Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2016回顧 下半期

昨日に続き後半戦

文月
10戦 1-0-0-3-1-5
4勝目も…大量出走の割に成績が伴わず
(トピックス)
・ガケップチーズ苦戦その1
 次は必勝と思われたセレリティは中京でまさかの4着、次が6戦目、調子落ちを懸念した総帥は9月のスーパー未勝利を期して休養を主張しますが…結果は葉月編。
・ガケップチーズ苦戦その2
 先月3着と光の見えたチュチュは5着→7着と緩降下、もう6戦しスーパー未勝利に出られないため小倉で最後の勝負…にでるはずですが。
・ガケップチーズ苦戦その3
 苦しむ2頭を横目にリュラはユーガに北海道で放牧中、そんな悠長に構えてていいのかねえ。
・勝ちたかったら前に行け! 
 この月唯一のGood Newsがこれ。カワス君が積極的な先行策でアンジュ様に2年ぶりの勝利を呼び込みました。

葉月
4戦 0-0-0-0-0-4
一転して沈黙、出走も少なければ掲示板なしというように成績も最悪(>_<)
(トピックス)
・レグぼん障害挑戦
 かねてから障害練習の文字がちらついていたレグぼんがついに障害出走…でしたが障害戦でもめったにお目にかかれぬ9.1秒差という超大敗(これは大敗のクラブレコード(>_<))。もはや打つ手なしか?
・セレリティ終戦
 総帥の制止も聞かずハッシーはセレリティの小倉への出走を強行、岩田神も抗議のためレースをボイコットし大敗終了、地方行きが発表になります。どうなったかは師走編にて。
・暗い土曜日in Sapporo
 セレリティが終戦を迎えた日、満を持した上に万全を期してモレイラを確保して登場してきたリュラですが直線イヤイヤして大敗、時期的にもう芝のレース出走は困難であり事実上終戦。だからそんな悠長に構ええてていいの?って言ったのに
・抽選なんて嫌いだぁ
 赤組、青組ドラフトがありましたが、今年も阪神同様抽選に苦しむわが軍、青組はアーティストの子が外れてマムの子、赤組は2頭確保も抽選になったピクシーの子は外れて屋根の上のダンサーの子を指名しました。

長月
6戦 2-0-0-0-2-2
史上初、1日2勝で前年の勝ち星に追いつく
(トピックス)
・9/24はナントカ記念日
 雨模様の9/24、中山でレイズ君とシルヴィが出走、ともに僅差ながら勝利をおさめわが軍史上初の1日2勝達成。そしてこれまで主場で唯一口取りのなかった中山でよーやっと口取り達成となりました。なお同日阪神であった出来事についてはどうか御内密に。
・悲報 晶ちゃん先生絶縁! 
 小倉で最後の勝負に出たチュチュ、追えない子鮫Ⅱに重いチュチュを動かせるわけもなく終戦、やる気のない態度に終始した晶ちゃん先生についに三行半を突き付けました。
・二兎追うものは…
 緑組ドラフト、×1で悲願のザリオシーの子をゲットするも、両取りを欲張った一般申込みのシンハリーズの子は落選、どうやらキャロは私を引き留める気がないようです。

神無月
7戦 1-0-1-0-0-5
2頭も登録抹消馬が出た一方、新馬勝ち1頭、行く馬来る馬ですな
(トピックス)
・さらばリュラ!
 8月の札幌で事実上終戦になったリュラ、アリバイ作りでダートのスーパー未勝利に出走するも予想通り大敗、即日終戦が宣告されました。いろいろベンキョーになった馬でした。この経験がザリオシーに生かされればいいのですが。
・まさかのレグぼん戦力外通告
 リュラの翌日今度はレグぼんも戦力外通告、仮にも1勝馬なんですが未勝利馬並みの速度で登録抹消。もっともその後も地方馬相手に大敗を繰り返しその判断があながち誤りでなかったことを見せてるのですが(苦)
・コルディス新馬勝ち!
 リュラが去った翌週、さまざまなジンクスをはねのけてコルディスが新馬勝ちを飾ります。奇しくもレースは1年前リュラがデビューしたのと同時期同条件のレースでした。

