Tomorrow May Be Even Brighter Than Today

タイトルはOnly Yesterdayの一節からとりました。主として、一口馬主を中心とする競馬、トラを中心とする野球、ナイナーズ&スティーラーズを中心とするNFLの3つのテーマを柱とする個人的趣味的ブログであります。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

レントラー12 ~ダンスはうまく踊れない

続いて京都8R、ここも口取り持っての参戦です。

20160530B (1)
ニッカン、私ははっきりいってだいぶ評価を落としてるのですがTMはそうではないようで○評価。

20160530B (2)
一応はガンバレ馬券なぞ。

20160530B (3)
いつもの横断幕です。

20160530B (4)
馬体重454キロ ほぼ変わりなし。

20160530B (5) 20160530B (6)
出てきました。午前中は晴れてたのですがこの時点では曇ってます。10R位からぽつぽつふりだして12R終わったあたりで本降りになりました。

20160530B (7) 20160530B (8)
正直変わり映えしませんね。体が大きくなるとか小さいなりに筋肉がつくとかしてくれればいいのですが、なんかのっぺりとした感じのままです。

20160530B (9)
厩務員ともども内側をやる気なさそうに歩くのもいつもの通り。

20160530B (10)
違うのは馬具、シャドーロールつけたりチークつけたり外したり…結局メンコだけで行くようです。

20160530B (11)
人気は4-5番人気くらい、買う人はわかってますね。

20160530B (12)
とまーれー
3番の馬だったら普通止まるのはこの位置ですよね。

20160530B (13)
松永先生は来ずピンクの帽子の人が登場、ピンクの帽子って臨時雇用員でしたよねえ。

20160530B (14)
コーシロー登場

20160530B (15)
やはり松永先生はいません。この日は京都にしか出走馬がいないはずですがどこ行ったんでしょうか。

20160530B (16) 20160530B (17)
前走に続いて騎乗のコーシロー

20160530B (18) 20160530B (19)
例によってウイナーズサークルから返し馬に行きます。パドックでは大人しいのに芝コース見るとスイッチ入っちゃうんですかねえ。

20160530B (20) 20160530B (21)
そして返し馬。

20160530B (22)
レース、スタートは普通なんですが

20160530B (23)
どうも行く気がないのか後ろに下がってしまいます。返し馬は元気よく出るんですがねえ。ゲート見るとスイッチがオフになっちゃうのかなあ。

20160530B (24)
結局この位置、普通なら激おこなんですが。

20160530B (25)
この日はこんな展開、前が飛ばしてくれて上がりがかかってくれればこの馬にも出番がでてきます。
この時点ではシメシメと思ったのですが。

20160530B (26)
何を思ったかコーシローはこの展開でまくって行きます。
見た目よりペースが遅いのかと思って調べてみましたが、5F目に13秒台にがたんと落ちてますが1000m通過は60.5秒、5F目で落ちてることを考えれば少し速いペースだったかと。どう考えてもまくって行かなければいけないような展開ではないですね。

20160530B (27)
直線向いたところ

20160530B (28)
うーーーーーーん

20160530B (29)
5頭がだだだだっとゴールして。

20160530B (30)
ちょっとはなれてレントラーが入線、悪くても「だだだだっ」の一員でゴールしてないといけませんよねえ。

このあと戻ってくる写真を忘れてるところを見ると前々走ほどではないにせよやはり空白の時間があった模様です。

公式HPより
松永昌厩舎
29日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は中団あたりからレースを進める。早めにポジションを押し上げていくも直線は伸びを欠き6着。
今日は正攻法で勝ちにいくような競馬をしようと考えていたのですが、道中は何の不利もなくスムーズに運ぶことができていたと思います。最後も勝ち馬の後ろにつけていい感じだなと思っていたのですが、直線では伸びるどころか逆に離されてしまいました。乗っていて脚元や馬体がどうこうということはまったくありませんでしたし、結果論ではあるものの、前半をもっと遊ばせてメリハリをつけた競馬をしたほうが良かったのでしょうか。このクラスでここまで負ける馬ではないと思うのですが…。結果を出すことができず申し訳ありませんでした」(武幸騎手)
前回の結果を踏まえてジョッキーは積極的な競馬を試みてくれたのですが、最後の直線は思っていたほどの脚を使うことはできませんでした。調教の動きは特に問題があるようには見えませんでしたし、状態は悪くはないと思ったのですが、もしかすると目に見えない疲れがあるのかもしれません。この後はトレセンに戻って馬体をしっかりと確認してから検討していきます。


馬の力も足りないと思いますが今回は騎手も意味不明、コーシロー君、正攻法ってちょっと速いペースでも向こう正面でまくっていくことなんですかね?
流れてるのであれば後ろに構えていてもよかったと思うのですがねえ。

そして松永先生、もしかして体調悪いんじゃないですかね。この日は京都にしか出走馬がいないのに登場せずコメントもありません。この馬に工夫がないと言うのももしかしてそういうことなのかなあと思います。

で、レン君ですが…
どなたかの言葉を借りればこの数戦は負けるはずのない相手に負けているような状況。おそらくクラス上位の力とは言えない状況になってきてるのだと思います。
正直全く成長がみられませんし、おそらく「休ませれば成長する」という類のものではないと思います。「ハーツ産駒の覚醒」まちですねえ。

ともかくやれることはやらないといけません。この3戦のパフォーマンスが悪いですからオーバーホールのつもりで思い切って休養させるのがいいかと思います。京都はダメな馬ですから暮れの阪神開催くら…そんなつもりでもいいと思います。

次は東京の8Rです。
スポンサーサイト

| レース出走 | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>