Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(2/24)

「ブルボン先頭! ブルボン先頭! ブルボン3馬身から4馬身 おそらく勝てるだろう おそらく勝てるだろう もう大丈夫だぞ! ブルボン 3馬身から4馬身、5馬身リードで逃げ切った!」

これはダービーの時の実況、貞やん涙の皐月賞でも「あーーーっという悲鳴に変わったゴール前」の菊花賞でもなくなぜかこれが一番よく覚えてる実況なんです。
で…
きょうミホノブルボンがなくなったそうです。享年28歳、馬としては大往生でしょう。
「栗毛」の「逃げ馬」、私がもっとも好きなパターンの馬でした、
今VHSからDVDにしたブルボンのビデオを見ながらこの記事を書いてますが、もう戸山先生も貞やんもこの世の人ではないんですよねえ。思えばブルボンは信念の人戸山先生に神が最後にくれたプレゼントだったのかもしれませんね。合掌。

レッドヴィーヴォ
20170224A01.jpg
(ミホ分場→鹿戸厩舎)
本日、美浦トレセンに入厩しました。
ミホ分場担当スタッフ「背腰は乗っていても気にするようなところはなくなり、体もだいぶしっかりしてきました。落ち着きも出てきたので、良い形で送り出せたと思います」


やーーーっと入厩ですね。あとはレースでどうか。前にも書きましたが余り見どころのないレースをするようならそろそろ次の道を考えてもいいと思ってます。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重500キロ。
牧場スタッフ「入場してからしばらく経ちますが体温は一度も上がることなく安定しています。調整も順調で水曜日に18-15-15を消化する馬の後ろにつけてみたところ、思いのほか行きっぷりがよくて17-15-15くらいの時計になりました。だいぶ背中を使えるようになり、素軽さも増してきました。その後の反動も見られないのであすは15-15までペースを上げる予定です」


個人的にはわざわざ忘れな草賞まで待たなくてもよいように思うのですがねえ。考え直してみませんか? 義忠先生。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ミホノブルボン

ブルボンのダービーの年に社会人になった私は、ダービーの日に研修で大阪に移動と金曜日に言われ、その日は休みだし外せない用事があるので、指定された時間に行けませんと人事担当に言い放ちました。今から考えると怖いものなしでした。
なお、当然のごとくライスシャワーを買っておらず馬券は外しました(苦笑)

| Nashwan | 2017/02/25 19:25 | URL |

Re: ミホノブルボン

> ブルボンのダービーの年に社会人になった私は、ダービーの日に研修で大阪に移動と金曜日に言われ、その日は休みだし外せない用事があるので、指定された時間に行けませんと人事担当に言い放ちました。今から考えると怖いものなしでした。
> なお、当然のごとくライスシャワーを買っておらず馬券は外しました(苦笑)

今でも…ゲフンゲフン

平成4年の頃には名古屋にいたからブルボンの2冠は関西テレビの放送で見てました。皐月賞のインタビューで貞やんが泣いてるのを見て故須貝四郎さんが「僕も思わず…、彼はいい男なんですよ」なんて言ってましたっけ。

| ルクソール | 2017/02/26 22:36 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>