Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(3/15)

今日キャロットからキャンセル募集の発表がありました。例年狭き門なわけですがキャロの馬が減ってるという事情も鑑み行くだけ行ってみようと思ってます。ダメなら今年のキャロは「×1をとりつつ3頭出資」という無理難題に挑戦する予定です(笑)。もっとも×1はパープスターに行けばいいんですがね。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
芝コースにて追い切り
3/15(水) 南芝 助手 69.9-53.2-39.0-12.5 強め
内サンティール馬なりに5Fで0.4秒先行2F併入
助手「昨日の計測では鞍を着けて474キロとまだ10キロ重かったですし、今日の動きも少し重く感じましたが、終いまでしっかりやったので、これである程度は変わってきてくれると思います。先週の障害練習はいつも通りという感じでしたが、レースに行けば飛んでくれているので、大丈夫だと思います」
※現時点の想定では6分の1の抽選対象のため、除外の可能性があります。


3月に平場のオープンはここにしかないですからね。予想された展開です。この後直線芝のオープン戦は4/8までありませんし今一度平場使うのも手かもしれません。とにかく絞らないといけないんですからね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 70.1-53.9-38.8-12.1 強め
内ザクイーン強めに5Fで0.4秒先行、2F併せで0.1秒遅れ
外ネオアトラクション強めを5Fで1秒追走、2F併せで0.1先着

助手「道中は3頭の2番手を追走して直線はびっしり併せました。自分から前を追いかけていく分には問題ありませんでしたが、後ろから来られて両サイドから挟まれる形になると怖がって馬自身がどうしたらいいのか戸惑い、フォームが乱れてしまいました。この感じだと前回のような競馬で結果が出たのも納得、次も同じような競馬をしたほうがいいでしょうね。今週は登録だけで予定通り来週の阪神1800mへ向かいます。元気もいいし、調子落ちはありません」


全くマークしてなかったんですが伊勢特別に登録してたようです。
で、厩舎サイドでは試したようですが結局「怖がり」ということで前回の競馬にするようです。あの競馬だと展開に左右されるんですが仕方ないところでしょうか。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はCウッドコースにてキャンター調整を行いました。
高橋忠調教師「ここまでの調整は順調なので、今のところ次走は君子蘭賞へ向かう予定です。鞍上については藤岡康騎手が他場で騎乗するということで松若騎手に依頼しました。あす予定しているCウッドコースでの追い切りは松若騎手に乗ってもらうことになっています。きのう心拍数を計測する装置をつけて調教しましたが、普通の馬より波形の上下が大きいことがわかりました。スピードが上がっていくことで心拍が上がるのはわかりますが、こんなところでと思うところで上昇したのかと思ったら何もなかったようにすぐ下がっての繰り返し。不整脈のような病気ではないとのことですが、休んで見かけは立派になって帰ってきましたが、まだ内面は伴ってきていないようです
助手「けさはEダートコースをハッキングで回ったあと、Cウッドコースを普通キャンターで1周。帰厩後、3日目までは元気一杯という中にも気負いがありましたが、日に日に落ち着きが感じられるようになってきました。カイバもちゃんと食べていますよ。前回もここまでは問題なかったので、あとは追い切りで負荷をけたときにどうなるか。事前に対処できることはやっておきますが、人があまり気負わず、自然体で接していければと思っています」


結局コータは中京へ、まあコータにとっては中京を蹴ってまで乗りたいほどの馬ではないんでしょうね。
それはさておき、この先生面白いことしますね。でも熱発もそうですがまだ体質が弱いんでしょうね。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
角馬場
助手「先週の日曜日にウッドコースで中間追い切りをしてから、左前脚のソエを痛がっています。水冷と消炎剤でケアをしていて、今朝は坂路で追い切ってみる予定でしたが、追い切りはせずに角馬場のみの調整に留めました。歩様に出ているわけではありませんが、先のある馬ですし、無理はせずに一旦放牧に出すことになりそうです」


馬優先だからしょうがないのですがこの時点で500万下の馬が放牧に出てはオークスはありません。まあミモザ賞で最低どちらかが脱落するはずでしたからしかたありませんがね。

ルヴォワール
手塚厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒4-53秒5-39秒9-13秒1)。
「先週は単走でじっくりと動かしましたが、今週は1週前ということもありそれなりに負荷をかけたいと考えました。それで、古馬を目標にしながら併せ馬を行ったんです。道中の行きっぷりも良く、仕掛けると体を使ってしっかりと動けていましたね。相手は500万下クラスで勝ち負けまで来ている馬ですし、決して動かないわけではないのですが、その馬相手に楽に先着をして良い動きだったと思いますよ。将来を見据えて大事に使っていくつもりですけれど、来週のミモザ賞がまず楽しみになりますね。引き続き脚元も含めて状態をしっかりと確認しながら調整を行っていきます」(手塚師)
25日の中山競馬(ミモザ賞・牝馬限定・芝2000m)に石川騎手で出走を予定しています。


併せた相手はコパノビジン、このところ2,3,3,2という馬ですね。これに楽々先着できるなら能力相当のものがあるのかもしれません。この世代のキャロハーツ産駒はリスグラシューが一番高くてその次がこれ、人気はグラニーズチップスの方が高かったわけですが、「やはりキャロの値付けは性格だった」という結論が出るのでしょうか(グラニーズチップスも抽選で落とした馬なんですけどね。もっとも某陽気な王様と言い誰かさんが抽選で落とした馬は走らないというジンクスがあるとかないとか)。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は3月16日(木)に千葉・ケイアイファームへ移動して春のレース出走へ向けて心身の立て直しを図ります。
・高柳調教師 「追い切りの動きが上々で、輸送後も食欲十分でした。道中は良い位置で運べたものの、昇級戦でレコード決着。ペースが速かった点も苦しかったのかも知れません。3月16日(木)に近郊牧場へ。クラス再編の前に再び準オープンに挑戦する考えです


休むのはいいですが今度は右回り試してくださいよ。

ロードブレイク
ロードブレイクは、3月15日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.3-38.4-24.9-12.5 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒6先行して0秒4先着。短評は「坂路コースで入念」でした。3月25日(土)中京・3歳未勝利・芝1600mもしくは3月26日(日)阪神・3歳未勝利・混合・芝1800mに予定しています。
・笹田調教師 「3月15日(水)の追い切りは後半の時間帯に。馬場が荒れ始めていただけに、幾らか全体のタイムを要しています。でも、本数を重ねる毎に動きは良化。この感じならば次週には態勢が整いそうですよ。阪神と中京の2鞍から絞り込みましょう
≪調教時計≫
17.03.15 助手  栗東坂良1回     53.3 38.4 24.9 12.5  一杯に追う 坂路コースで入念
         ウォーシップマーチ(古馬1000万)一杯に0秒6先行0秒4先着


3月最終週、ジェノヴァは回避しますがこれが出てくるようです。ちなみに26日は競馬場に行けませんし25日は行っても中山か阪神、この馬のところには行けない見込みです。

スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>