Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(7/6)

今日の出勤時、駅から会社に向かう道すがらの交差点で規制線が張られて通行止めになってました。
赤い車が多数止まってたので火事なのはすぐわかりましたがどこで火事になったのか。
なんだかあるビルの1階の「胡椒昼飯屋」の前に人が集まってます。まーーーた胡椒屋(略)がやらかしたかと思ったのですが、会社で聞いてみたら同じビルの3階の怪しげなマッサージ屋だそうでニュースでもやってたそうです。
帰りがけに現場をもう一度見てみましたが確かに2階に行く階段が黒くなってましたね。で1階の胡椒屋は当分休業のよう。こういう場合って休業補償もらえるんですかね。

エルマンボ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を取り入れています。「普通キャンター程度の調教をコンスタントに取り入れても状態は変わりありませんし、順調ですね。引き続き下地を固めるようなイメージでジックリと乗り込みつつ、良化を促していきたいと思います」(早来担当者)


良化を促すって6歳のおっさんのどこを成長させようというんでしょうかねえ。まあ精神面は成長の余地があるようですが。
ちなみにホーリーに課せられた最大の課題は「運用の難しいダート長距離のオープン馬をどう運用するか?」となってます。「ダートのオープン馬」というのも今までイジゲンしかいませんしね。

リュラ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を中心に、週2回は坂路でハロン14~15秒のキャンター調整も取り入れています。
「札幌開催前半を目標に、週2本は坂路でハロン15秒か少し上回るくらいのペースで乗り込んでいます。可能な限りこちらで態勢を整えつつ、調教師と相談しながら帰厩の段取りを組んでいきたいですね。馬体重は443キロです」(早来担当者)


言ってもしょうがないのでここは静観します。

アプリコットベリー
函館競馬場
6日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、外を回らざるを得ないところがあってもったいない内容でしたが、それでも直線はよく脚を使っていました。滞在競馬の効果で、詰めて使っても馬体はマイナス2キロですから上々ですね。輸送のない競馬は小柄なこの馬にとって力を出せる条件だと思いますし、このまま在厩で次走に向けて調整していくつもりです。今のところ中2週で牝馬限定戦を目標にしています」(大久保師)
24日の函館競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)を目標にしています。


先週の競馬ですが勝ち馬とは0.4秒差でしたから実は着順ほど内容は悪くありません(ちなみに9着馬はさらに03秒後ろです)。リューセーが元気の言うことを聞いて少しでも内にもぐりこんでれば…でしたね。
で、北海道でバンバン使うためにずーーーーっと休ませてたのですから当然続戦、函館最終週を狙うようですが、先生、横津岳特別言ってみませんか?

ルアンジュ
ルアンジュは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月23日(土)函館・3歳上500万下・芝2000mもしくは7月24日(日)函館・3歳上500万下・牝馬限定・芝1800mに予定しています。
・笹田調教師 「7月6日(水)に軽く跨って具合を確認。さほど競馬によるダメージは感じられません。5着以内は外したものの、先週のレースがフルゲート割れ。牝馬限定戦を含めて適鞍が組まれており、函館の最終週で再び使いたいな・・・と思っています」


アンジュ様も続戦の方向性でやはり函館最終週ねらいらし。つーことは3度目の対決か。この子は1800のレースがいいはず。センセ、同じところにいたベリ子に0.3秒差つけられたんですからわかってますよね?

ロードレグナム
ロードレグナムは、レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。もう少しの間は慎重に様子を見守り、馬自身の状態に応じて今後の方針を決めます。
・浅見調教助手 「コレと言って見せ場らしい部分が無くて・・・。なかなか厳しい結果ですね。トレセンへ戻ってからも特に変わらぬ様子で過ごしており、脚元に関しても問題は認められぬ状態。厩舎で調整を続けようと思います。障害飛越を試すのも一案かも


前向きさに欠ける馬ですから前向きに向かっていく必要のある障害を試すというのは悪くないかもしれません。と・に・か・く! 同じことしててもしょうがないですからね。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、栗東トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターとプール調教を消化。両前脚のソエは引き続き小康状態を維持しており、もう少しの間は無理の生じぬ範囲で調整を続けます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、7月23日(土)中京・3歳未勝利・混合・ダート1400mに福永騎手で予定しています。
・橋田調教師 「普通キャンターを乗りながらプールも併用。完全に治まったとは言えぬものの、ソエに悪化の兆候は窺えませんよ。今後も治療を継続。週末には幾らかペースを速めて行く予定です。上手くケアしつつ次走へ持って行ければ・・・と思っています」


とにかく無事に…祈るばかりです。

レッドヴィーヴォ
(鹿戸厩舎)
ウッドコースにて3頭併せで追い切り
7/6(水) 南W 五十嵐 52.8-38.2-12.9 馬なり
内リュクサンブール馬なりに4Fで1秒先行2F併入
中ラムレイ仕掛けに4Fで0.6秒先行2F併入
五十嵐騎手「出がけからちょこちょこと完歩の小さい走りなので、あまり進んで行っている感じがなかったのですが、今までになく終いまでしっかり時計が出ていたとのことなので、状態は問題なさそうです」
助手「馬体重が昨日の時点で鞍を置いて460キロだったので、まだ少し重めかなと感じていましたが、今日の動きは良かったですね。このひと追いでもう少し絞れてきそうです。上野騎手が負傷のため乗れなくなってしまい残念ですが、五十嵐騎手も騎乗経験があるので心配はしていません。体調はこの中間も問題なくきています」
※今週土曜の福島4R・障害オープン(芝2750m)に五十嵐騎手で出走を予定しています。


本紙既報の通り上野君は落馬負傷、ということで五十嵐ユースケ騎手起用となりました。1回だけやはり上野君が落馬負傷した時に乗ってますが同じ福島で未勝利戦11着…想定のメンツは軽そうなのですが果たして?

で、佐々木先生はやはり「怒りのレントー」のようです。ヤネはリューセーには先約があるようで、ジャマースグルだと。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 21:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>