Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(3/30.3/31)

おとといくらいから体調不良で、昨日も一旦は会社にいったんですがお昼頃ギブアップして早退(年休扱い)、帰ってから昼ごろまでずっと寝てました(駅近に転居してホントよかった(笑))。さっき起きてキャロキャンセルが当然落ちてるのを確認したところです(何に行ったかって? シンハラージャでしたが何か? )。もう一度寝てさっき起きたらだいぶ楽になりました。ただ寝すぎで今日寝れないかも(笑)。
医者行ってませんので正確にはわかりませんが、たぶん季節外れのインフルかなにかと思います。私は熱が出にくいタイプなので熱は出てませんがそれ以外そういう症状なので。 まあ今週は出走馬もないですし、閉門蟄居してます。

というわけでだいぶサボっておりまずは愛馬リポートから

エルマンボ
NF早来
トレッドミルでの調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~16秒のキャンター1~2本の調整を取り入れています。「この中間も坂路でハロン15秒程度をコンスタントに取り入れつつ、状態の良化を図っています。脚元、体調共に変わりなく来ているので順調と言えますが、動きに関してはまだ磨きをかけて送り出したいと感じますから、今しばらくはこちらで乗り込んで移動を検討することになるでしょう」(早来担当者)


前にも書きましたが7歳のジーさんが今更成長するなんてことはあり得ないでしょうし、なにを磨きをかける気なんでしょうかねえ。

ルヴォワール
3/30  手塚厩舎
29日、30日は軽めの調整を行いました。
「先週はおめでとうございました。少頭数で、なおかつメンバーを見てもここはスムーズに勝ちたかったですし、それくらいでないと次を考えられなくなりますから、外見上ダメージを少なくして勝てたのは良かったですね。ただ、レースを走ったことは間違いないので油断せず慎重に状態の確認を行っていました。実際のところ大きなダメージはなさそうで、昨日から乗り出せたくらいだったんです。乗ってみての歩様も問題はないようなので、このままフローラSを考えていくことはできるでしょう。引き続きしっかりチェックしながら調整を進めていきます」(手塚師)
4月23日の東京競馬(フローラS・牝馬限定・芝2000m)に石川騎手で出走を予定しています。


GCをはじめこの馬の評価、「また大物が出現!」とかすごいことになってます。たしかに馬体だけは大物ですがね(笑)。
この後はフローラSに向かうようですがそこが試金石でしょう。まあオークスでれなくてもどこかで重賞くらいは取ってくれると思いますがね。

レッドヴィーヴォ
17.03.30
(鹿戸厩舎)
引き運動
助手「今朝も引き続き、引き運動でレースの疲れを取っています。今週土曜日にミホ分場へ放牧に出す予定です」
17.03.31
(鹿戸厩舎)
鹿戸調教師「左前の外側をぶつけて痛がっていましたが、昨日から軽い運動は出来るようになったので、1週間くらいで良くなって治まって来ると思います。明日、放牧に出しますが、マシンだけでゆっくり進めてもらう予定にしています」


というわけでさっさと放牧に、1回走ってこれではお話にならないのですがね。

レッドウィズダム
17.03.31
(吉澤ステーブルWEST)
マシンのみ。馬体重512キロ。
牧場スタッフ「入場後はマシンで調整しています。体重は戻りつつありますし、体がしぼんだようにも見えません。3戦したわりにダメージはそれほどないようです。今の様子なら来週から軽めの乗り運動を始めても問題ないでしょう」


これもさっさと放牧、ただそれほど長い休みにはならなさそうですね。

レッドシルヴィ
17.03.30
(山元トレセン)
担当スタッフ「現在はマシン運動60分とトレッドミルでのダクという内容での調整。馬体重は454キロとさほど変わりませんが、ここにきてようやく馬自身に元気が戻ってきた様子で、調整時の雰囲気も徐々に良くなってきました。ここでしっかりとリフレッシュを図って立て直していきますので、しばらくは慌てずにマシン+トレッドミルという構成で進めていきます。クラス編成もありますので、降級後の競馬を目標にという形になるのではないでしょうか


普通は降級前に使うものだと思うんですがねえ。
降級まで待つということは、おそらくあまり評価してななかった私の見立ての方が正しいということになるのかもしれません。

レッドコルディス
17.03.30
(高橋忠厩舎)
本日はひき運動とプール調整でした。
助手「次走まで時間があるので乗り出すのはあすからにしました。きょうは30分ほどひき運動をしてからプールへ行ってきました。直線を1本と左右1周ずつというメニュー。初日なのでこれくらいで十分でしょう。今のところ体調も安定していますし、カイバもしっかり食べています。あすは調教後にゲートに連れていくことになりそうです」


この間も出遅れましたしゲーのト改善は必要でしょうね。

レッドジェノヴァ
17.03.30
(山元トレセン)
担当スタッフ「治療の効果もあって、ソエの状態は着実に良化を示してくれています。治療は継続していきますが、痛みも落ち着いてきていますので今日からトレッドミルでのキャンターを開始。この感じで10日~2週間ほど進めてみて、問題がなければ次のステップへという考えです。入場時もそうですがピリッとしたところは相変わらず。とはいってもテンションに関しては、ある意味この馬らしいものであって、悪い印象はありません。飼葉も食べてくれていますし、体調に関しても不安はありませんので、この調子で段階を踏んで進めていければと思っています」


山元さんは金曜日じゃなく木曜日の更新なんですかね。2頭ともそうなってます。
それはさておきソエの方は問題なく回復しているようです。オークス後あたりの復帰ですかねえ。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>