Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/8)

遅くなりましたが7/8の分、東サラ休養馬ですね

レッドウィズダム
(吉澤ステーブルWEST)
周回キャンター2000m。馬体重516キロ。
牧場スタッフ「先週金曜日に入場しました。すでに周回コースで軽めの調整を始めています。ただ、元気はありますが、首から肩にかけての筋肉に疲れがあり、さらに両トモも浮腫んでいる状態。筋肉の疲れは毎日キセノン照射で治療しますが、脚元の浮腫みは内臓面の疲れなどからきている可能性もあるので、補液を行ってケアすることになりました。疲れを完全に取り切ってから坂路に入れるなどペースを上げていきます」


もともと血が濃く体質が弱そうな馬ではありますが、そういう影響がでている感じですね。無理に合わない条件に使うより秋の阪神開催からでいいと思います。

レッドシルヴィ
(山元トレセン)
担当スタッフ「乗り進めてきたことで左トモの感じも解消してきましたね。稽古も順調に消化できていますので、今週末から15-15への移行を予定しています。馬に落ち着きも出てきて、馬体重も447キロまで増えてきました。体調のいい証拠ですよね。新潟の後半が目標になってきそうですので、テンションが上がったりしないように引き続き注意しながら、メニューを強化していければと思っています。全体として良化傾向にありますので、コンディションアップに加え、さらなるレベルアップを図っていきたいですね」


新潟はいいのですが後半まで待つんですか? 左回りは何とも言えませんが2回使うつもりでいった方がよさそうなんですがね。

レッドコルディス
(宇治田原優駿ステーブル)
周回キャンター2400m、坂路1本。馬体重486キロ。
担当スタッフ「この中間の調整も順調です。坂路ではF18秒くらいのペースで乗っていますが、きれいなフォームでのびのび走っている姿が目につきます。体調面に不安もありません。イボは塗り薬がやっと効き始めたかなというくらいで大幅に良化しているわけではありませんが、ハミにあたって切れてしまうようなことはないので乗りながら根気強く治療していきます」


もう出資終わったんだから現役馬のページに持ってきたらどうなのさ?と思いますがこれも東サラ流(苦笑)。
馬の方はイボ以外は順調のようです。前にも書きましたがウイルス性のイボはそう簡単に治るものではないですからね。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 20:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>