Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

そうそうもう1頭

ベリ子がいましたね。

札幌競馬場
21日の札幌競馬では五分のスタートから控えて後方待機。直線での追い上げに期待がかかるが、勝負どころで外を回すロスが響いて6着まで。
「直線はジリジリ伸びているのですが、前を飲み込むまではできませんでした。途中までは完璧に運べていたと思っていたのですが、4コーナーで前がゴチャついて外を回さざるを得なかったのが非常に痛かったです。スムーズなら勝てる力はありますし、それだけに悔しいです。勝ち切る競馬ができればと考えていましたが、良い結果を出せず申し訳ありませんでした」(丸山騎手)
勝ち切る競馬に期待しましたが、勝負どころでの距離ロスが響いてしまいました。展開などに注文はつきますが、このクラスを勝てる力はあるはずですし、次走こそは待望の2勝目を挙げてほしいところです。今後はレース後は状態次第ですが、一旦NF空港へ放牧に出すことを検討しています。


騎乗ぶりがいろいろ言われてますが元気はずっと内を通ってます。最後内が空かないと見て(実際空いてませんが)大外まで持ち出したのですが、それが大きなロスになってます。とはいえそれは後ろから行く以上やむを得ないことではあります。もっとも大外に持ち出してからそう伸びてるわけでもないのですがね。
正直今の戦法ではハマって上位に食い込むことはあっても一番上は厳しいかなーと思います。使えるところが限られる馬だけにチャンスを待っているのではなく、1戦1戦大事にしてほしいところなんですがね。同タイプと見られていたアンジュ様が思い切った戦法で快勝しましたよね。この馬も考え時だと思います。
スポンサーサイト

| レース出走 | 23:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>