Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(9/6)

キャロ申し込みの話は先ほど書きましたので割愛していきなり本題から

レイズアスピリット
NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も大きな問題を抱くことなく調整できています。改めて話をした結果、今週中の入厩を考えていると上原師から連絡をもらっています。早ければ明日の入厩もあり得るようなので、しっかりと体調を整えてから送り出したいと思います。馬体重は492キロです」(天栄担当者)


結局人のいいウエハラ先生は天栄に押し切られたようです。明日入厩するなら3週目の九十九里特別でしょうね。

ロードヴォルケーノ
ロードヴォルケーノは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3000m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン18~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「毎日のトレーニングを無難に消化。調教内容の強化を図ってからも、今のところは大きな反動も見られませんよ。この1ヶ月で10kgほど数字が減少。引き締まった分ですね。丁度良い身体つきと言えそう。これぐらいの雰囲気を保てれば・・・」


8月の中旬くらいからトーンが変わってきましたね。この分だと9月中に本土には送れるんかな。

ルアンジュ
ルアンジュは、三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ダートコース・ダク1000m→キャンター3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。9月8日(木)に千葉・大瀧ステーブルへ移動の予定です。
・当地スタッフ 「獣医師のチェックでも指摘を受ける箇所は無し。準備OKでしょう。笹田調教師に近況を報告。結果、移動させる方針が決まっています。長距離輸送の負担を考慮。千葉の育成場でワンクッションを挟み、その上でトレセンへ向かう予定です」


アンジュ様もようやく北海道から移動ですね。移動で何もなければ、皆様予想されてるように夕月特別でしょうか。

ロードレグナム
ロードレグナムは、京都・宇治田原優駿ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク600m→ハッキング1800m、ウッドチップ坂路コース・キャンター900m×1本(1ハロン15~20秒ペース)。
・当地スタッフ 「ここに来て強目の稽古を始めています。及第点の動きを見せており、今のところは反動も無さそう。今後も週2回ペースで課して行く予定です。脚元が落ち着いているのも何より。このまま順調に運べば、時間を要さずに態勢が整うでしょう


またそういうとあの先生は入厩してバンバン使っちゃいますよ。一度じっくりと立て直した方がいいと思うんですがねえ。
この馬が前向きでないのは走るのが嫌になってるのかもしれないですし。

メロウハート
メロウハートは、千葉・大瀧ステーブル在厩。ウォーキングマシン60分。9月4日(日)に三石・ケイアイファームより移動しました
・当地スタッフ 「ケイアイファームからの長距離輸送を無事に済ませ、9月4日(日)よりお預かりしています。到着後も平熱を保てており、特に疲れた様子も窺えません。現在はマシン内の歩行運動まで。検疫馬房が取れ次第、美浦トレセンへ出発する見込みです」


2歳勢はこの間まで誰も動かなかったのですが突然動き出しましたね。コルディスが入厩、メロウハートも本州に動いて、ロードブレイク、ルヴォワールも近々移動ですから、あっという間に北海道に残ってるのはジェノヴァだけになります。
で、メロウハートはここからみずきちゃんのお手並み拝見となります。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:33 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

キャロットの会報

天栄の場長が、「あくまでも状況に応じて入厩時期を調教師の方がと相談するようにしている」と言ってますが、相談ではなく指示が正しいんじゃないかと思えます(苦笑)

| Nashwan | 2016/09/07 20:28 | URL |

Re: キャロットの会報

> 天栄の場長が、「あくまでも状況に応じて入厩時期を調教師の方がと相談するようにしている」と言ってますが、相談ではなく指示が正しいんじゃないかと思えます(苦笑)

さすがに表向きはそうは言えんでしょう(笑)。
どちらかというとしがらきに比べてこちらの方が独断的な気がしますね。しがらきは一時故障馬を多発させて時期がありましたがそれからやり方を変えたのかもしれませんね。

で、あの特集の一番最後にあったカズー先生の「その言葉そっくりそのままお返しします」はご覧になった?

| ルクソール | 2016/09/07 21:02 | URL |

読みました

ぜひ、ちゃんとやっていただきたいものです(笑)
カズー先生も本当はダービートレーナーになりたいんだと思うんですけどねー。

天栄場長の坂路が左にカーブ云々は、シルクの人も言ってました。だから故障が多いと。あと、天栄は10日競馬向け仕上げをする、しがらきは最後の仕上げは厩舎でという考え方とも言ってました。

| Nashwan | 2016/09/07 22:24 | URL |

Re: 読みました

> ぜひ、ちゃんとやっていただきたいものです(笑)
> カズー先生も本当はダービートレーナーになりたいんだと思うんですけどねー。
>
> 天栄場長の坂路が左にカーブ云々は、シルクの人も言ってました。だから故障が多いと。あと、天栄は10日競馬向け仕上げをする、しがらきは最後の仕上げは厩舎でという考え方とも言ってました。

それも表向きには「厩舎に合わせて仕上げる」と言ってましたが(笑)
一つ仮説ですが関東か組合が強いんで「そんなところに預けてられるか」というのがあるのかもしれません。あるいはキミヤ場長の方針か。
ただ10日競馬といってもレイズ君みたいに1戦ごとに放牧する馬はそういないはず。2戦目からは厩舎でやらなければいけないはずで、私は自分でやれない先生というのは結局大成しないと思ってます。

| ルクソール | 2016/09/08 00:21 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>