Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今週の結果分析

土日の出走馬の陣営による言い訳敗因コメント集(ウィズダムは先ほどの記事に書きましたので除く)。

クラシカルチュチュ
函館競馬場
18日の函館競馬では五分のスタートから中団を追走。勝負どころから一気にマクッていき、最後の直線を迎えるが3着まで。
「勝負どころからいい形で上がって行けたと思いますが、理想は勝ち馬と同様にもう少し早く仕掛けられればより良かったかもしれません。道中は比較的スムーズだったものの、装鞍所やパドックではだいぶカリカリしていましたし、そのあたりが落ち着いてレースへ挑めればまた結果は違うと思います。今日はせっかくのチャンスを活かし切れず悔しいです。申し訳ありませんでした」(坂井騎手)
いい形で直線へ向かいましたが、残念ながら勝ち切ることはできませんでした。パドックでは終始カリカリした様子を見せていましたし、安定した精神状態でレースへ挑めれば勝機は近いはずです。今後はレース後の状態を見た上で次走を検討していきます。


帰ってビデオを見たのですが、向正面で勝ち馬がまくっていたっときにリューセー君は迷いながらついて行ってるんですね。あそこで迷わずついていってたらもうちょときわどかったと思うのですが、何しろ函館初騎乗の人ですから仕方ありませんね。
確かにパドックでは二人引きでエキサイトしてましたがどうやって落ち着かせるかですね。

ルアンジュ
ルアンジュは、6月19日(日)函館9R・3歳上500万下・混合・芝2000mに池添騎手55kgで出走。14頭立て4番人気で1枠1番からハイペースの道中を7、7、4、3番手と進み、直線では最内を通って0秒4差の4着でした。馬場は良。タイム2分00秒3、上がり35秒7。馬体重は2kg減少の478kgでした。
・笹田調教師 「直線で上手く進路が開いた際には勝ったかも・・・と。ただ、そこから思ったより伸びなくて・・・とジョッキーは述べていました。でも、洋芝は全く大丈夫そう。5着以内に入って優位にレースを選べる立場は得られただけに、大きな問題が無ければ次は中1週で組まれる牝馬限定戦に向かいましょう」
≪2016年6月19日 函館9R 3歳上500万下(混) 芝2000m 良 14頭≫
1着テオドール     54戸 崎 1.59.9    (6・5・6・3)35.2 528kg-2kg
2着ロングスピーク   57藤岡康 1.59.9 首  (3・1・1・1)35.7 572kg-14kg
3着マイネルプレッジ  57丹 内 2.00.2 1.3/4(14・13・14・11)34.8 436kg-12kg
4着ルアンジュ     55池 添 2.00.3 1/2  (7・7・4・3)35.7 478kg-2kg


うん、ゾエだけでなく私もそう思ったしあなたもそう思ったでしょ?
でも気になるのは「なぜ思ったより伸びなかったか」の検証がなされてないこと。
中1で使うのはともかくここを検証しないとまた同じことになると思うのですがね。
私は1ハロン長いように思ったので牡馬混でも1800がいいと思うのだけど。

アプリコットベリー
函館競馬場
18日の函館競馬では五分のスタートから後方でじっくり脚を溜める競馬。勝負どころからジリジリ仕掛けていくが、前を捉えることはできず5着。
「もう少し前々で運べれば良かったのですが、二の脚もそこまで速いタイプではないので後方から進める形になりました。理想の形とはなりませんでしたが、脚は溜めることができたので、これならと思ったのですが…。いい結果とならず申し訳ありませんでした。上位に入ることはできませんでしたが、今日のように内々で脚を溜める競馬をしていきながら力を付けていけばチャンスはあると思います」(丸山騎手)
滞在競馬も合っており、大幅なプラス体重でレースへ挑めました。ベストな結果とはなりませんでしたが、脚を使って追い上げることはできていただけに次走こそはという気持ちです。今後はレース後の状態を見た上で予定を決めていきます。


新馬戦の時は逃げてた馬なんですが、いつの間にか二の足が遅くなってしまったようです。まあそれはお母さんもそうでしたがね(笑)。東サラによるとローカルはスパイラルコーナーで直線ばらけるそうですから「内をついて」が可能かもしれません。辛抱強く同じことやればいつかは実を結ぶかもしれませんね。次はアンジュ様と同じレースかな。

レッドシルヴィ
6月18日レース後コメント(10着)
四位騎手「すいません、読み間違えました。もっと前でやり合って速くなるかと思ったのですが、先頭だけで後は落ち着いてしまいましたね。徐々にに上がっていくイメージだったのですが…ただ、あれで最後全然脚を使えないことを考えると、こういう馬場よりもっと軽い馬場のほうがいいかもしれません。少し噛みそうな感じはありましたが、我慢してくれていたので、もっと脚を使えるはずですからね。とはいえ、うまく力を引き出してやれず、すみません」
鹿戸師「後ろすぎたのはそうですが、あれで最後に脚を使えないあたり洋芝は合わないのかもしれません。血統的にはこなせると思ったのですが、まだ力を付けている途中ですからね。来週放牧に出して、次は新潟あたりを考えたいと思います」


まあ馬も洋芝が合わなかったと思いますがCも意味不明ですね。戦前の予想ではSで単騎逃げのサグレスに展開の利が見込める
とまで書いてた人もいます。騎手のコメント見ても上の元気のように「前につけたかったんだけど…」という人ばかりで、Cのように「速くなる」と思ってた人は皆無です。Cはもっと勉強が必要ですね。
で、洋芝は合わないという結論に達した先生は次は新潟を使うとのこと。まあ普通に考えればそうでしょね。左回りが心配ではありますがしかたありません。
スポンサーサイト

| レース出走 | 21:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>