Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

天使よ 故郷を見よ

ルアンジュ
ルアンジュは、千葉・ケイアイファーム在厩。ここに来て右前脚に腫れ、熱感が認められます。精密検査を受けたところ屈腱炎との診断が下されました。今後について調教師と意見を交えた結果、中央競馬の登録を抹消する方針が決まりました。長い間ご支援を下さいまして誠に有り難うございました。
・当地スタッフ 「乗り始めようと思った矢先、どうも右前脚がモヤモヤと。エコー検査を行なったところ、屈腱炎との診断でした。時間が経ってから症状が表に出るケースも。ウチでは跨っていないだけに、恐らく前回のレースで故障したのでは・・・。本当に残念」


今週出走してないアンジュ様が土曜日の更新…こういう時はロクなことがないんですが、やはりその通りでした(>_<)
アンジュ様、屈腱炎発症で急遽引退決定だそうです。
夏に新馬以来の2年ぶりの勝利を挙げてこうやればいいというのが見えてきて、気性もおとなしくなってきてさあこれから…というところでの引退…
くやしいですぅ!

アンジュ様との出会いは3年前の初参加のロード1歳馬見学(当時は募集馬見学ではなかった)ツアー、1歳馬展示の中で1頭目に留まった馬がいた…というところから始まりました。


父マンカフェで胴長に見えたんでステイヤーかなと思っての出資でした。

デビューはそれから約1年後の夏の中京、ステイヤーという見立てをあざ笑うかのように気の悪いところがあるということで1600戦でのデビューでした。


アンジュ様と言えばやはりコレ、トレードマークのメンチきり(笑)。「ヴィーヴォの右」と同じで三白眼なんでにらんでるように見えるんですね。ちなみに弟も同じ目をしています。

20140720D20D90.jpg 20140720D28D90.jpg
ここで起きたのが有名な「カワス騎乗拒否事件」(え? 知らない? 次の試験に出ますから覚えておくように)。これをみたL氏はエリカ様にならってこの馬をアンジュ様と呼ぶことにしました(笑)。

20140720D34F10.jpg
いろいろありましたが見事新馬勝ちを収めましたの図。

レクではやはり気性の問題を指摘、当面1400くらいだろうという話でした。
ここでカズヒデ先生は年末の大一番を見据え、また気性の成長を促すため放牧を選択しました。

戻ってきて初戦がファンタジーS(あの「17秒」の日でしたなあ)、ここで惨敗しG1をあきらめ暮れの中京のつわぶき賞へ、ここで5着とし、さあ来年はクラシックにのるぞーと思ったのですが…

ここで2つ目の事件が発生、「カズヒデ謎の放置プレイ事件」。
アンジュ様の三走目はオークスも終わった5/31、4走目はさらに後の8/31、故障したわけでもないのに何してんねん!とカズヒデ先生に非難殺到した時期です。結局この謎の放置プレイについての真相は語らずじまいです(一説にはたまった3歳未勝利馬の処理を優先したからだとか、結果としてこの年カズヒデ先生は大きく成績を落とします)。

3歳未勝利馬が捌けた秋口からアンジュ様もやっとコンスタントに使うようになってきますが、1200を使うだのダート使うと言ってみるだのカズヒデ先生がメーソーしだし、わが軍天敵のコーヘーのマズい騎乗もあって結局降級までに2勝目をあげることができませんでした。

転機があったのは7月の函館戦、いつもは中京で乗るカワス君が函館開催だけ乗りに来たため実現したコンビ

20161203A01.jpg
カワス君ガッツポーズするの図。
アンジュ様の通過順を見ると11-11-1-1、教科書通りの3角マクリでした。これで直線タレると思ったのですが逆に突き放しましたからね。ルメール神の言葉もあったし、もしかすると誰かさんの見立て通りステイヤーなのかもしれません。が…結果としてカワス君とのコンビもこれが最後になってしまうとはこの時思いもしませんでした。

一息入れて秋初戦の昇級戦、ローカル主戦のカワス君は中央に乗りに来ずヤネは初騎乗のユースケでした。

20161016A (24)
ユースケは馬に逆らわず途中でハナに立ってしまい、「おいおいマジかよ?」と見てたのですが直線粘って3着、このクラスでも展開さえ合えば…というところを見せます。

ここでカズヒデ先生は中2週で同条件のレースを選択、バルザの消極的騎乗で6着に敗れると、すかさずルメール神を確保して中1週でレースに臨みます。正直少々無理じゃねーの?と思ったんですがね。結果的にはやはりムチャだったと言われても仕方ないでしょうね。

20161106B (19)
結果的にこれが最後のレースになってしまいました。

この馬について言えば
馬は頑張った、でも先生は…
というところです。もうちょっとうまくやってればクラシックに出れたと思うし、もう1勝くらいはできたと思います。まあそういう先生だからあれだけ預託があったロードから切られてしまったんでしょうが…。

で…1年ばかり早い引退になってしまいましたがなったことはしかたありません。いい子を産んでと願うばかりです(いい子が生まれてもハハウマユーセンケンは行使できませんが(苦笑))

20161203A02.jpg
最後の1枚、新馬戦の口取りです。実はこの時も暴れてたのですよ。カズヒデ先生は「アーちゃん、大丈夫だから」と言ってましたね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 18:56 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ルアンジュ引退

 こんばんは
 ルアンジュ号、よく頑張ってきましたが、故障は残念。でも牧場に帰れるのなら牝馬としては幸せでしょう。
 ルクソール様にとって馬券では貢献してくれていたのでは?

 良く見えたノルマンディですが、まだ出資した2歳はデビューできません。

| 玉ちゃん | 2016/12/03 21:29 | URL | >> EDIT

Re: ルアンジュ引退

>  こんばんは
>  ルアンジュ号、よく頑張ってきましたが、故障は残念。でも牧場に帰れるのなら牝馬としては幸せでしょう。
>  ルクソール様にとって馬券では貢献してくれていたのでは?
>
>  良く見えたノルマンディですが、まだ出資した2歳はデビューできません。

いつも言ってますがこの子とヴォルケーノがあの時に勝ってなければとうの昔にロード退会してたはずでそういう意味では因縁の馬ですかね。
ちいとばかし早い気がしますが確かに牧場に帰れたことは良しとしなければいけないのでしょう。今日も新馬戦で予後った馬がいたわけですしね。

| ルクソール | 2016/12/03 22:10 | URL |

いきなりでしたねえ(^^;私は気付いたの今日です。

今でも思うのが100回あったら100回ルージュバックじゃなくルアンジュを選ぶ、それくらい見た目は良い馬だったと思います。(目つきは除く(笑))おそらくサッカーマムの後継として母になれるでしょうから生まれ故郷で良い子を産んでほしいですね。

| firstroad | 2016/12/04 21:09 | URL |

Re: タイトルなし

> いきなりでしたねえ(^^;私は気付いたの今日です。
>
> 今でも思うのが100回あったら100回ルージュバックじゃなくルアンジュを選ぶ、それくらい見た目は良い馬だったと思います。(目つきは除く(笑))おそらくサッカーマムの後継として母になれるでしょうから生まれ故郷で良い子を産んでほしいですね。

レースに出てなければ土曜日の更新は見ないですからねえ。私もNet競馬の書き込みで知った次第です。
そういえばルージュバックの募集時は記憶にないんですが、確か2次まで売れ残ってたんですよね。馬体のいい馬が走るわけではないですしこればっかりはわかりませぬ。

ところで、弟にはいかないのですか? 中村GMによればこの馬が世代一番馬らしいですよ。

| ルクソール | 2016/12/05 21:23 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>