Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

レッドシルヴィ6&アプリコットベリー6 ~Oh No, Oh Yes

先週に続きまたまた2頭出しのわが軍、今回は同士討ちメーカーのベリ子が絡んで想い出のテレビ山梨杯に2頭出走となりました。

20170213B (1)
私はいつも牝限の方がメンバーがそろうと言っているのですがスゴイメンバーです。
で、シルヴィは△くらいですがベリ子は無印です。

20170213B (2)
で、ガンバレバケン
20170213B (3)
馬体重ドン、ベリ子は減って390台に突入してしまいました。今回は輸送があったからなあ。
ところで今回はわが軍2頭出しのほか、お知り合い様出資馬2頭が出走という事態に。

20170213B (4)
で、いつも出ているシルヴィ隊の横断幕

20170213B (5)
レーヌドブリエが圧倒的に多いわけですが。

20170213B (6)
20170213B (7)
20170213B (8)
20170213B (9)
4頭もいると大変なので端折ります。上から順にベリ子、アドヴェントス、シルヴィ、レーヌドブリエ

20170213B (10) 20170213B (11)
私はこのレース使うのは反対だったんですが調子がいいので東京もこなせるのでは?と訳の分からないコメントでここに出てきたベリ子

20170213B (12)
何しろ小さいですからあまりよく見えないのですね。

20170213B (13) 20170213B (14)
流れで次に撮ったのが大外のレーヌドブリエです。写真では煩く見えますがいつもにくらべればおとなしかったかと。

20170213B (15) 20170213B (16)
レッドシルヴィ、ベリ子よりこちらの方が良く見えましたね。

20170213B (17)
こうやってにらむのはいつものこと。

20170213B (18) 20170213B (19)
最後にアドヴェントス、やはりいい馬体ですね。

20170213B (20)
人気です。ベリ子は全く人気がありません。

20170213B (21) 20170213B (22)
20170213B (23) 20170213B (24)
とまーれーの後の各馬

20170213B (25)
大久保先生様、こちらに来てました

20170213B (26)
走る鹿戸先生

20170213B (27)
前のレースが障害でしたから皆さん出てきます。

20170213B (28)
ユーガ、邪魔! その1

20170213B (29)
ユーガ、邪魔! その2

20170213B (30)
コンタクトを取ろうとする鹿戸先生に無視するノリ(笑)

20170213B (31)
僕が一番うまくこの馬を操れるんだ、僕が一番うまくこの馬を操れるんだ、僕が一番うまくこの馬を操れるんだ…念じるオーノ君(笑)

20170213B (32)
なにやらホーリーと作戦会議のトサキ

20170213B (33)
全く表情を変えないノリと怖い眼のシルヴィ(苦笑)。

20170213B (34)
ユキトは早くも「幸モード」です。

20170213B (35)
本馬場入場、一番最初に返し馬にいったのがノリのシルヴィ

20170213B (36)
後は順番通りベリ子

20170213B (37)
アドヴェントス

20170213B (38)
最後にレーヌドブリエ

20170213B (39) 20170213B (40)
 スタート、シルヴィ、アンドリエッテ、レーヌドブリエが出遅れ

20170213B (41)
いつの間にかシルヴィは中団後方まで上がってます。

20170213B (42)
4頭同じところに固まってます。

20170213B (43)
3-4コーナー、ベリ子の真後ろにシルヴィがいます。

20170213B (44)
直線大外を回したレーヌドブリエ以外は詰まりそうな位置。

20170213B (45)
アドヴェントスが抜け出しますが、ベリ子とシルヴィは詰まりそう。

20170213B (46)
ベリ子は隙間をこじ開けてきましたが、シルヴィがあろうことかベリ子とアンドリエッテで進路をふさがれてます。ユーガ、邪魔! その3

20170213B (47)
右にいるアドヴェントスが2着ですから、ベリ子は5着

20170213B (48)
シルヴィは10着でした

20170213B (49)
大きく離された最後方でデルフィーノ入線、たぶんこれが最後のレースでしょう。

20170213B (50)
戻ってきた2頭

20170213B (51)
ホースプレビュー、適当なところで止めたノリ

20170213B (52)
アプリコットベリー、とりあえず納得の結果のようです。

20170213B (53)
最後におまけ ホッコータルマエです。

クラブHPより

アプリコットベリー
大久保厩舎
11日の東京競馬では道中中団のインコースで脚を溜め、直線では馬の間を割ってしぶとく伸びて5着。
「ゲート次第ではあったものの真ん中くらいでリズムを整えたいと考えていましたし、イメージに近い形で運べました。道中はペースが遅かったけどしっかりと折り合えて、直線で追い出してからの反応も良かったですね。勝てなくて申し訳ありませんが、この舞台でもやれる力を感じましたよ」(大野騎手)
「東京遠征ということもあって少し馬体は減ったものの、以前よりカイバ食いなど安定しているところもあって、馬体だけでなく雰囲気も悪くない中レースへ向かえました。今日は最内枠だったので道中はロスなく運んで脚を溜め、直線では上手く外に出してしっかりと脚を使ってくれました。ムチに反応して少しヨレるシーンはあったものの、自力を必要とされるコースでも掲示板を確保してくれていますし、悪くない走りを見せてくれたと思いますね。この後はレース後の状態を見てからになりますが、関西でも牝馬限定戦は組まれていますから、そのあたりを中心に狙っていきたいです」(大久保師)
勝ち切るまでではなかったものの、終いまでしぶとく伸びて勝ち馬との着差はそこまでありませんでしたし、力は示してくれました。この後は必要に応じて放牧を挟みつつ遠征競馬の疲れをしっかりと癒して、状態次第で目標を決めていきます。


私はこのレースに出るのは反対でしたし皆様も同意見だからこそ人気がなかったのだと思いますが、結果としては11番人気で5着の好走でした。詰まりそうなところでオーノ君がうまく乗ってくれたと思いますが、馬も力をつけてるし調子がいいんでしょうね。
もうこうなたら大久保先生様に一生ついていきますから、ナントカあと1勝させてあげてください。

レッドシルヴィ
2月11日レース後コメント(10着)
横山典騎手「スタートが決まればハナに行ってもいいくらいの気持ちでしたが、ゲートにもたれかかった時にゲートを切られてしまって出負けしてしまいました。道中も行くところがなかったですし、直線も内の馬にスペースをカットされてしまって最後まで追うところがありませんでした。今日はスタートで終わってしまいました」
鹿戸調教師「スタートで出負けして、今日はただ回ってきただけで全く競馬をしていませんね。厩舎に戻って状態に問題がなければ、連闘することも視野にいれたいと思います」


逆にこちらは「詰まってしまってワンワンワワン」で終わってしまいました。もっとうまい乗り方があったように思うのですがねえ。鹿戸先生もご立腹のようで怒りのレントー宣言が飛び出してます。大丈夫かなあ。

この日のレポはこのレースだけです。最後までお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

| レース出走 | 00:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>