Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ルヴォワール1 ~春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに

本年度の開幕戦、予定では7日京都だったのですがコルディスがテスト前のガキンチョよろしく(苦笑)2度にわたって直前で熱発回避、1日遅れて8日中山となりました。
この日出てくるのは世代4頭目のデビューとなるルヴォワール、諸事情によりこの世代唯一のキャロ馬となっています。有力馬の新馬戦ですから口取り応募数も殺到し10/38という倍率、通常は当たらないはずのL氏はなぜか当選し「ユッキーと一緒に写真撮る」権持っての参戦になります。
なお、「ル・ヴォワール」ではなく単音節で「ルヴォワール」(再び見る=再会の意)ですのでお間違いなく。

20170109B (1)
今日のニッカン
前日のダート戦と迷っての出走で、ここにはサトノイチオクエン(仮名)がいましたが堂々の◎です。ちなみにルヴォワールは総額2800万円の募集でした。△つけてる痴れ者は見なかったことにしよう。

20170109B (2)
で、ガンバレ馬券

20170109B (3)
馬体重ドン! ルヴォワールは526キロで出走、540なんてのがいてメンバー中最重量にはなりませんでしたが、この子牝馬ですからねえ。ちなみに募集時は474キロでした。

20170109B (4) 20170109B (5)
出てきました。手塚家のTのマークが光ります。

20170109B (6) 20170109B (7)
私の馬見の師匠の1人がレジェンド橋口氏でその橋口氏が理想として挙げてるのがハーツクライ、私の節穴的にはこの馬は私の出資馬の中でも一番と言っていいほどハーツに似てると思ってます(あとケミチェンが似てましたが))。

20170109B (8)
ですので外弧歩様もしっかり(苦笑)、手塚先生はハーツ産駒に慣れてないのか「独特の脚運び」と言ってます。

20170109B (9)
この馬も三白眼ですがアンジュ様と違いガン飛ばしません(笑)。

20170109B (10) 20170109B (11)
ですが眠たいのかどんどん頭の位置が下がってきます(苦笑)。正直「元気ないなあ」と思いましたがね。

20170109B (12) 20170109B (13)
もう1頭のキャロ馬シェリトリンド、国枝師はキョーイクと言ってたようですが。

20170109B (14)
序列を無視して同厩のサトノイチオクエン(仮名)の後につけるという荒業に出ます。

20170109B (15) 20170109B (16)
そのサトノイチオクエン(仮名)、なかなかよくなってこないようですし、直前追い切りもイマイチだったよう。パドックでももっさりした感じです。

20170109B (17)
有力馬主夫妻に営業するノリ。

20170109B (18)
とまーれーでシェリトリンド、誰も来ません。そりゃー国枝師もサトノイチオクエン(仮名)だろうし。

20170109B (19)
手塚先生登場、預託はこの馬が初めてですがこの後にもおなじハーツ牝馬のスタイルリスティック15が行きましたから責任重大です。

20170109B (20)
ユッキー登場

20170109B (21)
表情を読まれたくないのか幸騎手みたいに早々とゴーグルをかけてしまいます。

20170109B (22)
わが軍への騎乗はこれが2回目、セシリアのラスト3戦ですべて違う馬でセシリアと着順が前後するなどどちらかというと「セシリアの宿敵」というイメージが強いんですがね。

20170109B (23)
本馬場入場

20170109B (24) 20170109B (25)
後で出ますがこの馬フォームが特徴的なのですが、ここはあまりスピードが上がってないせいか普通のフォームです。

20170109B (26) 20170109B (27)
こちらはシェリトリンド、「美しい空」の意だそうですが今日は曇天。

20170109B (28)
人気は結局ルヴォワールが1番人気…新馬戦1番人気はリ○ラ以外は全部勝ってるんですが果たして?

20170109B (29) 20170109B (30)
レース、ルヴォワールのスタートは速くないのですが二の脚が良くほしいポジションを取れたようです。対してシェリトリンドは後ろから。

20170109B (31) 20170109B (32)
1周目、ルヴォワールは5-6番手あたり、サトノグリーンの動向が気になるところかな。

20170109B (33)
サトノイチオクエン(仮名)は後方から

20170109B (34)
シェリトリンドは最後方です。

20170109B (35)
この時期の2000の新馬戦にしては流れている方か。

20170109B (36)
3コーナー、サトノイチオクエン(仮名)は頭が高いのですがルヴォワールは頭が低いのがわかります。

20170109B (37) 20170109B (38)
直線向いたところ。ちょっと苦言を呈するとしたらこのあたりでユッキーは無理に外に出そうとして他の馬にぶつかってます。そうならないように前もって位置取り考えなきゃ。

20170109B (39)
このあたりで先頭に立ってるようです。

20170109B (40) 20170109B (41)
外からさすが良血馬サトノイチオクエン(仮名)が来ますが。

20170109B (42)
寄せ付けず1着でゴール(ゴール前の写真はタイミングが合わずありません)。

このあと口取りがありましたので写真はありませんが、レース中に右前を負傷したとのことで手塚先生は気にしてました。
あ・と! 1名No Showでした。10/38通っててこれはいかんでしょう。

20170109B (43)
ゼッケンです(公序良俗に反する部分はモザイクを入れてます)。
この日はM田さんのほかL氏にレイズ君を売りつけたN島部長も参戦でした。後日会報見ればわかりますがやたら来てた人が多かったですね。この日は横断幕ありませんでしたができるのは時間の問題かと。

