Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

不定期連載WP8 2017 83/7

今日2本目の記事、衝撃的な映像がありますので心臓の弱い方はご注意を(爆)

クニオ君の甘言(笑)に乗せられて現役続行の☆ブロケード、2年続きでアジアMCに挑みます。すでにミッションクリアなので今年は無理させずにVMを抜きました。結果…フューチュリティSはやや危なかったもののドバイターフ、チャンピオンMと大差勝ちで連覇に王手をかけて臨んだ安田記念、逃げ馬が多いので先行策を指示したのですが…これが裏目だったのか直線思ったより伸びずやっとカズシゲにならんだところがゴールでした。直感負けたと思ったのですがながーーーーい写真判定(個人の感想です)の結果ハナ差交わしてアジアMC連覇達成、これで6枚目の金札ゲットです。これで迷うことなくアノ馬に行けます。
さてここからが悩みどころ、史実ではブロケードは5歳夏の引退、安田が思ったより苦戦だしここいらが潮時かもしれません。クニオ君は「さすがにもう成長はないだろうがまだやれる」と言い張ってますがしばらく考えさせてください。

☆ミスターシービー、新馬戦のハラハラドキドキに懲りてホープフルで1度追い込みを指示したほかは一貫して差し指示にしてますが、弥生賞→皐月賞と危なげなく快勝、迎えたダービーも差しを指示したのですが…
20170403A01.jpg
誠に申し訳ございません。シービーの戦績に汚点を残してしまいました(失笑)。
ただ弁解させていただきますと…「逃切る」とってもブロケードと違って「四角先」でしたから史実の菊花賞の時と同じです。
もっとも実際のミスターシービーは逃げ馬であっても不思議はなく吉永だったからああいう馬になったと言われてますがね。

ここまでで7戦全勝、去年と合わせると21戦全勝ですが、ブロケードがそろそろ負けるかもらった馬ペネローペが負けるかだと見ています。

生産
☆ダイナアクトレス誕生、サウンドトラック×マリンエクスプレスはまた牝馬に出てしまいましたが悪くない評価のようです。
で、予定通りアクトレス誕生後にモデルスポートを売却してスルーを購入です。
スルーには当然ノーザンテースト、マリンエクスプレスにはついに本株を買ってトウショウボーイです
あと、84年生まれ世代を増やすためスカリーが出るより1年早くスカーレットインクを購入しました。初年度はリファール系を増やすためモガミを付けました。

ただいまの名声値3656、すでに相馬は抜きました。

スポンサーサイト

| ゲーム理論 | 23:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Mr.CB

最初逃げてたのに出遅れて負けたレースから追い込み馬になったと聞いているので良いんじゃないでしょうか(笑)

| Nashwan | 2017/04/04 22:12 | URL |

Re: Mr.CB

> 最初逃げてたのに出遅れて負けたレースから追い込み馬になったと聞いているので良いんじゃないでしょうか(笑)

お父さんのトウショウボーイは逃げ馬だったしシービークインも逃げて勝ったことのある馬でしたからね。
ちなみに吉永さんは出遅れて後方から行って届かなかったレースの後に「この馬のことがわかった」と言ったそうです。私のCBは差してますがそっちの方が安定してるような感じですね。

| ルクソール | 2017/04/04 23:47 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>