Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/16) その1

最初は昨日のプリンスオブウェールズSのkとを書こうと思ってたのですがイヤーなニュースが飛び込んできました。

函館で震度6弱

昼ニュースを見た時はわが軍は函館に集結してるだけにどきっとしましたが、1か所だけ震度6弱を観測、函館競馬場のあたりでは震度4くらいだったようです。今のところ被害の報告はないようですが、馬は繊細な生き物だけに影響が気になるところです。

クラシカルチュチュ
函館競馬場
15日は函館Wコースで追い切りました。16日は軽めの調整を行いました。
「函館競馬場に到着後は先週末に軽くウッドコースで時計を出し、今週は水曜日に坂井騎手を乗せて追い切りを行ったのですが、しっかりと追って動きは良かったと現地スタッフから報告を受けています。『毛ヅヤを見てもまだ良化の余地はあると思いますが、今のところは環境にも慣れて落ち着きがあり、状態は悪くない』ということも聞いていますから、何とかいきなりからいい競馬をお見せしたいところです。洋芝も合うのではないかと思っていますし、坂井騎手は減量が利きますからその効果にも期待したいですね」(佐々木師)
18日の函館競馬(3歳未勝利・芝2000m)に坂井騎手で出走いたします。


このコメントがいつごろ出されたかはわかりませんがレース出走に言及してるのですから地震があった以降のことと思われます。当然地震のことは先生のところに報告してるでしょうから言及がないというのは何もなかったと解していいんでしょうね。
まあ関東なら震度4くらいならたまーーーにはありますからね(苦笑)
で、レースの方は北海道ですし厩舎的にコーセーかと思ったのですがリューセーでした。今年デビューのアンちゃんですから当然わが軍初騎乗ですが、お父さんの坂井英光騎手と言えば「赤い祈る人」の主戦だった人です。アンチャンにしては追う姿が様になってるなーという印象があるのですがはたして?

で、問題の遊楽部特別組

アプリコットベリー
函館競馬場
15日は函館Wコースで追い切りました。16日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は函館ウッドコースで併せて追い切っています。相手には少し遅れましたが、これは馬体のことも考慮して目一杯にはやらなかったとのことでしたし、先週までで十分態勢は整っている状況ですから問題ありません。カイバ食いはこの馬なりに安定してきて、先週から馬体が減ることもなく維持できていると現地スタッフから報告を受けています。函館は初めてですが、札幌で滞在の経験があって洋芝にもいいイメージを持っていますから、好結果を期待したいですね」(大久保師)
18日の函館競馬(遊楽部特別・牝馬限定・芝1800m)に丸山騎手で出走いたします。



レッドシルヴィ
(函館競馬場)
昨日、ウッドコースにて追い切り
6/15(水) 函W 四位 54.0-39.5-13.4 馬なり
助手「追い切りに騎乗した四位騎手からは『反応がとても良く、やればやるだけ時計が出そうだったので、気を付けて乗った』とのことでした。入場後もここまで順調に調整することができています。古馬との初対戦になりますが、斤量差もあるのでどれだけやれるか楽しみにしています」


ルアンジュ
ルアンジュは、6月18日(土)函館・遊楽部特別・牝馬限定・芝1800mを除外され出馬再投票で6月19日(日)函館9R・3歳上500万下・混合・芝2000mに池添騎手55kgで出走します。6月15日(水)稍重の函館・ダートコースで5ハロン67.3-52.9-39.0-12.5 8分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒1先行して0秒6先着。短評は「先行先着動き上々」でした。発走は14時15分です。

アンジュ様は結局5/14・15出走組で2/4の抽選になりジョガイ、前人未到の1レース3頭だしの事態は回避されました。日曜日のレースは想定が少なかったのですがしっかりユタカの名前がありこちらへ回るなら騎手探しが必要と思ってたのですが、そこは適性判断と情報収集能力は低くても騎手手配は完ぺきのカズ君…しっかりゾエを押さえてきました。ただしわが軍とゾエの相性は極めて悪くこれまで4戦で、中止、13着、11着、8着と掲示板すら遠い状況…まあ人気馬に乗ってたわけでもないですがね。牡馬混になるのはあまり気にしてませんが1ハロン長くなったのと洋芝がどうか。なんでもマンカフェ産駒は函館の成績が悪いようなんですが。

出られる方の2頭、人気はシルヴィの方でしょうが、何しろ気難しい馬、こういう馬はCはお手の物でしょうが、洋芝がどうかですね。一応わが軍におけるCの2勝は「北海道」「東サラ」という共通項があるのですが果たしてシルヴィはどうか。

ベリ子、鞍上元気でまーーーったく印がありませんが、札幌を得意としてた母に父ステゴ、適性だけで言えばこの馬が一番のはずです。滞在はこの馬にとって悪いわけではなく一発があっても不思議はないと思ってます。ただし馬券は自己責任でお願いいたします。

あと1つの山場ユニコーンS

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はひき運動の調整でした。馬体重は496キロ。
今週19日(日)東京11レース・3歳オープン/ユニコーンS(GⅢ)D1600mに石橋脩騎手で出走します。
助手「追い切り後の状態も変わりありません。右前のソエは毎日水冷とレーザーで治療しており、歩様も正常です。攻め馬はいつも昨日のような感じですし、遅れも気にしないでいいでしょう。あとは抽選で入るかということと初めての長距離輸送を上手くクリアしてほしいというところ。京都までの輸送でも多少テンションが高くなる馬なので心配といえば心配ですね。重賞レースでメンバーは一気に強くなりますが、バテずに長くいい脚を使える馬なので府中の長い直線は合っていると思います。ただ、よーいどんでは厳しいのである程度ペースが流れてくれるといいですね」


こちらは抽選とおりました。H様によれば「出走抽選には実績制が導入されている」らしいですが、角居先生も抽選外しませんねえ。こちらも土曜日に東京へ行く用があったため、早めに遠征プランを組んだだけにムダ二ならずに幸いでした。でもジョシュ氏は泣きの度合いを強めています(苦笑)、まあここは思い切り行って結果玉砕したならそれはそれでよいと思います。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>