Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

5回京都1日目 7R

この日はなんと7Rまで新馬戦、5Rから3つ新馬戦があったのですね。新馬戦は1日2Rで十分だと思いますがね。

20161107B (1)
そこでデビューしたのがキャロのアロマドゥルセ、DI産駒ですから当然Out Of 眼中

20161107B (2)
出てきました。

20161107B (3) 20161107B (4)
なんでもF永が毎日乗りたいと言ったとか言わないとか。このレースには何頭かDI様が出てますがこの馬が良く見えましたね。

20161107B (5)
ただし人気はこのクリアザトラックの一本かぶり、母クロウキャニオンですからカミノタサハラとかの弟ですね。

20161107B (6)
これを見た瞬間に角居厩舎の馬だとわかればスミイ検定1級を差し上げましょう(笑)。

20161107B (7)
こちらもDI産駒のロードソリスト、抽選で外れたレディアーティスト15の兄です。弟は1次で抽選になったのに兄はこの間まで募集してたんですよね。

20161107B (8)
こちらはちょいとうるさい感じ。

20161107B (9)
とまーれーがかかりまして

20161107B (10)
珍しく走るF永

20161107B (11)
F永が来たことでレースを察知したんでしょうか、アロマドゥルセが突然暴れだします。

20161107B (12)
慎重に近づくF永

20161107B (13)
なんとか乗りましたが

20161107B (14)
さらに暴れます。もしかしてF永が嫌いだとか…

20161107B (15) 20161107B (16)
いきなり暴れられて渋い表情のF永。

20161107B (17)
人気

20161107B (18)
本馬場入場

20161107B (19) 20161107B (20)
返し馬

20161107B (21)
スタートはまあまあというところでしたが。

20161107B (22)
中位の追走

20161107B (23)
直線入り口、ここから伸びてくればなんですが

20161107B (24)
うーーーーーん

20161107B (25)
F永が追えど伸びず

20161107B (26)
結局勝ったのはクリアザトラックで

20161107B (27)
ロードソリストは3着に来ます。

20161107B (28)
だいぶ遅れてアルマドゥルセ、F永に毎日乗ってもらって鍛えてもらいましょう。

次は8Rです。
スポンサーサイト

| 競馬全般 | 23:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>