Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

春よ来い

今週のキャロ会報の表紙

20170306A01.jpg
なんとなんと表紙はルヴォワールでした。
HPのカラーリングをキャロカラーに戻したご褒美に…というわけではなく、今でこそリーディングトップに躍り出たキャロですが1月は出足が悪く11勝(うち地方4勝)、重賞勝ち馬なしの状況でしたので、ただ1頭新馬勝ちした大女が選ばれたようです。
「裏」は確認できるかぎりでも昨年レイズ君で制覇(エルマンボかオレ様あたりで裏を取った記憶がありますが…)してますから、こんなところで悲願のキャロ会報表裏制覇達成であります。リラヴァティ、クリプトグラム、フロアクラフトと多数活躍馬を擁しながらいまだ表を取れない方もいらっしゃるのにねえ。

次の目標はいーー加減「重賞馬」(これはキャロ馬でなくてもですがね)ですが、ともかくオープン馬を作らないとね。レイズ君、大女…頑張るのだぞ。

ついでに土曜日のウィズダム
3月4日レース後コメント(2着)
北村友騎手「馬を怖がるのでソロッと出して後ろから。前半はリズム重視で進めて、馬が行く気になったところで仕掛けていきました。早めに自分から動いて行ったので直線は一杯になってしまいましたが、よく我慢してくれましたね。このパターンだと馬を怖がって止めるようなことはなかったです。メンタルに配慮し、力を出し切る騎乗はできたと思いますが、今日は勝ち馬に上手く立ち回られてしまいました。距離についてはこの先、テンションが高くならなければ1400mよりも1800mの方がいいと思います。1800mなら急かさず自分のリズムで走らせてあげられますからね。今日のような競馬ができればこのクラスは勝ち上がれるでしょう」


戦前宣言してたように前半はかなり離れた後方から。3コーナー手前で控えめにまくっていく展開でした。心配された「どつかないと走るのやめちゃう」癖は見せなかったものの、内目をうまく立ち回った馬に3馬身ほど差を付けられての2着。
Kユーイチ君は「今日のような競馬ができればこのクラスは勝ち上がる」と言ってますが、この競馬で勝ち上がるにはかなり注文が多そうな気がします。とはいえ力を出し切れない以上こう乗るしかないのですがね。優先権を取れたから大事に使ってほしいところですね。
スポンサーサイト

| 一口馬主ライフ | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>