公式HPより
手塚厩舎
8日の中山競馬では好位の内を追走し、じっくり進めて4コーナーで外に出す。直線で追われると2着馬に前を譲らず優勝。
「ありがとうございました。落ち着いてレースに臨めましたし、上手に走ってくれました。折り合いもつきますし、テン良し、終い良しと文句のない走りをしてくれました。4コーナーではちょっと強引な形にはなりましたけれど、馬の能力が高くないとそれもできませんでしたし、馬の力で勝ったようなものでした。調教で乗せていただいた時から良い馬と思っていましたし、これからもとても楽しみです。独特な脚の運び方をする馬でレース時にぶつけて外傷してしまったのですが、何とか順調に行って欲しいです。ありがとうございました」(石川騎手)
「前脚を開き、回すように運ぶ歩様の馬ですし、何とも言えないところがありましたけれど、調教を重ねてきて段々と良くなってきたんですね。天栄ではまだ掴みきれないという話を聞いていたのですが、再入厩後の動きは良かったので結構楽しみにしていたんです。ゲートは直前の練習の時にそこまで速くなかったのですが、極端に遅くて馬群から離れるようなことにはならないということを確認できていましたし、2000mということを考えても心配はしていませんでした。結果、スタートから上手に対応してくれ、きっちりとデビュー戦を勝利で飾ってくれましたね。レース前は国枝さんのほうが人気するかなと思っていたのでルヴォワールのほうが1番人気に推されていてプレッシャーを感じていましたけれど、勝てて良かったです。ただ、レース後、右前脚の内側に外傷を負って出血していました。蹄冠部あたりのところで、レース直後の歩様は問題ないものの後々痛くなるかもと心配しましたが、厩舎地区に戻って改めて確認すると傷自体は深くなく蹄冠の上っ面を切ったくらいでした。おそらく少し時間をかけてあげれば大事には至らないと思いますが、油断せず数日かけてよく観察していきます」(手塚師)
当初は掴みきれないところもあり半信半疑ではありましたけれど、稽古を進めていく中で動きに良さを見せだし、これなら勝ち負けになるのではないかという状況になってきました。検討した結果ダート戦ではなく芝でのデビューを選択し、見事初陣を勝利で飾ってくれ、今後更に楽しみにさせてくれました。脚を回す走りをする馬のため自身でぶつけて外傷を負いレース後出血していましたが、とりあえず大事には至っていないようです。ただ、傷云々は抜きにして負担等を考えると慎重に接していきたいと思います。まずは経過を観察していきますが、おそらくいったん放牧に出して今後に備えていくことになるでしょう。


公式コメントでは端折ってますがユッキーはちゃんと「テンよし、中よし、終いよし」と言ってたようです。課題はあると思いますが、その状況で牝馬には厳しい条件の新馬戦完勝なのですから今後が楽しみです。傷についてはレクの時点では「深い傷」と言ってたのですがそれほど大事にはならなさそうですね。ただ蹄の内側ということは自傷でしょうからこの辺よく注意してあげないといけないでしょうね。ともかくオークス3頭だし…まったくの夢物語でないかもしれませんね。
この馬はグラニーズチップスを最優先にして一般で申し込んだのですがそれでも取れた馬でした。入厩後に「体力不足」を指摘されて天栄に送還、トーンの上がらない日が続いていましたが実戦で変わるタイプのようですね。先生もまだつかみ切れていない印象ですが丁寧な感じがしますしちゃんとやってくれるでしょう。ここでハーツ産駒の経験を積んでくださいね(笑)。

記録面ですが
・世代3頭目の勝ち上がり
 東サラ2頭が先抜けしたのは前世代と同じ展開、前世代はここからロードとキャロがなかなか勝ち上がらなかったのですが、この世代はさっさとキャロが勝ち上がり早くも勝ち上がり率3/5に。残ったのはロードの2頭ですが果たして?
・新馬勝ち  10頭目
 キャロットではなんとフィックルベリーに次いで2頭目
 ちなみにほかは友駿3頭、東サラ4頭、ロード1頭
・開幕戦勝利  2000年、2014年につづき3度目
 2014年はご承知のとおり18勝の大爆発、これはもしかすると…
・石川騎手&手塚先生 初勝利
 手塚先生は高橋義忠先生につぐデビュー戦初勝利です
そ・し・て!
・フィックルベリー系&大久保龍志先生様以外のところのキャロ牝馬が初勝利!
 キャロ牝馬は5勝目ですがこれまでフィックルベリー2勝、アプリコットベリー2勝でしたからね。間にはレイズ君の姉やハープスターの妹とかいたわけですが。
スポンサーサイト

| レース出走 | 15:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ルヴォワール

 優勝おめでとうございます。

 楽しみな馬にまた出会えましたね。
 次も勝ちあがれますように。

| 玉ちゃん | 2017/01/09 21:25 | URL | >> EDIT

Re: ルヴォワール

>  優勝おめでとうございます。
>
>  楽しみな馬にまた出会えましたね。
>  次も勝ちあがれますように。

ありがとうございます。
本文でも書きましたがこの子はハーツに似てると思って出資した馬です。
大きな馬で足の運びがスムーズでないので、ともかく無事にいってほしいですね。

| ルクソール | 2017/01/10 20:21 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>