霜月
5戦 1-0-1-0-0-3
出走数少な目で厳しい月でしたがベリ子復活の勝利で8勝目
・ベリ子復活
 初出走となる福島に出走したベリ子、わが軍好相性の元気の好騎乗でこれも1年半ぶりの勝利を挙げます。この次の昇級戦も差のない4着として「もしかして充実期?」と思わせる好調ぶり。
・アンジュ様電撃引退
 中2週→中1週と強行スケジュールで秋の京都3戦したアンジュ様、何もなければ…と思ったのですが危惧したとおり屈腱炎で電撃引退…、ロード脱退へ一歩前進

師走
7戦 1-1-0-1-0-4
最後の攻勢に出た12月、1つ勝つも目標の10勝には届かず
(トピックス)
・これからは赤の時代?
 初戦3着のジェノヴァが好メンバーのそろった未勝利戦を快勝、昨年に続き東サラ勢が早々と完全勝ち上がりを決める展開に。勝ち上がりもうれしいけど田辺君が高く評価してるのもいいね!
・レントラー駄馬化に歯止めかからず
 ベリ子が勝ったことで3歳以上では唯一の500万下になってしまったレントラー、秋に入って2戦目でしたが連続12着で500万下のクラスが相応であることを証明してしまいます(号泣)。
・ブレイクにはほど遠いデビュー戦
 ブレイクが2歳馬3頭目のデビューしますがあまり期待できそうもない完敗で暗雲が立ち込めます。
・セレリティが帰ってくる!
 暮れも押し詰まった26日、大井でセレリティが2勝目をあげ、ギリギリで年内中央返り咲きを決めました。レベルの高い大井のそれもB3級で勝つのですからやはり並みの未勝利馬ではないですね。
そ・し・て! 復帰後の厩舎は今季7勝しかできなかった無策先生ではなく今季22勝のみずきちゃんとなるそう。やはりロード首脳も並みの未勝利馬でない馬を未勝利に終わらした手腕を疑問視してるんでしょうね。

結局今年は81戦 9-3-9-12-5-43 で終了
去年より20戦ほど出走数は減りましたが勝ち星は3勝上回り、勝率10%はクリアしました。
ただ、9勝がすべて違う馬とわが軍の「広く薄く」を象徴するような成績ですね。いつも書いてますがわが軍はアベレージは低くてもいいから一発狙いでいってるんですが、現状は逆の方向に行ってます(>_<)。

2016/12/31現在のラインナップ

(オープン)
エルマンボ

(1600万下)
レイズアスピリット

(1000万下)
ロードヴォルケーノ
アプリコットベリー
レッドウィズダム
レッドシルヴィ


(500万下)
レントラー
ロードセレリティ

(2歳500万下)
レッドコルディス
レッドジェノヴァ


(未勝利)
ロードブレイク

(障害オープン)
レッドヴィーヴォ

(新馬)
ルヴォワール
メロウハート

(育成)
スタイルリスティック15
ジューシージーン15
ダンスオンザルーフ15

シーザリオ15
サッカーマム15


こうしてみると1頭減ってもまだ1000万下が多いですね。
セレリティが500万下にランクづけされましたので唯一の降級馬だったはずのレン某が単独最下位ではなくなりましたが、おそらくセレリティは500万下くらいなら楽抜けしそうな感じ、レン某が単独最下位になるのも時間の問題でしょう。

最後にG誌っぽく

(おつかれさん)
【繁殖】ルアンジュ、リュラ
【地方】レッドクラリス(笠松 ※現船橋)、クラシカルチュチュ(園田)、ロードレグナム(船橋)

2016回顧はこれで終わり、明日は第1回ルクソールアワードの受賞者並びに受賞馬を発表します。
スポンサーサイト

| 成績 | 15:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>