Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

下界の風は厳しい…

つい1時間半ほど前に天空城から戻ってまいりましたが

下界の有様はひどいもんですなあ。

まずヴィーヴォ
7月9日レース後コメント(4着)
五十嵐騎手「今日は頭数も少なかったので流れも落ち着くと思い、あまり離されないように追走しました。バンケットの下りで躓くところはありましたが、その後も手応えは良かったものの落馬した騎手を避けた時にバランスを崩してしまって。そこから少し行きっぷりも悪くなってしまい、直線に向く前に追い上げたのですが、そのあたりが最後まで響いてしまいました。今日はチグハグな競馬になってしまいました。結果を残すことができず申し訳ありません」
鹿戸調教師「レースから上がってきたら、左前を落鉄していました。バンケットの下りで躓いた時だと思います。少し気が悪いところのある馬なので、落馬した騎手を避けてバランスを崩したことが最後まで影響しましたね。落鉄したので、この後はしっかりと異常がないかチェックしていき、状態を見ながら新潟を目標に進めていきたいと考えています」


スーパー弱メンぞろいの8頭立ての中なぜか1番人気に。
レースは1頭落馬、1頭競走中止で6頭完走でしたがヴィーヴォは下から数えた方が早い4着、落馬のあおりを受けたし落鉄してた…というのが今回の言い訳、確かにあおりは受けてますが…こういうことがあるから障害は前に行かなきゃダメなんだって。
ただこの馬はオープンでは荷が重いと思ってた馬、それでも4着で200万加算、獲得賞金はオッキオを抜いてエレアに迫るところまで来てるのですから悪くはありません

問題は今日走ったチュチュ
函館競馬場
10日の函館競馬では前半はじっくり進めて後半勝負に出る。徐々に押し上げていき前へと迫っていきたかったが思うように進んでいけず7着。
「チャンスのある馬に乗せていただけましたし、良い競馬をしたいと思っていたのですが、上手くいかず申し訳ありません。前半から無理をさせるよりはリズムを重視して運び、後半勝負に挑もうと思ったんです。それでじわじわとペースを上げていったのですが、前に前にという感じではなく、上へ飛んでしまうような感じで…。思うように前進できず力が逃げてしまっている走りになりました。使ってきている馬なのでもしかしたら苦しさもあったのかもしれませんが、力は通用するはずなので歯がゆいです」(浜中騎手)
函館初戦の内容が良かっただけに何とかしたいところでしたが、思うように後半でポジションを上げていくことができませんでした。外見上悪いということはないと思うのですが、もしかしたら短いスパンで使い込んできていて苦しい部分もあるのかもしれませんし、今後についてはレース後の状態をよく確認したうえでどうしていくか判断していきます。


ジャマースグルはやはりジャマーで掲示板にも乗れずの7着、これで函館3戦で3→5→7とパフォーマンスを落としてます。
3着に入った時は光が見えた気がしましたが、ここで掲示板を外してるようでは相当厳しいと言わざるを得ません。
前々から先生にやる気を感じないしやはりダメなのか…この世代6頭中3頭が勝ち上がり、セレリティも間違いなく時間の問題ですから、残るはコーガクのキャロ牝馬2頭、これが勝ち上がれないようなら今後の方針を見直さざるを得ませんね。
スポンサーサイト

| レース出走 | 22:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>