Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(12/9)

先日落馬で鎖骨骨折の重傷を負ったF永Y一騎手ですが、グローブシアターとジュヴァルグランにのりたいと有馬の週で復帰するそうです。
かっては骨折線がレントゲンにうつってるのに医者を脅して2週間で復帰したミナイ騎手なんて例もありましたが…
本当に大丈夫なんだろうな?

休んでたら他の騎手に馬を取られるというのもわかるのですが、一方出る以上はどんな状況だろうと一切言い訳できないのがプロというものと私は思います。ミナイ騎手は復帰した週にタマモクロスで天皇賞を勝ちましたが、こっちはもともと言い訳の多い騎手だけに心配だなあ。

レッドヴィーヴォ
(ミホ分場)
マシン60分、ダク1200m、キャンター1800mを25-25秒。馬体重477キロ。
担当スタッフ「右前の硬さは徐々に取れて来て、歩様も良くなって来ているので、今週からキャンターを入れて乗り始めました。背腰にまだ張りは残っていますが、そのあたりはしっかりケアして進めています。今まで軽めだったので、元気が余ってうるさいところを見せていましたが、乗り始めたことで徐々に治まって来ています」


取っちゃってる以上走り続けるしかないのですが、この馬も明ければ7歳、あまり結果が出ないようなら引退を考えていただきたいと思います。無駄に引っ張られるというのは私が最も嫌うところであります。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重530キロ。
牧場スタッフ「この中間も週に2本速いところを消化するなど調整は順調です。息も出てきていますし、前向きさも出てきました。動きに関しては言うことはありません。あと数本こなせば態勢は整うはずです」


細かいツッコミですが、息はどの馬でも出てなければ死んでますよ(笑)。おそらく「息もできてきています」と言いたかったのだと思われますが(笑)。年内帰厩、年明け競馬という感じですかね。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター1800m、坂路1本。馬体重498キロ。
牧場スタッフ「見た目はまだ細く映りますが、それでも先週から20キロ近くは増えています。今週は毎日F18秒ほどのペースで乗っています。水曜日にはしまいだけサッと伸ばしましたが、柔らかくて軽快なフットワークで走っていました。帰厩予定は来週火曜日になりそうと聞いているので、あすは坂路で17-15-15を消化し、最終調整に入ります」


そろそろ戻しそうですね。やはり福ナンチャラ特別なんでしょう。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:15 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いっくん

正直、グローブシアターは同じ時期のエピファネイアはおろかリオンディーズの域にも達してないと思うので、いっくんが万全でも厳しいと思うんですよね。
既にノースヒルズのカデナがいて、グローブシアターがクラシック路線に乗ったとしても乗り替わられる可能性が高いなら無理してまで乗って欲しくないです。
ジュヴァルグランだって、普通に乗っても有馬は勝てなさそうだし。
まあ、彼もプロですから非難されて自分のコラムで言い訳することも覚悟の上なんでしょうかねー。

| Nashwan | 2016/12/10 00:01 | URL |

Re: いっくん

> 正直、グローブシアターは同じ時期のエピファネイアはおろかリオンディーズの域にも達してないと思うので、いっくんが万全でも厳しいと思うんですよね。
> 既にノースヒルズのカデナがいて、グローブシアターがクラシック路線に乗ったとしても乗り替わられる可能性が高いなら無理してまで乗って欲しくないです。
> ジュヴァルグランだって、普通に乗っても有馬は勝てなさそうだし。
> まあ、彼もプロですから非難されて自分のコラムで言い訳することも覚悟の上なんでしょうかねー。

角居先生は福永を乗せようとするでしょうがね。
福永に言いたいのは非難されても言い訳するなということですね。武が偉いのは絶対言い訳しないことですからね。

| ルクソール | 2016/12/10 21:56 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>