Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/30) その1

東サラのコラムはしばしば愚にもつかぬ内容の時がありますが、今週も3日にわたって結局何がいいたいのかわからんCBC賞の話…レッドファルクスに引っ張るための壮大な前振りだったわけですが(笑)、今日の記事の中で「ハンデ戦にしては珍しくG1馬が登場」と。G1馬なんかいたっけと出馬表を見たのですがマジで発見できませんでした。ありゃー回避したのかなとコラムに戻るとハンデは58.5キロから云々とあります。そりゃーG3のハンデ戦にG1馬が出ればMマンボ(仮名)でもない限りトップハンデだよなあと出馬表を再確認すると58.5キロの馬はスノードラゴンとあります。
そう言えば去年10月初に行われた中山1200のレースの勝ち馬がそんな名前でしたなあ。あれG1だったんだっけ(爆)
スプリント界も世界のロォードカナロア引退で一気にレベルダウンしてますね。

エルマンボ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン17秒のキャンター調整を取り入れています。「週の半分は坂路でハロン17秒程度のキャンターを継続できていますし、状態面に大きな不安を見せることなく調整を進めることができていますよ。直近の馬体重は566キロと余裕はありますが、直ぐの競馬を考えているわけではないので引き続きジックリと乗りながら良化を促していきたいです」(早来担当者)


今日になってキャロ勢が一気に更新、2歳のルヴォワールを入れると5頭更新です。
Lマンボは史上最高馬体重の560を突破、600を目指して順調に増量中であります(笑)。あまりデカいと脚元が怖いんですがねえ。

アプリコットベリー
函館競馬場
29日は函館Wコースで追い切りました。30日は軽めの調整を行いました。
「水曜日はウッドコースで追い切っています。かなり霧が濃くてタイムは分からないのですが、中1週の競馬ですし内容は馬なり程度です。久々だった前走を使って自然と上積みもあるでしょうから、あとは体調だけしっかりと整えてレースに臨みたいと思います。相手関係を見るためにも特別登録もさせていただいたのですが、想定などを見て、日曜日の牝馬限定戦に減量騎手で向かうことにしました。あとは極端な馬場悪化がなければ力は出せると思います」(大久保師)
7月3日の函館競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)に坂井騎手で出走いたします。


始めから2000か2600と言ってたのになぜか1800の恵山特別に登録、弁明しだいによっては…というところでしたが大久保先生様からは「相手次第で回ることも考えていた」と。いつも言ってるように牝限戦は意外と相手がそろいますからね。
結局予定通りのレースなんですが、ここでもリューセー、乗れてる子なのかと見るとここまで勝率5.8%で8勝、ナナコ姫よりは上ですがあっちはねもっちゃんでこっちはヤ・ハギーですからねえ。ちなみにルーキーのトップはコーヤ君で17勝、久々に(コーセー以来か)関東から新人王が誕生しそうです。

リュラ
NF早来
周回コースで軽めのキャンター調整を中心に、週2回は坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「競馬を考えていくにはもう少しお時間をいただきたいところですが、そうは言っても時間に限りはありますから、少しペースを速めて乗るようにしています。先日来場いただいた調教師とは、札幌開催の前半を目標に進めて行くことで話をしていますので、そこへ向けて少しでも状態を上げていきたいですね」(早来担当者)


この際だからはっきり言いましょうか。あなたがた、なんか隠してますね?
この子前走後放牧に出たのは「優先権外して当分出られないから」だったはず。そのあと「北海道がよろしかろう」と北海道にわたって、今度は函館スルーして札幌とか。それでも「競馬を考えていくにはもう少しお時間をいただきたいところですが」と。
早来さん、なぜお時間をいただきたいと思うのかその理由をちゃんと説明していただけないですかね?
正直、ロードレグナムでさえ勝ち上がった今、この馬が一番やばそうな気がします。

クラシカルチュチュ
函館競馬場
29日は函館Wコースで追い切りました。30日は軽めの調整を行いました。
「昨日、ジョッキーに乗ってもらって追い切りを行っています。馬なりでサッと流しただけですが、楽な感じで全体68秒5、ラスト1ハロンは12秒3をマークしました。『まだ毛ヅヤなどは良化の余地はあるものの、調教の動きはかなり良くなっているし、久々を使って状態は上向いている』と現地スタッフからは報告を受けています。前回は休み明けで牡馬を相手にいい競馬を見せてくれましたし、上積みが見込める今回はさらに上位を期待したいですね」(佐々木師)
7月2日の函館競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走いたします。


だんだんラッパの音が大きくなってきましたねえ(笑)。もともとは吹きの人ですものね。
で、今週出走なんですがこのレースは前走の2-6着馬がそろって出走、勝った馬も日曜のほかのレースに出ますから1-6着馬がすべて中1週ということになりますね。騎手も1頭だけ変わったほかは前走と同じです。上積みとやらでもうコンマ3秒速く走れれば勝ち上がる計算ですが果たして? 
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>