Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(11/2)

今日川崎のかえで特別に出走のレッドクラリスでしたが結果はブービーから9馬身も離されたビリ負け…一応笠松で7勝した馬なんですがねえ。これが南関と笠松の差なんでしょうか…

レッドジェノヴァ
(小島茂厩舎)
坂路にて追い切り
11/2(水) 坂路 調教師 53.4-38.6-25.3-12.9 馬なり
内モンテネオ馬なりと併入
中オンリゲットベター馬なりと併入
小島茂調教師「坂路にて3頭併せで追い切りました。先行してまず2歳馬と併せて、最後に古馬が併せに来るという内容。道中手応えが一回怪しくなったのですが、促せばまた伸びてくれました。右肩と右トモの動きが緩いので、マッサージや整体療法でケアをしています」


またまたコジシゲ先生自らご乗座でございます。はっきり言ってシンクリは嫌いなんですが先生を見込んで出資したんですからヨロシクオネガイシマスヨ!

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良い意味で変わりはないのですが、まだグッと上向かせるまでの本腰を入れた調教は行っていません。今のイメージは年末のレースへ向かうものを持っていますので、時間をかけてそこへピークに持っていけるようにしたいと考えています。馬体重は501キロです」(天栄担当者)


すでにグレイスフルSという目標が示されていますのでそこに向かって作っていくだけですね。

アプリコットベリー
大久保厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(50秒7-37秒2-24秒6-12秒7)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。開場から間もない馬場状態のいい時間帯に追い切ったということもあるのですが、それにしても4ハロン50秒7というのは驚きました。この馬のベスト調教ですね。来週は輸送もあるので今週これだけビシッとやれたのは調整上も良かったですし、ここまでは馬体もふっくら見せていて体調も良さそうです。ここからは減らさないように気をつけていきますが、心身ともにフレッシュな状態でレースに臨めそうですよ」(大久保師)
13日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に出走を予定しています。


今週ある程度やって来週は軽く→輸送という青写真でしょうがその通り行ったようです。あとはいまだ発表されてないヤネでしょうか。

ルヴォワール
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「様子を見ながら乗り進めていますが、今のところ変わりなさそうですね。ただ、体が大きく脚の出し方もやや不格好になりがちでどうしても脚への負担がかかりやすく見える馬ですから慎重に接していかなければいけないと捉えています。現時点ではどのくらいにデビューできるかというイメージは抱きにくいですし、まずは何とかこのまま軌道に乗せていけるかどうかにかかってくるかと思います。馬体重は542キロです」(天栄担当者)


このところ出資者の間では「天栄がどれだけ辛口か」論争が湧き上がっております(笑)、要はデカすぎなんでしょうねえ。募集時確か490くらいだったはずでしたが…。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、11月2日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に53.8-39.8-26.1-13.3 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。11月13日(日)京都・ドンカスターC・混合・ダート1400mに蛯名騎手で予定しています。
・笹田調教師 「11月2日(水)は約54秒で坂路頂上へ。今朝は相応に気合いを付ける形でした。休み明けの分、終いに時計を要した感じ。でも、この一追いで変わるでしょう。次週へ向けて仕上げを進める方針。関東から参戦のE騎手に鞍上を頼んでいます」
≪調教時計≫
16.11.02 助手  栗東坂稍1回     53.8 39.8 26.1 13.3  一杯に追う 坂路コースで入念


ようやく復帰戦決定ですが…
カズ君よう
誰がEを乗せてくれって頼んだ?(苦)

ルアンジュ
ルアンジュは、11月5日(土)京都・近江特別・混合・芝1800mにバルザローナ騎手53kgで予定しています。同レースはフルゲート18頭。現段階では出走可能です。11月2日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に51.4-38.0-24.9-12.5 強目に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。
・笹田調教師 「11月2日(水)は終い重点。全体でも結構なタイムを記録したように、一叩きして具合は上向いていると思います。昇級戦で休み明けだった前走も上々と言える内容。揉まれずに伸び伸びと走れるか・・・。そのあたりが今回もポイントでしょう」
≪調教時計≫
16.11.02 助手  栗東坂稍1回     51.4 38.0 24.9 12.5  強目に追う 坂路コースで入念


やることはわかってきたのですからあとはその通りになるかですね。私はマメ続投でもいいと思うのですが断られましたかね。

ロードブレイク
ロードブレイクは、11月2日(水)稍重の栗東・ダートEコースでゲート試験に挑戦。ゲートから13.4-13.2-13.8 馬なりに乗っています。結果は合格でした。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。
・笹田調教師 「11月2日(水)にゲートをクリア。今朝はスタートも大丈夫でした。ただ、2回目の枠内で多少ガタガタと。ずっと詰めて来ただけに、幾らか苦しい面が出始めたのかも・・・。厩舎で調整を続ける予定ながら、その点には配慮して行きましょう」
≪調教時計≫
16.11.02 助手  栗東E稍          13.4 13.2 13.8  ゲートなり


三たびカズ君登場、3度目の正直でゲート試験受かったようですが…やはり一旦放牧のような気がします。姉に比べれば早いのですしそれでもいいのですがね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>