Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

レッドシルヴィ5 ~September Rain 九月の雨は優しくて

続いてユタカ騎手を背に立て続けに出走してきた12R

20160926C (1)
西の方、この馬体を見た瞬間アカンと思いました。
+14についてはもっと増えた方がいいと思ってますからいいとしてひと夏越して馬体に成長が感じられません。
レースに関しては諸般の事情により割愛いたします。

20160926C (2)
さて本題の中山12R、中1週のシルヴィは△が付くかつかないか程度

20160926C (3)
がんばれ馬券、12Rセット

20160926C (4)
やや出遅れてましたがシルヴィ隊来ました。

20160926C (5)
2頭取り消しがでてしまいました。
サンクロワはなんでも4戦2回取り消し…しかもその取り消しは2回とも中山だそう。

20160926C (6) 20160926C (7)
出てきました。

20160926C (8) 20160926C (9)
次週にも2200はありますがあえて中1週で2000に使ってきました。陣営は2200は長いと思ってるんでしょうね。

20160926C (10)
GCの解説者は「落ち着いてる」などとたわごとを吐いてましたが前の馬が煩かったせいかこの馬も煩かったですね。正直パドックでは消しと思いましたから。

20160926C (11)
目つきも怖いし…ウチはこんなんばっかやな。

20160926C (12) 20160926C (13)
もう1頭の注目馬。エレアシチーの子ソムニアシチー

20160926C (14)
とまーれーで暴れるシルヴィ

20160926C (15)
一方ソムニアは落ち着いてまして。

20160926C (16)
ブッシー登場

20160926C (17)
吉田豊も登場

20160926C (18) 20160926C (19)
気合の入る吉田豊

20160926C (20) 20160926C (21)
気合の入らない?ブッシー

20160926C (22)
ソムニアシチーの返し馬

20160926C (23) 20160926C (24)
シルヴィの返し馬

この日はコンデジを忘れてしまいましたのでこの後の写真はありません。
レースはソムちゃんが1番の馬を引き連れて逃げる展開、こんな展開でもシルヴィはかかってしまってなんと3番手に、そこで何とか折り合いがついて3番手で進めます。
直線シルヴィが先に抜け出して勝つと思った瞬間、外からトサキのオーダードブリン…もといオーダードリブンが来ます。脚色は向こうの方が上でまたちょい負けか…と思ったのですが、並んでから同じ脚色になりました。今度はシルヴィ隊に囲まれてゴール板前で見てましたから、そこからは私だけでなく周辺からもユタカ! ユタカの大絶叫!
その後わずかだけオーダーが出たように見えましたが、ゴール寸前シルヴィが魂の差し返しを見せます。着差はハナでしたが、今度は「勝った」と思い集合場所へ。
東サラのスタッフさんも出資者さんも「勝ってるよね?」という感じでした。なお集合場所が違うのかS台関係者の方はいらしてなかったようです(東サラは昔ながらの「2F総合インフォメーション前」なんです)

そして口取り…これでや---っと中山での口取り達成です。で、あと残ってるのは札幌、福島、小倉となりました。
スタッフさんが言ってた「こんなところで走ってちゃいけない馬」という言葉が印象的でした。

クラブHPより
9月24日レース後コメント(1着)
吉田豊騎手「スタートもうまく出ましたし、外枠でしたがそこからうまくポジションが取れました。1〜2コーナーでハミを噛んで少しかかっていってしまったのですが、柴田大騎手の馬が外から行ってくれたので助かりましたね。直線は外からいい脚でこられて一旦差されましたが、よく差し返してくれました。上がってくるまで勝ったかどうかわからなかったのですが、結果を出すことが出来てよかったです。ありがとうございました」

鹿戸調教師「中1週の競馬で今日はパドックからテンションが高かったですし、馬も少し戸惑っている様子でしたが、スムーズな競馬ができればこれくらい走れる馬。結果が出せてよかったです。これ以上テンションを上げたくないので、来週中にミホ分場に一旦放牧に出すつもりです」


気合の入ってる吉田豊騎手に対し鹿戸先生はひょうひょうとしてますね。でもこの勝利でわが軍9勝目。
ついに長年トップに君臨し続けたSSK師が陥落しました。
ともに同じ9勝ですが2着回数は鹿戸先生の方が多いので逆転になりました。

9勝の内訳はSSK師はオペラ5勝、ダブルダンス2勝、ルクソール2勝、鹿戸師はセシリア5勝、ヴィーヴォ2勝、シルヴィ2勝
です。ともにキャロの馬では勝ったことがないという(笑)。
なおSSK師は過日絶縁宣言を出しましたから、ここからSSK師が逆転することはありません。

この後ですが土曜日の6Rを先にやります。

スポンサーサイト

| レース出走 | 00:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>