Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2回京都3日目 5R+α

土曜京都の他のレース

まず5R

20170206C (1)
注目は×ムーティエ…もといマルムーティエ、マルティンスタークの2番仔になります。

20170206C (2) 20170206C (3)
出てきました。

20170206C (4) 20170206C (5)
なんでもしがらきでは「もっと乗り込んで」のジャッジだったのに謎の帰厩、さらに追いきりでもダメダメの動きだったのにここに出走…と意味不明な状況なようです。この先生もショーゾー先生ほどじゃないですがやる気のある時とない時が出ますからねえ。あとクラッシュ率の多さも…ガクブル

20170206C (6)
で、さっきから気になってたんですが何咥えさせてるんでしょう?

20170206C (7)
とまーれーで笹田先生登場…

20170206C (8)
ではなくたーかーのー先生登場

20170206C (9)
ミルコとともにシェーン登場、去年初めて来た人ですがさして乗れる印象もなかったのですがねえ。

20170206C (10)
ヨッコラショっと。

20170206C (11)
厩務員さん、何を見てるかというと。

20170206C (12)
手綱がほどけず苦戦するカズ先生とオイオイという表情のミルコ。

20170206C (13) 20170206C (14)
シェーンも手綱の長さが気になるようで(笑)なかなか顔をあげません。

20170206C (15)
やっと顔をあげました。

20170206C (16)
本馬場入場でごねます。

20170206C (17) 20170206C (18)
で、返し馬、言っちゃあなんですが走らない雰囲気プンプン

20170206C (19)
スタートは悪くないのですが。

20170206C (20)
後ろからの競馬にしてしまいます。

20170206C (21)
このあたりでもう一杯になってるような。

20170206C (22)
直線、1頭大きく遅れましてマルムーティエはここから伸びるか? というところ。

20170206C (23)
ですが後ろにいたはずの馬にあっさり抜かれてしまいます。

20170206C (24)
結局レースになった組で最下位の15着と大敗。
レース後たーかーのぉー先生の秘奥義が発動し出資者様の怒りを買ったということは言うまでもありません。

おまけの6R
20170206C (25)
とりあえずラレータ注目でしたが

20170206C (26) 20170206C (27)
こちらもたーかーのぉー先生のとこの馬でしたね。

20170206C (28)
しかしなんだか目がイッちゃってますねえ。

20170206C (29)
さて、問題は山口厩務員率いるこの馬

20170206C (30)
これと

20170206C (31)
コレ

20170206C (32)
果たしてどちらに似てるんでしょうか? レースは今のところコレよりも悪いですね。
此れまで未勝利…となるとヒガシギンザで暴動が起こるかも。

次は日曜東京の模様になります。

スポンサーサイト

| 競馬全般 | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>