Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(9/21) その2

遅れましたがキャロ以外の在厩馬です。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日は坂路にて併せ馬で追い切りました。
 坂路 岩田J 53.0-38.4-24.9-12.6 一杯
外サトノエトワール一杯に0.1秒先着
※今週25日(日)阪神12レース・3歳上1000万下(D1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。
岩田騎手「先週より体も心もまあまあの状態になっていますが、なにか物足りないです。馬場状態もありますが、時計も先週よりかかっていたようですしね。休んで疲れは取れているだろうからまだ体が完成途上でしっかりしていないということでしょうか。作戦は出たなりで変にいじらない。出走してくればですが1頭気になる馬がいるので、それよりは前で競馬をしようと考えています」
助手「3週続けてジョッキーが騎乗しての追い切り。脚元などに問題はありませんが、さすがにちょっとピリピリしてきました。それが競馬にいっていい方に出てくれるといいですね」


3週続けて岩田神で追い切るというのは陣営も相当気合が入っていそうですが、肝心の岩田神のコメントは激辛チリペッパー(苦笑)、休み明けとはいえここは軽くクリアしてほしいところですが果たして?

レッドシルヴィ
(鹿戸厩舎)
坂路にて追い切り
9/21(水) 坂路 助手 57.7-42.5-27.6-13.6 馬なり
助手「単走で追い切りました。今日は馬場状態が悪かったのですが、比較的状態の良い場所を選んで走っていたので、脚を取られることもなく動きは良かったです。中1週ですが、飼葉食いも戻ってきていますし、疲れもなくいい状態で来ることが出来ていると思います」


来週なら2200のレースがあるのですがここに使うということは2000までの馬と見ているのでしょうね。前走乗り方次第では…という部分があったし、ユタカ(not武)もこんどは心して乗ってくれるでしょう。

レッドコルディス
(高橋忠厩舎)
本日は坂路1本の調整でした。
 坂路 71.6-51.0-32.4-15.4 馬なり
助手「追い切りはあすの予定です。きょうは角馬場で運動してから坂路へ向かいました。単走だったのでフワッとしていましたが、イレ込んでカーッと走ってしまうよりはいいと思います。併せる形になれば動くので大丈夫でしょう。今のところソエの心配はありませんが、先週追い切ってからちょっと食欲が落ちてしまっているのでカイバのメニューをかえてみようかなと考えています」


個人的には一旦放牧入れた方がいいと思うんですがねえ。

ルアンジュ
ルアンジュは、9月21日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に57.0-41.5-26.8-13.1 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。10月15日(土)京都・堀川特別・混合・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・笹田調教師 「9月21日(水)は57秒のタイムで登坂。十分に余力を残した状態でコース頂上へ達しています。休養を与えて背腰の疲れも取り除けた感じ。ここまでは至って順調でしょう。目標は京都2週目に組まれた牝馬限定戦。鞍上に関しては調整中です」
≪調教時計≫
16.09.21 助手  栗東坂重1回     57.0 41.5 26.8 13.1  馬なり余力 坂路コースで入念


牝限大好き笹田先生、やはり堀川特別のようです。京都外回りは合わないような気もしますがねえ。ヤネはカワスでいいと思いますが、先生が明言しないところを見ると新潟行っちゃってるんでしょうね。

ロードレグナム
ロードレグナムは、9月21日(水)重の栗東・坂路コースで1本目に58.4-41.5-26.3-12.5 馬なりに乗っています。併せ馬では末強目の相手を0秒2追走して同時入線。短評は「坂路コースで入念」でした。
・浅見調教助手 「9月18日(日)に続き、21日(水)も坂路で時計を出しています。ただ、どうも息遣いが今一つ。本数を重ねるに連れて、徐々に良化を遂げれば・・・でしょう。まだ具体的な出走プランは白紙。交流競走に目を向けるのも一案かも知れません
≪調教時計≫
16.09.21 助手  栗東坂重1回     58.4 41.5 26.3 12.5  馬なり余力 坂路コースで入念
         キンシノスパーク(2歳新馬)末強目を0秒2追走同入


障害に交流戦はありませんから「交流戦」ということは平地に戻すつもりですかね。いろいろ考えていただいているようではありますが、この馬の問題点は「前向きさに欠ける」というところ、であればどんな条件を使っても走りません。今は条件どうこうよりどうやって前向きさを引き出すかを考えるべきだと思います。私としては勝った岩田神にこだわってほしいところですがね。

メロウハート
メロウハートは、9月21日(水)に美浦・高柳瑞樹厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。
・高柳調教師 「先々週に近郊牧場で直接確認。その後も担当者と連絡を取り合った上で9月21日(水)に手元へ連れて来ました。ワンクッションを挟んで輸送の疲れも取れているとは思いますが、まずはトレセン内の生活パターンに慣れさせる部分から始めましょう」


過日予告通り入厩してきました。最近馬体重が出てませんがこの子もリュヌドールに勝るとも劣らない巨娘、まだあわてる時期ではないですから馬本位で行ってよろしいかと。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 10:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>