Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

エルマンボ14 ~俺のエルマンボがこんなにおとなしいはずがない!

日曜日の阪神、オープン2走目となるエルマンボが11人目の騎手ミルコを迎えて21戦目の(つまり一人平均2走も乗ってないということ)ベテルギウスSに出走してきました。

20161219B (1)
今日のニッカン、前走が前走なだけに10頭立てとはいえ印は薄いところ、否印がついてるだけマシでしょうか。

20161219B (2)
ガンバレ馬券、堂々のオープンバージョン

20161219B (3)
馬体重ドン! 前走と同じ542キロですが、今回は阪神に輸送してのものだけにあまりよろしくない傾向かと。ホーリーは太いと言ってたのですから減ってるくらいでないといけないかと。

20161219B (4)
出てきました。

20161219B (5)
いつもの小柄な厩務員さんですが。

20161219B (6)
 20161219B (7)
なんかようすがヘンです

20161219B (8)
こんなことする馬でしたっけ?

20161219B (9)
こんな涼やかな眼の馬でしたっけ?
エルマンボと言えば

20160906B (6)
こうでしょ

20161219B (10)
決定的にダメだと思ったのはこのシーン、こんなに前と離れる馬ではありません。

20161219B (11)
歩くのが遅くて前と離れるから何回もショートカットしてました。
初めて見た時もそうでしたが、この馬もっとオラオラ感が出ている馬のはずなんですが…この日はオーラを感じませんでした。

20161219B (12)
もう一頭のキャロ馬ドレッドノータス、アンドロメダS2着のあと初ダート戦でここを使うという…私のような凡人には開成高校出の調教師様の考えてることはさっぱりわかりません。結果? 触れぬが花。

20161219B (13) 20161219B (14)
まあ芝ダ以前にこんなちゃかついていてはしょうがないのでしょうが。

20161219B (15)
とまーれーですが誰も来ません、

20161219B (16)
まずはドレッドノータス

20161219B (17) 20161219B (18)
完全に下を警戒してる走りです。ちなみにハービンジャー産駒のダート勝率は3%だそうです。開成高校出の秀才先生、これは学校では習わないことですが知ってました?

20161219B (19)
そしてエルマンボ、すぐGo!なのはいつものことですが…

20161219B (20) 20161219B (21)
やはり行きっぷりは今一つ。

20161219B (22)
スタート、やや遅れ気味ですが問題ないでしょう。

20161219B (23)
ドレッドノータスはハナに立つ勢い、初ダートですから当然でしょうね。

20161219B (24)
エルマンボは後方から、阪神2000は芝スタートですから予想はしてた展開。

20161219B (25)
前走逃げたミツバはエルマンボより後ろから。これも私は予想してましたが、ノーナシTM連には予想外の展開だったかもしれません。「ミツバ逃げ切り連勝!」とか書いてた新聞もありましたなあ。
ちなみになぜそう思ったかというと、ノリは一流の騎手だからです。
私の一流の定義…①二度同じ失敗はしない ②二度同じ手は使わない ですので。

20161219B (26)
3コーナーのあたり、この辺でエルマンボの手が動くのはいつものことなんですが。

20161219B (27)
直線、後方でもがくキャロの勝負服2頭、乗ってるのがルメールとミルコと言う。

20161219B (28)
この後の写真は見ての通り寄りすぎて失敗。ミツバが追い込んで連勝、エルマンボはレースに参加してた馬の中では最下位の8着、ドレッドノータスは…(自粛)

公式HP
堀厩舎
18日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団で進める。勝負どころからはモタれてコントロールしづらそうなところも見せてしまい、最後は流れ込むように8着。「返し馬ではとても軽いフットワークで、これはやれると手応えを感じましたし、スタートも良くてこれならと思ったんです。でもちょっと怖がりなところがあるのか、途中からずっとモタれるようになってしまって、何もできませんでした。力のある馬なのは間違いないですし、チャンスがあればまた乗せていただきたいです」(M.デムーロ騎手)
「今日は中山競馬場に臨場していたので直接確認できていないのですが、どうもモタれるのを直しながら走っている様子でした。直線でもまだ脚は残っていそうだったものの、そのモタれを気にしてか無理には追っていなそうでしたからね。まずはレース後の状態をしっかりと確認したいと思います。いい走りをお見せできず申し訳ありません」(堀師)
今日は他馬を気にしたせいかモタれて追えず残念なレースになってしまいました。ただ、ジョッキーもかなりの力を感じ取っていましたし、スムーズに走れれば結果はまったく違うでしょう。今日は力を出せませんでしたが、また今後の巻き返しに期待したいと思います。この後は馬の状態をチェックして、どうするか検討します。


実は直線半ばで珍しく「ミルコ、まじめにやれよ!」と叫んだくらいでした。モタれていたねえ。
まあここはミルコの言うことを信じましょうか。
ところで某紙によれば戦前陣営は「クラス慣れが必要」と言ってたそうです。それが本音なんでしょうね。
キャロも「力のある馬」とか大本営発表みたいなコメントはやめて、事実を明らかにすべきでしょう。正直このところのキャロは営業感が強くなってきたような気がするだけにね。

で、エルマンボですが…四の五の言ってないで騎手を固定しなさい! 以上!

この後は2、5、11Rの予定です。
今週は700戦記念特集もありますのでできるだけ早期にあげたいと思いますが…
スポンサーサイト

| レース出走 | 21:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>