Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(2/2)

暦の上では明日が節分、明後日が立春なんですが、また一段と寒うおますなあ。でも日本の基本は過去最高を記録したらしいそうでやはりWWEでマクマホン会長と○ツのなめあいをした下品な爺さんがどういおうと温暖化は吸うsン出るんでしょうかね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
※今週12日(土)京都12レース・4歳上1000万下(D1400m)に岩田騎手で出走します。
助手「きょうは運動のみです。馬体重は512キロと先週から8キロ絞れていました。増えたり減ったりを繰り返しましたが、調整方法やカイバの量を大きく変えたわけでもないので、この増減の原因はちょっとわからないです。これまでは耳なしメンコを着用してきましたが、今週調教に騎乗した助手から『周りを気にしているので耳ありメンコを試してみよう』と進言がありました。きょうの運動から試していますが、あすの調教でも着用してみて、効果が見込めそうならレース当日も耳ありのものを使用することにします。久々のレースなので過度な期待をしてしまっては馬がかわいそうですが、動ける状態にはありますよ。あとは岩田騎手にお任せしましょう」


同レースにはルメール騎乗のロードヴォルケーノという有力馬が出てきますし近走成績から強気になれないのもわからなくはないですが、ケイティブレイブあたりといい勝負をしてた馬なんですしもうちょっと力強い言葉がほしかったですね。勝てないまでもナントカ足ががりをつかんでほしいところです。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
角馬場
助手「追い切った後なので、いつも通り角馬場で調整しています。脚元も問題ないですし、歩様も変わらないですね。来週は特別戦ですし、少しでも良い状態で出走できるよう、引き続き調整していきます」


ながーーーーい角居先生のとこのコメントに比べてこれですからねえ。最近先生のとこのコメントが短くなってきてるのが気になるところです。

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
ウッドコースにて追い切り
2/2(木) 南W 助手 55.3-40.4-13.0 馬なり
内プロレタリアト馬なりに4Fで2.6秒先行2F併せで0.1秒先着
中ファイアクリスタル馬なりに4Fで1.8秒先行2F併せで0.1秒先着
小島茂調教師「先行する形での追い切り。併せてからも最後まで楽な手応えでしたし、1本目としては上々の動きでした。今の時期の3歳馬はどうしても休ませて崩れてしまいますが、まだレースまで時間もあるので、これからじっくり乗り込んでバランスを整えていきたいと思います」
次走の鞍上は田辺騎手を予定しています


ともかく次までは田辺君で行くようです。次勝っても牡馬混の特別を勝ってるフオウの方が評価が上なんでしょうが…勝たなきゃオークスとか言ってられないわけですからね。

エルマンボ
NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。「トモを中心に馬体の見た目、歩様は変わりありませんので、この中間はトレッドミルでキャンターまで取り入れています。次のステップの乗り運動となると人間が跨る分、特に背腰からトモにかけて負担がかかりやすくなるので慎重に判断したいものの、ここまでは問題なく対応してくれていますね」(早来担当者)


史上初の7歳現役勢がまーーーったく停滞した状態なんですよねえ。この馬の方はどこが悪いんだかわからないという状態が続いているのがねえ。今走らないとまた夏場は休むんだろうからいつ走るんだか? になります。

アプリコットベリー
大久保厩舎
1日は軽めの調整を行いました。2日は栗東坂路で追い切りました(52秒1-38秒1-25秒0-12秒5)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。最後は相手に遅れを取って先着を許してしまったのですが、向こうは調教でかなり動くタイプの馬ですし、こちらも全体が52秒1、上がり12秒5なら時計的にも問題はないでしょう。動きも良かったですし、いい追い切りだったと思います。前回乗ったジョッキーは小回りの方がレースはしやすいのではと言ってくれていましたが、今はカイバ食いなども含めて馬が充実していますし、牝馬限定戦なら広い東京コースでもいい結果を出してくれると思います」(大久保師)
11日の東京競馬(テレビ山梨杯・牝馬限定・芝1800m)に大野騎手で出走を予定しています。


私も和田君の言うことを支持しますがねえ。先生、相変わらず格下げ危機は続いてますからね!

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、2月4日(土)京都12R・4歳上1000万下・混合・ダート1400mにルメール騎手57kgで出走します。2月1日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に53.4-39.6-25.9-13.0 一杯に追っています。併せ馬では一杯の相手を0秒3追走して0秒3遅れ。短評は「坂路コースで入念」でした。発走は16時10分です。

同じレースにはレッドウィズダムという能力はある馬が出てきますからねえ。楽ではないですが前走は悪くなかったですからナントカで結果がほしいところ。もっとも「2度目のルメール」は…(自主規制)

ロードセレリティ
ロードセレリティは、2月5日(日)東京7R・4歳上1000万下・混合・芝1400mに吉田隼人騎手57kgで出走します。1月31日(火)良の美浦・坂路コースで1本目に64.6-47.9-30.6-14.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。また、2月1日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン67.2-51.4-37.3-12.9 6分所を強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手の内を1秒2追走して0秒6先着。短評は「追って伸び上々」でした。発走は13時30分です。

セレリティの本賞金は510万だそうですからたった10万のせいで1000万下格付け、もっとうまいことやれなかったんですかねえ?と言いたくなります。500万下なら初芝でも必勝級だったんですがはたして?
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>