Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

愛馬リポート(6/15)

マーリンズのイチローが日米通算という条件付きながらピートローズギャンブル狂の持つ4256本の安打数にあと1本とせまりました。
これに対し当のピートローズは「彼がメジャーで3000本近い安打を打ったことはスゴイが日米通算の記録には意味がない」とバッサリ、そのピートローズ氏に本塁打数世界一と言われたバリーボンズ氏は「日米通算だろうとすごい記録だ」と手放しで称賛しているようです。まあこういうところに人間性がでるんですかね。
日本人とて例外ではなく、バリーボンズ氏=衣笠祥雄氏(金本が連続出場記録を破ろうかという時に「どんどん破ってくれ」と発言した)、ピート・ローズ=某番組の喝のじいさんでしょうね(笑)。

ロードセレリティ
ロードセレリティは、6月15日(水)稍重の栗東・坂路コースで1本目に51.7-37.7-24.5-12.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。6月25日(土)阪神・3歳未勝利・混合・ダート1400mに福永騎手で予定しています。
・橋田調教師 「6月15日(水)は坂路で。ある程度は気合いを付けたものの、まだ十分に余力が残っていました。相変わらず稽古の動きは上々。治療の効果も手伝って、ソエも我慢が利いた状態です。新たに福永騎手を鞍上に迎え、次週のレースへ向かう方針」
≪調教時計≫
16.06.15 助手  栗東坂稍1回     51.7 37.7 24.5 12.0  馬なり余力 坂路コースで入念


岩田神は北海道に行きっぱなしのようで、代わりに福永と発表になりました。さすがにここ使ったら結果がどうあろうと休養でしょう。勝って終わらせたいところですし、福永は重責ですゾ!

ルアンジュ
ルアンジュは、6月18日(土)函館・遊楽部特別・牝馬限定・芝1800mに武豊騎手55kgで予定しています。同レースはフルゲート16頭。現段階では5/1の抽選対象です。6月15日(水)稍重の函館・ダートコースで5ハロン67.3-52.9-39.0-12.5 8分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では一杯の相手の外を1秒1先行して0秒6先着。短評は「先行先着動き上々」でした。
・笹田調教師 「6月15日(水)はラストに気合いを付けています。状態はキープ出来ている感じ。あとはレースへ行って上手く脚を溜められれば・・・でしょう。また、思っていたよりも多くの頭数が特別登録。状況次第ではプランの再考が必要かも知れません」
≪調教時計≫
16.06.15 助手  函館ダ稍       67.3 52.9 39.0 12.5(8)G前仕掛け 先行先着動き上々
         キャノンストーム(古馬500万)一杯の外1秒1先行0秒6先着


遊楽部特別の現段階の想定ですがこの馬より節の空いてる馬が3頭、この馬と同節の馬が1頭減って20頭となりました。これでどうなったかというと5/7・8出走組が出走可能になり、ここまでで15頭確定、残り1つの枠を5/14・15出走組で争うことになりますのでコメントにもある通り1/5になります。日曜の平場戦が想定8頭ですが、ユタカはそのなかで想定されてますので、こちらへ行くのなら騎手を探さないといけません。
ちょっと厳しいことを言わせてもらえば開幕週というのはその舞台を待ってた馬たちが大挙出走してきます。それがわからなかったとしても情報を集めてればここを狙ってる陣営が多いことはわかるはずです。にもかかわらずこのコメントですからねえ、この先生、そういう面のアンテナは低いのかもしれません。

レッドウィズダム
(角居厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 70.8-55.1-40.0-12.0 一杯
中ショパン一杯に5Fで0.4秒先行、2F併せで0.5秒遅れ
内シャドウダンサー一杯に5Fで0.4秒先行、2F併せで0.4秒遅れ
※今週19日(日)東京11レース・3歳オープン/ユニコーンS(GⅢ)D1600mに石橋脩騎手で出走を予定しています。想定から除外の可能性があります。

助手「中間の調整も順調です。今日は先行しましたが、直線で内から来た2頭がスパッという感じで上がって行く時に抵抗できず、あっさり前に出られてしまいました。先週末に坂路で時計を出した時もエンジンの掛かりが遅いと感じていたので、もっと早めに仕掛ければよかったかもしれません。結果的に待ちすぎてしまいましたね。ワンテンポ遅れてスピードに乗ってからは前との差が広がるようなことはありませんでしたが、最後までダラッとしてジリジリとした脚がしか使えませんでした。本数を積んで状態は悪くないので出走できれば楽しみです」


こちらはどうなったかというと出られれば人気になっていたであろうアルーアキャロル他1頭が回避見込となり出走確率は12/19にンってきました。ですが…
ここまで順調に言ってたのに最終追いきりがヒデブ!ですねえ(苦)。助手はあわててフォローしてますが、「じりじりした脚しか使えない」というのは前々走まで見せてた悪い癖、前走が「あれはなんなんだったんだ?」って脚だったわけですが…岩田神だから引き出せた脚だったんですかねえ。青梅特別も2階級落ちのゴールデンバローズとかいるメンバー、ここはダメもとでユニコーンでいいように思います。
スポンサーサイト

| 現役馬近況 | 22:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>