Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

「明日は今日よりいい日になるだろう」。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

コルディス後報

クラブHPより

(高橋忠厩舎)
感冒のため、本日のレースは取消ました。
高橋忠調教師「きのう昼の時点で7度6分だった体温は20時半で8度、深夜2時半には9度まで上がってしまいました。熱はその後も下がらず、けさ6時すぎでも8度8分くらいあったので急患で獣医師を呼んで診てもらいました。獣医師は『咳はしておらず肺やノドに気になるところはない。四肢もすっきり見せていてフレグモーネの症状も見られません。一過性の高熱だとしても輸送もあるし、レースへの出走はや取りやめるべき』とのことだったので、予定したレースは残念ですが取消させていただきました。きょうのレースを楽しみにされていた方も多かったと思います。大変申し訳ありません。これまで獣医師や厩舎スタッフとできることは全部やってきたつもりでしたが、今回も防ぎきれませんでした。熱が上がっているので夜に与えた分のカイバは残していましたが、それ以外は風邪の症状も見られず、正直なところ原因がわかっていません。今後どう対処していけばいいのか考えていますが、隠れた病気もあるかもしれないので、まずは診療所でできる検査は全部やってもらいます。あとは時間薬もあるはずなので目標を立てず、時間をかけて薬も抜いて免疫力の回復を待つしかないと思っています。検査結果などはまた改めてご報告させていただきますが、きょうのレースに出走できなかったこと重ねてお詫びいたします」

【追記】19時30分
高橋忠調教師「再三に渡ってレース回避という結果に至ってしまったこと大変申し訳なく思っています。経過をお伝えしますと、朝に弱い抗生物質入りの静脈注射をしたところ、熱は午後になって8度1分まで下がりました。朝と昼に与えたカイバは完食するなど回復の兆しも見えてきています。熱発の原因はどこにあるのかを突き止めるため血液検査も行いましたが、数値自体には何の問題もなく、検査結果を見た競馬会の獣医師もなぜ熱発したのか不可解だと首を捻っていました。油断せず、あす以降も獣医師の診察を受けますが、このまま体調が安定していれば仕切り直しのため、次の火曜日に宇治田原優駿ステーブルへ移動させようと考えています」


本日私は先約で競馬場以外のところに行く用事がありました。
その前にガンバレ馬券だけでも買っていくかと9時30分ころ名古屋のWINSに行き馬券を購入しようとしたところ「この馬券は発売していません」とのアナウンスがされて始めて取り消しを知った次第でした。
その後尾頭橋の駅で列車待ってる間にクラブのHPをみた時点(9時40分ころ)ではもう上の方のコメントが入ってました。
東サラもやればできるじゃん!
否、義忠先生がどうしても伝えてくれと脅した強く要望したのかな。

それはさておきコメントですが…
ここまで詳細にを説明されるともう怒れませんねえ。これまでもあの手この手尽くしてくれてましたしね。しかもいつもは助手がコメントするのにちゃんと先生自らの名前でコメント出してますし。
この先生、本当に出資者の気持ちをわかっている先生ですね。

さて、テスト前のガキンチョよろしくまたまた熱出したコルディスですが…
検査の結果問題ないというのであれば、これは
レースが近いのがわかって熱出した
ということが考えられます。どこぞにはレース前になるとおなかが痛くなる馬もいるくらいですからね(笑)。

冗談はさておき、すぐ熱を出すというのは免疫力の弱さを考えてもいいと思います。
今は焦らずに体質の強化を待つしかないですね。
スポンサーサイト

| レース出走 | 21:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>