Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(10/18)

本日はJRAのG1インフレに一言モノ申そうか思っておりましたが直前で記事差し替え

姉妹の夢
ご記憶でしょうが4年前の菊花賞ウィーク、東京1600m新馬で1頭の牝馬がデビューし、好位から鮮やかに抜け出しての完勝!
未来に向かって大きく羽ばたきました。レッドセシリアです。
菊花賞ウィークの今週、同じ東京1新馬戦、1600mのターフを彼女の妹が颯爽と風を切って疾走します。レッドルチアです。父がハーツクライからディープインパクトへと代わりましたが仕上がりが早く初戦から動けるタイプなのはファミリー共通でセシリアの兄でディープ産セインツも新馬勝ちを決めました。ともに鹿戸雄一厩舎の管理馬というのもルチアと同じですね。鹿戸先生と母サセッティとの相性はよほど良いんでしょうか。
セシリアというのも、ヨーロッパの麗しい女性名が由来ですがルチアも同じです。南国ナポリの陽光の下で燦々と輝く風光を賛美した伝説の民謡サンタルチア、北欧諸国の暗い夜を煌々と照らし出す光の祭典セントルチアがそもそも起源のようです。いずれにしろ、世の中の人々をワクワクさせてドキドキさせる健康で明かるい希望に充ち夢のあるネーミングが楽しいです。
(中略)
ルチアと鹿戸先生には、どうしても果たしたい夢があります。姉セシリアは新馬快勝の後はG1阪神ジュベナイルフィリーズに挑み、レース中の骨折もなんのその、驚くべき根性で走り抜き3着に頑張り通しましたが、クラシックを棒に振る結果になり彼女にはそれが無念といえば無念に思い出されてなりません。それでも復帰後は、階段を一歩また一歩上り続け引退直前には直後に重賞を勝つ強豪マジックタイムを破る金星を挙げており本当に素晴らしい能力と根性を併せ持つサラブレッドでした。姉の果たせなかったクラシックの夢への第一歩が始まります。


コラムは「ご記憶でしょうが」とありますが、ルクソールさんはすっかり忘れておりました(笑)。調べてみたら2012/10/21()がデビュー戦、この日は口取りは外れてましたが競馬場に行ったんでしたね。
ルチアはDI産駒でなければ絶対行ってたんですがねー。そもそもサセッティはハーツクライを付けるために買ってきてるんですがねえ。ブツブツ。ま、そんなことはさておき、今年は菊花賞の前日に組まれて牝限のマイルの新馬戦(そのためにミルコが乗れるんですがね。 ん? セシリアの新馬戦は菊花賞当日だったはずですがEが乗ってたような。)、妹はどんな走りをするんでしょうかねえ。ちなみに今週は弟も走ります。カズー先生汚名返上なるか?

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も様子を見ながら少しずつ動かしています。体調のほうは悪いというわけではないものの、体つきなどを見ると年内あと1回かな…と言う感じもしなくはありません。長めの距離という点で考えると関西圏か中山になるでしょうね。どちらがベターか、今後の調整の進み具合を見ながら相談していきたいと思っています」(天栄担当者)


うーーーん、意外にダメージがあるようですね。アル共は間に合わなさそうです。ステイヤーズS行くのならグレイスフルSでいいと思いますのでそこまで待つのか。あるいはオリオンSあたりに行くのか…ですね。

レントラー
NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に乗り込むことができています。周回コースでは3500mほど乗ってしっかりと体を解し、その後は坂路で普通キャンターペースでサッと動かしています。こちらに到着してからまだ半月程度ですが、今のところは精神的に何かが堪えているというような感じもありませんし、引き続きじっくりと進めていければと思います」(NFしがらき担当者)


とにかく別馬になってしまいましたからね。まずは馬を走る気にさせなければなりませんが、原因がわからないのがねえ。

メロウハート
メロウハートは、千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。
・当地スタッフ 「不安が生じた右前脚について、移動前に高柳調教師より細かなアドバイスを受けました。普通に歩かせている分には特に異常は認められませんが、反対側に比べると熱を持った状態ですね。馬自身の具合に応じて慌てずに進めようと考えています」


蹄が薄いというところから来るのであれば先天的なものですから、なかなか対処は難しいかもしれません。ちょっと時間がかかりそうですね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:53 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

レイズ君

一度使うとしばらくお休みですし、どうせなら応援に行ける中山の方が良いですねー。

| Nashwan | 2016/10/19 23:31 | URL |

Re: レイズ君

> 一度使うとしばらくお休みですし、どうせなら応援に行ける中山の方が良いですねー。

それに乗っていただくのがトサキですしね。かなり前からキープしてないと厳しいかもしれません(笑)

| ルクソール | 2016/10/20 22:08 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>