりなく長めのキャンターと状態を見ながら坂路にも入れて16-16ぐらいのところを乗っています。相変わらずフットワークは良く能力の高さはうかがえますが、回りをキョロキョロ見るクセも変わらずありますね。走っている時は問題ないのでそこまで心配はしていないのですが、もう環境にも慣れたはずですし、そろそろ集中して欲しいですね。ここまで休みなく乗ってそろそろ疲れも出る頃だと思うので、しっかりケアしながら進めていきたいと思います」


というわけでこの馬は物見癖があるようです。ふかーーーいブリンカーを付けることになるかもしれませんね。

レッドガラン
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重500キロ。
担当スタッフ「この中間から直線走路でも普通に乗り出しています。まだ15-15は課さずF17前後で無理のないペースで。このくらいなら背腰に硬さや疲労が溜まることもなく至極順調。ただ、15-14と速いところをやった時にどうなるか、その辺りが今後の課題かと思っています。無理せず様子を見ながら徐々に速いところも織り交ぜていくつもりでいます。馬体は脚長の印象だったのが、バランスが取れて深みを増しています。普段の歩様にも力強さがありますよ」


この馬は前向きすぎるのが課題だったと思いますがそれについてはコメントなしですね。これから速いところやってどうなるかでしょう。

ロードゴラッソ
ロードゴラッソは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3600m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン13~20秒ペース)。3月31日(金)測定の馬体重は479kg。

この馬募集時に400なかったんですがこれくらいあれば十分でしょう。それと同時にだんだんハーツっぽくなってきました。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 14:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>