Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/15)

ヒガシギンザより今年の募集馬が発表になりました。
いつものことですが、実は良血馬揃いのロードはともかく、東サラあたりではいくら頑張っても追いつけないレベルのラインナップですなあ。東サラもどこかの牧場と本気で提携した方がいいのかもしれませんね。
で、今年のラインナップはどのクラブもDI様、ハーツ、キンカメ、オルフェの4頭の産駒が目立ちます。キャロなんかこの4頭の産駒で募集馬の約半分を占めてるくらいですからね。であれば逆らわずに、3頭の産駒から選んでおくのが無難なんでししょうか。去年それだけハーツ産駒を募集してくれればよかったのに、ブツブツ。

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
マシンのみ。馬体重520キロ。
牧場スタッフ「両トモのむくみは補液などで治療を続けていますが、なかなか良くなってこない状況です。こちらに移動して気が緩んだこともあるとは思いますが、内面の疲れは相当なものだったのかもしれません。首周りの筋肉も治療が必要な状態だったので、今週いっぱいは乗らずに完全に休養させました。むくみがおさまってから乗り出すことにしています」


意外と良化がスローなよう。やはり体質は強くないのかもしれません。よくなるまで待とうホトトギス

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「精神面も安定してきて、以前のように大人しく稽古に取り組んでくれるようになりました。馬体重は447キロと変わりませんが、先週末からの15-15を継続しての数字ですからね。飼葉の食いが落ちるようなこともないですし、いい傾向だと思います。今後も馬の様子などを見ながら、周回コースと坂路を併用して進めていきますよ。今の感じであれば新潟後半の出走へ向けてピッチを上げていけそうです。引き続き、良好な精神状態で進めていけるようにと思っています。


こちらはよくなってますが新潟の後半って意外と適鞍がないんですよねえ。ただ1つのマイル戦である村上特別かあるいは1800の平場か。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重484キロ。
担当スタッフ「オゾンを溶かし込んだ塗り薬で治療した効果で口周りのイボはだいぶ小さくなってきました。あとは右トモ外側にあるイボが良くなればということころですが、広い範囲に広がっているので時間はかかりそうです。体調自体に問題はないので、今週水曜日に18-16-15くらいのペースで乗りましたが、スッと上がってきたように下地はしっかりできているようです。あすは18で入ってラスト2Fを15で伸ばしてみる予定。悪いことは何一つしないし、おっとりした性格のいい子ですよ」


動きの遅い2歳勢ですがなんだかんだでこの馬が一番デビューが早いかもしれませんね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 01:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>