Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(9/29)

パリーグの方は日本ハムがリーグ優勝を決めたそうです。日ハムも弱いチームではありませんが一時は10ゲーム以上の差があったのにひっくり返された柔らか銀行が情けないですね。今はCSなんてのがあるから下剋上も可能ですが10ゲームをひっくり返されたクドーは責任を取って辞任すべきでしょうな。以前同じく10ゲームを秘繰り返されたどんでん氏は潔く辞任しましたよ。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
角居調教師「厩舎のミーティングで今後について話し合いましたが、在厩のまま京都、東京の1400m、1600mで出走できるところを探っていくことにしました。今週の想定を見ていると中1週などすぐに出走することは難しそうですが、様子見がてら来週から特別登録していくことも検討しています。ジョッキーは次走から替えることになりました
助手「きょうはひき運動のみの調整でした。担当が変わったばかりなのでまだどういう馬なのか掴みきれていませんが、運動中は元気いっぱいだったように1回使っていい雰囲気になっています。馬体重はまだ量っていませんが大幅に減ったようには見えません。次いつ出走できるか不透明な状況ですが調教積んでいけば馬体にさらに張りが出てくるでしょうし、もう一段上の状態にもっていけるのではないでしょうか」


フムフム担当も変えて騎手も変えてみると言うことですね。平たく言えばイワタハクビですか、そんなに悪い騎乗ではなかったと思うのですがね。「1800でも」という進言が逆鱗に触れましたかねえ。

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎→山元トレセン)
引き運動
助手「今朝も引き続き引き運動での調整です。馬房でも寝ていましたし、左肩に皮膚病が出ていて、まだ少し疲れが残っているようです。次走は12/17(土)の中山12R(牝馬限定・芝2000m)に向かう予定で少し間隔が空くので、じっくり疲れを取ってほしいですね。土曜日に山元トレセンへ移動する予定になりました」


12月の中山とはずいぶん空けますねえ。まだ成長途上という判断なのかな。まあ昨日も書きましたが重馬場であの激走でしたからしょうがないですね。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 79.1-63.9-50.1-38.2-13.1 仕掛け
内ガラドリエル強めに0.4秒先行0.2秒秒先着

助手「雨で超重い馬場なのにびっくりの時計ですね。1週前にしてはやりすぎてしまったかと思ってしまうほどです。併せた馬は格上で動く馬だったので、こちらが先行する形でスタート。向こう正面ではフワフワしていたのでちょっと遅いなと感じていましたが、リズムよく走らせることを心がけて進めました。直線に向いてから相手が並びかけてきてもラストまで自分のリズムをキープ、脚色が衰えることなくゴールし先着しました。一杯に動かしたわけではなく、申しわけ程度にちょろっと見せムチなどで促しただけですからね。トビが大きくゆったりしたフォームで走るので、乗っていてもスピード感がないのですが、時計を含めて普通の馬の動きではないし、これならやれるのではないかと期待してしまうのも仕方ありません。この時計で動いたあとでも上りはケロッとしています」
高橋忠調教師「動きは見ての通り良かったですし、時計も十分すぎますね。予定通り10月10日の京都・芝2000mに向かいますが、ジョッキーはまだ調整中なのでもうしばらくお待ちください」


今日初めて速いところをやったはずですが重のWで4F50.9秒、最後はかかってますが2歳新馬でこれなら上々でしょう。大とびでスピード感がないためヤネが思ってるより速いみたいですね。というわけで陣営も一気にヒートアップしてきました。この時期の2000は素質馬が出てくる傾向がありますのでどこまでやれるかですね。

エルマンボ
堀厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒5-54秒5-41秒3-14秒2)。
「順調に行けばブラジルCを目指していきたいと考えて、約ひと月前くらいに戻すことを検討していました。幸い、検疫の調整もつき、牧場での様子もまずまずということから先週末に帰厩させていただいています。馬の様子を確認するとフレッシュさを感じますし、今のところ体のバランスも悪くなく、脚元も安定しています。ただし、548キロと結構馬体が増えた状態でもありますから、そのあたりを考えながら調整を進めていかなければいけません。今朝は1本目の追い切りを消化しましたが、動きには重さが見られ、息を確認してもまだまだと思える状況ですので、バランスを考えつつ進めていき態勢を整えていきます」(堀師)
10月23日の東京競馬(ブラジルC・ダ2100m)を目標に調整しています。


大目標のブラジルC(苦笑)にむけてようやく帰厩してきました。準オープンは節関係なしなんでナントカ出走できるといいのですが。

レントラー

9/24  松永昌厩舎
24日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団を追走するが、直線は伸びが見られず12着。
「うーん、いつもは抑えるのに苦労するぐらいの行きっぷりなのですが、どうも覇気がないというか、おとなしすぎるんですよね。少し太いのもあるでしょうし、もともとが叩き良化形なので、ここを使った次に期待したいと思います」(武豊騎手)
「プラス14キロという数字が示すとおりちょっと体は太い感じがしましたし、跨がったジョッキーは馬がどこかおとなしすぎるとも言ってました。今日は休み明けの影響が大きかったということでしょうし、叩いての上積みに期待したいと思います。この後についてはトレセンで状態をチェックしてから検討していきます」(松永昌師)
今日は休み明けのせいか少し馬体には余裕がありましたし、その影響から直線は伸びが見られませんでした。ただ、敗因はハッキリとしており、一度叩いた次走で巻き返しを期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

