Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

トップをねらえ 1月-2

スタイルリスティック15
20170131B01.jpg
(ノーザンファーム早来)
順調に調教が進んでいます。現在、週1日は屋内坂路コース800mをハロン16-17のペースで登坂、週4日は屋内周回コース1800mをハロン22秒のペースで乗り込み、週1日はトレッドミルでの運動を行っています。馬体は筋肉が着実に付いてきており、肩やトモには少しずつ張りが出てきました。飼葉の喰いがよく、お腹まわりには程よく余裕が感じられます。調教では体を上手く使った軽いフットワークを見せており、現在のペースにも問題なく対応できています。気性面ではあまり大きな変化はありませんが、少しずつオン・オフの切り替えができるようになってきました。まだ心身ともに成長途上にある本馬ですので、状態を見ながら慌てずじっくりと進めていきます。馬体重は435キロです。


これはよい感じで成長してるのではないでしょうかね。もうちょっと体重がほしいかな。

ジューシージーン15
20170131B02.jpg
(坂東牧場)
マシン運動60分、ダク1000m、キャンター3400m。馬体重426キロ。
担当スタッフ「この中間も周回コースを中心にキャンター3周半のメニューをしっかりこなしてきました。昨年末にハロン16秒ぐらいまでペースを上げた後は正月にリフレッシュ期間を設け、そこから再びペースアップを図っているところです。多少馬体重は減っていますが、細いとかガレたという感じはなく、むしろ立派に映ります。大きく快活な歩様で走り出してからも軽快な動きを見せますが、この馬で気をつけないといけないのは気性面。父譲りなのか、気の強い面を見せたり物見をしたりするなど、まだ幼い面を残しているので、長めの距離をじっくり乗りながら、合わせて精神面の成長を図っていきたいですね」


426キロで立派に見えてるようでは困るんですがねえ。まあ父が出てるのならそれほど大きくはならないんでしょうが。
余談ででうが某所で立ち読みした雑誌に「関東のK、Nは個人馬主重視」とあったのですがKはアノ先生としてNってのはまさかネモトではないからやはり…ですよねえ。

ダンスオンザルーフ15
20170131B03.jpg
(社台ファーム)
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重506キロ。
担当スタッフ「週4回直線走路でハロン20~18秒のペースで乗っています。後傾ラップで乗るように心がけていますよ。坂路以外の日は周回ウッドで軽めのキャンターを行い、メリハリを利かせたリカバリーメニューも織り交ぜています。脚元に不安もなく順調ですが、まだ立派な馬体に見合った芯の強さは備えていないようにも思うので、このまましっかり乗りながら鍛えていきます。仕上がり自体は比較的早いタイプのように思うので、順調なら夏競馬も目指せるのではないでしょうか


「芯の強さは備えてない」のに「仕上がりは早そう」というのもよくわからない表現ですがともかくこの馬が一番最初に始動できそうです。まああとはハーツ×2、オルフェ、キンカメですからこの馬が一番早くてもおかしくはないのですが。

シーザリオ15
20170131B04.jpg
NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。跨っていると相変わらず素材の良さを感じさせてくれますが、まだ資質だけで走っているような印象を受けます。兄達に引けを取らない器の持ち主とみているだけに、今後もより高いレベルの走りを追求していくことで将来の飛躍に繋げていきたいと考えています。


今回の写真で見るとなんだかすごい馬体になってきましたね。母より父が出てきているのかもしれませんね。今年オークスが散れなかったら来年この馬で…あるかもしれません。
ともかく無事に行くことですね。

サッカーマム15
サッカーマム'15は、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1~2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「18-18では余裕を持って走っている部分を踏まえ、ここに来てペースアップを図りました。まだ始めたばかりと言う状況ながらスムーズに加速。無理せずに対応できているでしょう。特別な反動も見当たらず、気配を探りつつ本数を重ねる方針です」


「サッカーマムの子は気性がきつい」のだそうですがこの馬は今のところ何も言われてません。400キロなかった募集時から見れば444まで大きくなったといえるのですが、牡馬ですからもうちょっと大きくなってほしいところです。
スポンサーサイト

| 育成馬報告 | 23:43 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

シーザリオ15

いい感じですねー、全兄より馬体重あるし。
心配なのは足元だけですね。

我が軍は東サラ軍が馬体が小さくて心配です。
ヒルダズパッション15はいい感じですが。

| Nashwan | 2017/02/01 22:36 | URL |

Re: シーザリオ15

> いい感じですねー、全兄より馬体重あるし。
> 心配なのは足元だけですね。
>
> 我が軍は東サラ軍が馬体が小さくて心配です。
> ヒルダズパッション15はいい感じですが。

ホントに何食ったんだ?というくらいの成長ですね。今なら文句なしでシーザリオ15に行きますね。
今後が楽しみです。

| ルクソール | 2017/02/02 21:50 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>