Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2回札幌初日9R

続いて9R、正直13時30分頃には競馬場を出るつもりでしたが、この馬がいたことを思い出してここまで残っていました。

20160823B (1)
この時点では雨は小やみになってきていました。

20160823B (2)
登場してきたのは元愛馬ルクソールシチーの弟プログレスシチー、兄はタキオンの子でこの子はインパクトではないディープ産駒ですから7/8くらい同血ですね。

20160823B (3) 20160823B (4)
兄は芝120を走ってましたがこの馬の出る今日のレースはD2400戦、DSは意外とダート種牡馬ですが兄弟でこうまでステージが違うと言うのもね。

20160823B (5)
アスキーアート厩舎…もとい安達昭夫厩舎ですね。

20160823B (6)
人気は5頭が10倍を切るというかなり割れ加減

20160823B (7)
とまーれー、安達先生は来てないようです。

20160823B (8)
マチャミ! ヘラヘラしてるんぢゃないよ!

20160823B (9) 20160823B (10)
新潟のイメージが強い人ですが今年はずっと北海道、おそらく初めてじゃないかと。

20160823B (11)
本馬場入場

20160823B (12) 20160823B (13)
返し馬、長距離戦ですしあまりスピードは上げていません。

20160823B (14)
スタート、では普通ですが二の脚が遅く後方へ

20160823B (15) 20160823B (16)
1周目の直線、後ろから2頭目あたりを走行。

20160823B (17)
2コーナー、ここまでは淡々とした流れでしたが。

20160823B (18)
ヒッシーが突然大逃げに出ます。これは3コーナー。

20160823B (19)
直線、ペイシャゴンジセがリード、プログレスはだいぶ後ろです。

20160823B (20)
結局ペイシャゴンジゼが逃げ切ってしまいます。

20160823B (21)
プログレスは大敗、さすがに2400は長すぎか。

20160823B (22)
だから負けてヘラヘラしてるんぢゃない! っちゅーの!

この日のレポはこれで終わりです。最後までお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

| 競馬全般 | 21:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>