9/29  松永昌厩舎
28日、29日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はスタートから進んでいきませんでしたし、どこか前向きさに欠ける印象でした。休み明けとはいえもうちょっとやれていいと思ったのですが、それにしてもサッパリの内容で…。レース後は大きな疲れなどは見せていませんが、どうも大きく変わったような感じもしません。叩いて良くなっていれば次走へ向けて調整していこうと考えていたのですが、いつものこの馬とは少し違うような感じがしますし、このままトレセンで調整を続けるよりは、一度NFしがらきで状態のチェックを行ってもらったほうがいいと考え、申し訳ありませんがここで放牧に出させていただきたいと思います」(松永昌師)30日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


29日の内容についてネトケでは荒れ模様ですが、私はもともと手腕に期待してた先生ではありませんのであっそうで終わりです。今年入ってからの競馬ぶりが明らかにおかしいのにここに至るまで何も思わないのかなあとは思いますがね。

リュラ
池添学厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は栗東Pコースで追い切りました。
「除外が続いていますが、その後も引き続き体調を崩すようなこともなく元気いっぱいです。今朝はポリトラックコースで15-15程度のところを乗りました。毎週、競馬に使うつもりでずっと調整してきていましたから、これくらの負荷で十分でしょう。状態はしっかりと維持することができていますし、乗り込みを重ねながらも馬体は先週より2~3キロ増えているほどです。最終週の限定未勝利戦までずれ込んでしまいましたが、無事に出走が確定しましたので、何とか結果を出すことができればと思います。なお、鞍上は北村友一騎手にお願いしていますが、当たりの柔かいジョッキーなのでそのあたりもこの馬には合っているでしょうし、期待したいですね」(池添学師)
10月2日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に北村友騎手で出走いたします。


形作りの1手は阪神最後の3歳未勝利戦と決まりました。G1の裏ですからユーイチKでも仕方ないところですが、マナブーは妙にこの人をアピールしております。どうせ滅びるなら…せいぜい華麗に滅びるがよいのだ(byフリードリヒⅣ世)・

ルヴォワール
NF天栄
29日にNF天栄へ放牧に出ました。


昨日言ってたようにやはり天栄に行ってしまいました。どの程度で帰って来れるかですね。

ルアンジュ
ルアンジュは、9月29日(木)不良の栗東・坂路コースで1本目に55.2-40.0-25.7-12.8 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月15日(土)京都・堀川特別・混合・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・笹田調教師 「9月29日(木)も坂路で。放牧前と比べて大きく変わった印象は受けぬものの、リフレッシュの効果は十分に窺えるでしょう。着々と仕上がっている感じ。川須騎手は新潟で騎乗予定の見込みだけに、新たに上位のジョッキーを・・・と思います
≪調教時計≫
16.09.29 助手  栗東坂不1回     55.2 40.0 25.7 12.8  馬なり余力 坂路コースで入念


カワスが新潟なのは想定の範囲内だけど「この馬の為に全部キャンセルしてきます!」とは言わないようです。コーセイとか元気はそういったんだけどねえ。

ロードレグナム
ロードレグナムは、10月2日(日)阪神8R・3歳上500万下・ダート1400mにヴェロン騎手55kgで出走します。9月29日(木)不良の栗東・坂路コースで1本目に58.5-43.0-29.3-15.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。発走は13時40分です。
・浅見調教助手 「名古屋のレースに申し込みました。ただ、ここは抽選で補欠に。出走は難しそうです。それならば今週の阪神へ。しかしながら、どうも中身が伴わぬ印象で・・・。この感じで障害戦を走り切るのは厳しいかも。距離短縮に活路を求めましょう」
≪調教時計≫
16.09.29 助手  栗東坂不1回     58.5 43.0 29.3 15.0  馬なり余力 坂路コースで入念


この先生にしては珍しくいろいろ考えられたようですが…「つかわない」という選択肢もあったように思うのですがねえ。
ヴェロンには勝てとは言いません。闘魂注入をお願いしたいですね。

ロードブレイク
ロードブレイクは、9月29日(木)に栗東・笹田和秀厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。
・笹田調教師 「順調に乗り込みが進んでいる・・・との話。千葉の育成場で小休止を挟み、9月29日(木)に厩舎へ連れて来ました。輸送熱等にも見舞われず無事に到着。ただ、トレセンへ来るのは初めてですからね。環境に慣れさせながら進めて行きましょう」


というわけで目下笹田師最後のロード預託馬ブレイク君が入厩してきました。まずがゲート試験ですね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>