Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(10/5)

三歳有力牝馬の中で唯一無傷だったシンハライトがエビやってしまったそうです。もともと脚の強いけっといではないですし、「後方一気」に無理があったのかもしれません。「速すぎるディープ」は両刃の刃ですね。

さて、レグぼんは先ほど書きましたからほかの馬

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
北ダートコース
助手「今朝は全休明けだったので、ダートコースを軽めに1周。少しトモがかったるいところがある感じはしますが、元々そういうところのある馬ですからね。調教後の馬体重は鞍を置いて469キロ。明日は追い切りをかける予定です」
※次走の鞍上は上野騎手を予定しています。


久々に上野君ですね。それでいいと思います。この馬もそろそろ結果出していかないともう6歳の秋ですからね。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 85.6-68.7-53.8-40.6-12.3 一杯
中フルーキー強めに6Fで1.4秒先行、2F併せで0.2秒遅れ
内エルビッシュ強めに6Fで2.2秒先行、2F併せで0.2秒遅れ
※今週9日(日)東京12レース・3歳上1000万下(D1400m)、来週10日(祝)東京9レース・3歳上1000万下/西湖特別(D1600m)に出走を予定しています。想定では除外の対象となっています。
助手「キャンターにいくとフォームも背中もいいし、ハミ受けもいい。正直すぎるくらいでこちらの指示に頑張って堪えようとしてくれるようにも感じました。でも、トビが大きい馬なので、仕掛けてから動き出すまでにタイムラグが発生するので、相手に出られてしまってからはついていくだけで精いっぱいでした。集中できる時間も限られていて、最後のしんどいところでは気持ちも切れ気味だったので、今後はメリハリのある調教を心がけていきたいです。でも芯が入り切っていない状態ですでに2勝をあげている能力のある馬なのでこれから鍛えていけば楽しみが広がりますね」
角居調教師「どちらのレースも除外対象で今週の出走は不可能な状況です。特別登録している月曜日のレースに投票することにしています」


戦績から見ても難儀な馬とは思いますが今週は思いっきりダメ出ししてますね(苦笑)、そういえば担当が変わったって言ってましたっけ。個人的には辛口大歓迎ですがね。でも辛口だけではなくちゃんと課題を克服するような試みをしてくださいよ。
今週はどうやら出走できなさそうです。ダート短距離戦は厳しいからねえ。頭数のそろわない2歳中距離戦よりこっちを増やした方がいいんじゃないの?

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日は芝コースにてキャンター調整でした。
来週10日(祝)京都5レース・2歳新馬(芝2000m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません
助手「きょうは芝コースに入れて感触を確かめる程度の調整でした。キャンターにおろした瞬間に放馬した馬が芝コースに入ってきたので、それを見て初めのうちは多少力んでいましたが、すぐに落ち着いてくれました。芝の走りも問題ありませんでしたよ。あすの追い切りはレースで騎乗する藤岡康騎手に乗ってもらって坂路で併せることになりそう。単走だとグッとくるところがないので併せ馬でこの馬の持ち味を引き出し、心身ともに万全の態勢でデビュー戦に臨めればと思っています。カイバは食べるようになっているので馬体重もいくらか持ち直してきました」


今週康太で出走のようです。大とびでスピード感を感じにくいようなので追いきりでコータに乗ってもらうのはいいでしょうね。

レイズアスピリット
NF天栄
軽めの調整を行っています。「放牧後はトレッドミルなど軽めの運動で様子を見ていましたが、特段レースの疲れが目立ってくることはなかったので、火曜日から馬場で軽めに乗り始めています。乗り運動といっても状態を確かめるような内容です。今後の様子を見ながら軽めの調整に留めるか、少しずつ乗っていくか考えていきます」(天栄担当者)


キャロを引っ張ってるのはレイズ君とエル君のベテラン牡馬部隊…この2頭で9勝ですからねえ。レイズ君は大目標のグレイスフルSの前にどこか使うと思うのですがどこへ行きますかね。

アプリコットベリー
NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。
「この中間はハロン14秒ペースを取り入れて乗り込んでいます。ここまでは順調にメニューを消化することができており、負荷をかけながら馬体重が増加してきている点には好印象を抱きます。馬体重は427キロです」(空港担当者)


3歳勢が崩壊し、ハハウマユーセンケンに最も近いのがこの馬になってしまいました。なれば三世代ということになるのでなってほしいですが…あと2勝しないと厳しいと思いますからどうでしょう?

ルヴォワール
NF天栄
軽めの調整を行っています。「ゲート練習、試験とこなしてくれましたが、まだ体力的にしんどい面もあるようで、こちらに放牧に出てきてからも背肉を中心に寂しく見せています。そのため、現状では軽めの調整で心身のリフレシュを図るようにしています。様子を見ながら乗っていくことにはなるでしょうが、下地を固めるようにジックリと進めて体力強化を図っていきたいと考えています」(天栄担当者)


こちらは天栄で仕切り直しです。ちょっとかかるかもしれませんね。

ルアンジュ
ルアンジュは、10月5日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に52.9-39.1-25.8-12.9 一杯に追っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月15日(土)京都・堀川特別・混合・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・笹田調教師 「10月5日(水)は気合いを付けています。まだ幾らか重い・・・と言うのが乗り手の感想ながら、今朝このぐらいまで課せれば大丈夫。週末と来週で態勢が整うでしょう。東京の重賞への参戦予定も多く、リーディング上位を配すのは難しいかも
≪調教時計≫
16.10.05 助手  栗東坂稍1回     52.9 39.1 25.8 12.9  一杯に追う 坂路コースで入念


東京の重賞って府中牝馬Sなんですよね。そんなにいなくなっちゃうものかなあ。ちゃんとビデオを見てやり方を考えてくれる人なら良しとしましょう。

ロードブレイク
ロードブレイクは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとゲート練習を消化。心身共にコンディションに特に異常は認められず、もう少しの間は馬自身の状態に応じて調整を行ないます。ゲート試験の合格が当面の目標です。
・笹田調教師 「入厩後も戸惑うような素振りは無し。飼い葉も普通に食べています。10月5日(水)は坂路を登ってからゲートへ。大人しくて枠入り、駐立は何ら問題ありませんね。ただ、スタートに関しては反復が必要。試験合格を目指して練習しましょう」


やりたくてやってるわけではないのですが笹田先生レントーです。まずはゲート試験ですね。

そうそうゲート試験と言えば

メロウハート
2016.10.03
メロウハートは、9月30日(金)美浦・ダートコースでゲート試験に挑戦。結果は合格でした。


第1関門クリアですね。これで3頭までゲート試験クリアです。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>