Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

天空城探訪記 その4

承前

2日目の後半戦、この日は実はオプションツアーに乗ってまして、天空城の後ビエーに行き、アサヒカワ経由でサポロ帰着となってました。

20160714B (1)
ビエーへの列車

20160714B (2)
やはりラベンダーで飾り付け。

ビエーではバスツアー、と言っても1時間半程度のものでしたが。

20160714B (3) 20160714B (4)
ビエーは丘の町だそうです。バスガイド曰く「丘も畑にしちゃったからいろいろな作物が彩りを添えている」のだそう。

20160714B (5)
拓真館、ビエーに魅せられた写真家、故前田真三氏の写真館だそうです。時間20分、むりやりここへ引っ張ってきた感が否めません。
事実上きちんと見れたのはこの後に行った四季彩の丘というところだけなんですよね。

20160714B (6)
20160714B (7)
20160714B (8)
20160714B (9)
20160714B (10)
その四季彩の丘で撮った写真です。
なんでも元々は普通の畑だったのをアクロバットスノーモービルの日本チャンピオンになったこともあるオーナーが観光用の花畑にしたのだと。なので花が枯れる冬場はスノーモービルとかのコースとして運用しているそうです。

20160714B (11)
ガイド氏曰く「死にかけのシャクヤク」(苦笑)

20160714B (12)
時刻は16時半くらい、見ての通り雨が降ってきました。ここは通り雨でしたけどね。

20160714B (13)
牧草ロール、アメリカでよく見る光景ですね。

20160714B (14)
真栄の丘、バスで通っただけでしたが同じことならここで時間を取った方がよかったのに。

20160714B (15)
おまけ、アサヒカワに入る直前、アサヒカワは駅の近くにガーデンを作ったようです。

評価:難しいところですが四季彩の丘はよかったので甘めにB

to be continued
スポンサーサイト

| 日常或いは平穏な日々 | 21:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>