Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/22)

2日続けて寝オチしたため今更の更新ですが金曜日の分です。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m。馬体重526キロ。
牧場スタッフ「週1のペースで補液、強肝剤を投与したところ両トモのむくみはすっかり良くなりました。内臓面の疲れも取れたことで活気が戻りうるさいくらいです。すでに周回コースでF20秒ほどのペースで乗り出していますが、脚元に反動が出る可能性もあるのでしばらくは坂路入りを控え、軽めの調整に留めることにしています」


とりあえず内臓面はクリアになったようですのでこれから様子を見ながらでしょうね。結果としては無理に中京を使わなくてよかったんでしょうかね。ちなみに出る予定だった香嵐渓特別はダービーデイ出走の馬で抽選対象でしたからそれより節のないこの馬は非抽選除外だったはずです。ちなみに非抽選除外馬の中にはユニコーンの前のレースに出ていたゴールデンバローズの名が。この馬、優先権があったはずですがそれを使わずにここまで待機して非抽選になったんですね。出れないとわかってればホーリーも考えたんでしょうが、角居先生はそこまで見通して対応しているわけで、この辺の差が関東と関西の成績の差になってるんでしょうね。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「今週は火曜日に周回コースの2周目に15-15を消化。明日は坂路で15-15を乗る予定です。落ち着いて前向きに稽古に取り組んでくれていますので、こちらでは今後も精神面に関してはあまり心配せずに調整を進めていけそうですね。8月28日の新潟・芝1800mを予定していると聞いていますので、8月はじめにはトレセンに戻ることになるかと思います。順調にきていますので、この雰囲気をキープしながら稽古を継続していきます」


マイルではなく1800なんですか。どうせなら1週前の方が混合戦でないんですがね。Eでも抑えれているのかな。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重484キロ。
担当スタッフ「口周りに続いて右トモのイボもこの1週間でだいぶ良くなりました。このままクリームを塗って治療していけばすべて消えると思います。調整も順調です。月水土と週に3本速いところを消化しており、あすも17-15-15の時計を出す予定。もう少し体力がついてラスト1Fを楽な手応えで走れるようになってから次のステップに向かうことにしています」


当分現状継続ですね。9月くらいに移動、うまくいけば京都デビューという感じでしょうか。でもハーツ産駒は京都苦手らしいんですがね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 08:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>