Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/29)

昨日20:24更新の記事ですが、天地神明に賭けてキャロのHPで「本日の所属馬近況の通常更新は終了しました 」と出たのを見て更新したものであります。
が…
その時点で更新のなかった早来がその後何事もなかったように更新、しかもそのことについての通知もありません。
責任者出てこーーーーい!

エルマンボ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「夏競馬を考えているわけではありませんが、直近の馬体重は568キロと余裕のある状態でもありますし、緩めすぎないように適度に乗り込むようにしています。ジックリながらも思惑通りに調整を進めることができているように、ここまでは順調ですよ」(早来担当者)


元気いっぱいなら使ったっていいんですよ。適鞍はないですが(笑)

リュラ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を中心に、週2回は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整も取り入れています。
「乗り込みを継続することでゆっくりながらも状態は上向いてきていますし、何とか結果を残せるようしっかり調教を重ねていきたいと考えています。移動に関してはそう遠からず固まってくるでしょうが、調教師とも連携を取りながら少しでもいい状態、いいタイミングで送り出せるにしたいですね」(早来担当者)


昨日も書きましたけどね。
関係者の方々はいったいこの馬をどうするおつもりなんですか?
こと、ここにいたってはもう一発で結果を出すしかなくなってます。
そんなことが楽なことではないことくらい重々承知してると思ってたのですがね。

後はルーティンの東サラ休養馬。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重526キロ。
牧場スタッフ「乗り出し後の調整は順調。今週水曜日から坂路入りしていてペースはすでにF17秒まで上げています。今のところ脚元に反動は見られませんが、暑い日が続いているので予防の意味を込めて補液などは続けています。首の硬さが取れて体が楽に動くようになったことでやる気を全面に出すようになってきました。来週末には体調面の不安は完全に払拭しているでしょうからそれくらいから15-15を始めることにしています」


早ければ小倉の後半ということも言ってたかと思います。実は小倉の後半だと1800のダート戦が1700に様変わりするんですね。最終週に西日本スポーツ杯というのがありますからそこでしょうか。

レッドシルヴィ
20160729A01.jpg
(山元トレセン)
担当スタッフ「この中間も周回コースと坂路で15-15での調整を継続しています。まだ具体的な移動日は決まっていませんが、予定レース(8月28日/新潟・芝1800m)から考えると来週あたりでしょうか。体調面、精神面とも変わらず良好な状態ですので、いつでも移動の声に対応できるように準備していきます。この馬に関しては、落ち着いて稽古に取り組むことができているのが一番ですね」

1800戦なら1週早い8/21の方が混合戦でないですしいいと思うのですが…使い分けなんですかね。ソレトモEヲカクホシテルトカ。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重488キロ。
担当スタッフ「この中間の調整も順調です。毎週水曜日と土曜日に17-15-15くらいの時計を出しており、あすで4本目。ただ、時計は出るものの手応えも気持ちの入り方もまだ物足りない印象です。この馬なりに人を乗せるとカリカリッとはしてきましたけどね。次のステップに進むには乗り手が抑えないと指示より時計が速くなってしまいそうになってからと考えているのであと1、2週は今のペースで乗り込んでいくことになりそうです。まだ背肉やトモの肉が付ききっていないので焦らず鍛えていきます」


8月いっぱい鍛えて9月入厩、そこからうまくいけば10月頃デビューと踏んでるのですが甘すぎですかね(笑)
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>