Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(12/6)

私が良く見るサイトにビリオンチケットというのがありまして、騎手の年度の制裁点の状況がわかるようになってます。
これ見ると制裁点の多い人、少ない人がよーーーくわかります。
現在リーディングを走る戸崎はなんと制裁ゼロ、このままいけば「特別」模範騎手賞受賞です。そしてルメール神は18、乗り数から考えればまあしょうがないところでしょうか、でも4位のユーガも制裁点ゼロなんですから改善の余地はありそうですね。
もっとも他にもっと酷いのがいるわけなんですが。
ミルコ! あんただよ!
今年2回再教育受講…常日頃デ台よりルメール神の方がうまいと言ってますが、こういうところにも表れてると思います。

ちなみに新人君はヘタッピィですから制裁が多いのもしょうがありませんが…コーヤが再教育2回受講、リューセーが14点、極君が18点ですから際立ってます。でもコーヤは43勝もしてるくらい乗り数が多いからねえ。中には7勝しかしてないのに再教育2回受けてる新人君もいます。
カズキ君! あなたのことです!
勝てないわ人の邪魔するわじゃメーワクこの上ないですな。「若き制裁王」の称号を贈られないように精進してください。
かって「若き制裁王」といわれたカワス君は今年はまだ再教育なしで踏ん張っているのですよ。

ちなみに短期のジンガイさんで見ると騎乗停止くらったアッ銭は当然23点で多いのですが、騎乗停止のないシットルケがなんと21点、やはり向こうではどうだか知らないけど日本ではターヘな騎手と言ってよさそうです。

ただ問題は「制裁の多いジョッキーは乗せない」と考える馬主が少ないこと。制裁食らっても馬主は痛くもかゆくもないからね。日本の馬主って海外の馬主ほどステイタスがありませんから

レイズアスピリット
上原厩舎
6日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「ここまで時間をかけてじっくりと調整を行ってきました。少し間がありましたが調子を崩すこともなくじわじわと目標に向かって進められたと思っています。今週送り出すことになりましたから後は無事にトレセンでの調整を積み、競馬へ向かってほしいですね」(天栄担当者)
「先週末あたりに入れることも考えていたのですが、これまでのパターンもありますし、今週あたまの検疫にスライドして入厩させていただいています。そうは言っても前回より少し間も空いていますから、明日から動かしつつ状態をしっかり把握し、仕上げ方を考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(上原師)


上原先生、お願いしなくても自分の考えるようにやればいいんですって。それと戸崎確保してくれてるのかなあ。だいぶ前から目標ここと言ってたわけですしね。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「調教を進めてきていますが、それに伴って少しずつですが動けるようにもなってきているのかなという感触も得ています。馬自らハミをグイグイ取っていくと言うタイプではないので距離はある程度あった方がいいのかなとは思いますが、そのあたりはトレセンへ入れて考えてもらえればと思っています。おそらく年内の入厩になるのでしょうし、移動までじっくりと調整してより良い状態にしていきたいです」(天栄担当者)


少し前進したんでしょうか。年内帰厩と言ってる割にはペースが遅い気もしますがね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、滋賀・グリーンファーム在厩。ウォーキングマシン30分、ダート坂路コース・ダク600m×1本→キャンター600m×2本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「来た当初は幾らか気持ちが昂ぶっていました。でも、だいぶ落ち着いた感じに。ウチの環境に慣れたのでしょう。強い稽古を交えつつ、順調に乗り込みを消化。準備OK・・・と言えそうです。そう遠からずに移動の段取りが組まれるのでは・・・」


出られるかどうかは別として私は12/23のクリスマスキャロル賞だと思ってます。ダメなら年明けでしょうね。もっともそろそろ違う条件を試しても…と思うのですがこの先生はガンコだからなあ。

メロウハート
メロウハートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1200m。
・当地スタッフ 「右前脚の具合を確認しながらダクを踏んでいます。今のところは休養の原因となった蹄は大丈夫。徐々に症状が落ち着いて来ており、乗っている際に違和感を覚えません。ハッキングを取り入れるタイミングを検討。引き続き、慎重に進めましょう」


どうやらこの馬が一番最後のデビューになりそうです。それでも新馬戦のあるうちにはデビューできそうなんですがね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

降着がほとんどないですからねー

制裁が多くても大レース勝ってくれる騎手を選んじゃいますよね。ミルコしかり池添しかり浜中しかり。
一時のいっくんは制裁多い割に大レース勝てませんでしたがwww。

我らが上原先生、戸崎キープ頼みますよ、本当に。

| Nashwan | 2016/12/07 22:09 | URL |

Re: 降着がほとんどないですからねー

> 制裁が多くても大レース勝ってくれる騎手を選んじゃいますよね。ミルコしかり池添しかり浜中しかり。
> 一時のいっくんは制裁多い割に大レース勝てませんでしたがwww。
>
> 我らが上原先生、戸崎キープ頼みますよ、本当に。

「馬主に罪はない」ってことなんでしょうが、現状騎手が制裁食らおうが馬主は痛くもかゆくもないわけで、「制裁してでも勝ってこい! そうでなければ乗せない」と言われたら騎手はどうしようもありません。

いつか書いたように馬主が多少なりとも申し訳ないような顔してれば格別、現実そうじゃないですからね。JRAが馬主へ払う賞金は減額することができないのだから馬主連合会が考えなきゃいけないことだと思います。

| ルクソール | 2016/12/08 21:28 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>